« Excelマクロで作る懐かしのゲーム集 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 救助ヘリはわずか三機しか稼働せず 残りはマスコミの取材ヘリ »

2005-05-08

「現・継体天皇陵は真の継体陵に非ず」昭和10-30年代に宮内庁、陵墓見直しを諮る

読売のスクープなのかな。

10天皇陵の指定、昭和10〜30年代に見直しを検討 宮内庁が陵墓見直しを検討していたことを示す1949年の「陵墓参考地一覧」 http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20050508it01-1-Z20050508032149351M-L.htm

 歴代天皇や皇族の陵墓と、その可能性のある陵墓参考地について、宮内庁(旧宮内省)が戦前から戦中、戦後の昭和30年代にかけて、一部指定の見直しを本格的に検討していたことが、同庁の内部資料で明らかになった。
 25代武烈、26代継体、85代仲恭など10か所の天皇陵については、自らの指定が誤っている可能性を認めており注目される。宮内庁は現在、現行の陵墓指定を見直す考えはないとの方針を貫いているが、皇国史観の影響が強かった時代ですら、再検討が行われていた事実が判明したことで、学問的な成果を反映した陵墓の指定見直しを求める声が一段と高まりそうだ。
 問題の資料は、「臨時陵墓調査委員会書類及資料」(1935〜44年)や「陵墓参考地一覧」(1949年10月調と58年3月調の2冊)など。陵墓を研究している田園調布学園大短大部の外池昇助教授(近世史)が情報公開法に基づいて閲覧し、初めて公となった。
 現在、宮内庁は「皇霊の静謐(せいひつ)を守るため」という理由で、研究者ですら原則として陵墓への立ち入りを認めていない。陵墓の指定は大部分が幕末から明治初期にかけて行われ、現在もほとんどが当時のまま踏襲されている。しかし、戦後の学問の進歩によって、指定が間違っていることがはっきりしたケースでも、同庁は指定の変更を一切行っておらず、過去に見直しが検討されたことがある事実も公表してこなかった。
 1935〜44年に活動した宮内大臣(当時)の諮問機関「臨時陵墓調査委員会」の資料で注目されるのは、大阪府高槻市の今城塚(いましろづか)古墳が継体天皇陵である可能性が極めて高く、「陵墓参考地に編入すべし」と答申した点。これは、近くの太田茶臼山古墳を継体天皇の「三島藍野陵(みしまのあいののみささぎ)」としていた自らの指定に事実上、疑義を突き付けるものだった。
 また1949年の「陵墓参考地一覧」には、すでに確定している天皇陵の他の候補として9つの事例が記載されており、その中でも、武烈陵については「現御陵に疑問があり」、仲恭天皇を被葬者として想定した東山本町陵墓参考地については「現陵よりも確かなり」との記述があった。これらは57年までに書き込まれたものとみられる。このほか、「永く保存」、「解除可能」(15件)などの注記もあった。
 宮内庁はこうした考証に基づいて、昭和30年代には現地調査も実施しており、陵墓の再編に向けて踏み込んだ検討が行われた事実がうかがわれる。しかし、いずれも変更の手続きは実行されず、陵墓指定はほぼ当時のままとなっている。
 宮内庁陵墓課の話「戦後しばらくは組織縮小などもあり、陵墓参考地すべてを抱えていられないという事情もあったのだろう。ただ、100パーセント確実な資料が見つからない限り、陵墓や参考地の変更はむずかしい」

 ◆陵墓=天皇、皇后、皇太后などの墓所を「陵」、その他の皇族の墓所を「墓」、皇族の墓である可能性があるものとして、被葬者を特定せず、宮内庁が管理している墓所を「陵墓参考地」と呼ぶ。現在、「陵」が188、「墓」が552、「参考地」が46ある。このほか、天皇の分骨所や火葬塚、灰塚などが110あり、陵墓全体では896か所となる。歴代のすべての天皇陵は確定しているが、古墳時代までの42代の天皇陵に限ると、考古学的には天智陵(京都市)、天武・持統陵(奈良県明日香村)の2基しか確実ではないとされる。


宮内庁は、ずっと陵墓調査を認めていない。それでいて、周濠の修理などは勝手にやっていた。要するに、修理と称して、陵墓に重機を入れて破壊してたわけ。最近は、多少は「見せてやる」という態度があるけれども、基本的に陵墓の調査は出来ない。
上記記事で問題になってる陵墓のうち
 継体天皇陵
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/026/index.html
については、高槻市が発掘調査を続けている
 今城塚古墳が真の継体陵
ということでほぼ結論が出ている。
今城塚古墳
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi/kohun_imashiroduka.html

武烈天皇陵は、そもそも陵墓治定時に揉めていて、主な候補地は次の三つだった。
 現・武烈天皇陵(香芝市今泉 旧字ダイゴ)
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/025/
 磐園陵墓参考地(大和高田市大字築山)
 陵西陵墓参考地二児山(大和高田市大字池田)
http://homepage3.nifty.com/maurer/ryobo-youran/map/naramap2.jpg
現陵に治定されたのは晩く、明治22年6月だった。要するに決め手を欠いたわけだ。

仲恭天皇は、承久3(1221)年に四歳で即位、承久の乱のために、わずか80日で退位した鎌倉時代の天皇である。文暦元(1234)年17歳で崩御した。仲恭天皇という謚号は明治3年に改めて贈られたもので、それまでは「半帝・後廃帝・九条廃帝」などと呼ばれていた。
こうした特殊な事情のある天皇のため、どこに葬られたかまったく記録がない。現在の
 仲恭天皇陵
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/085/index.html
は、明治22年になって、九条殿で崩じた史実をふまえ、九条通に改めて作られた円墳である。伝承では
 廃帝塚
が、伏見街道沿いの塚神社内にあり、現在
 東山本町陵墓参考地(京都市東山区本町十六丁目)
http://www.eonet.ne.jp/~ryobo-youran/kyoto/map_4.JPG
となっている。
承久の乱
http://ja.wikipedia.org/wiki/承久の乱

|

« Excelマクロで作る懐かしのゲーム集 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 救助ヘリはわずか三機しか稼働せず 残りはマスコミの取材ヘリ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4336991

この記事へのトラックバック一覧です: 「現・継体天皇陵は真の継体陵に非ず」昭和10-30年代に宮内庁、陵墓見直しを諮る:

« Excelマクロで作る懐かしのゲーム集 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 救助ヘリはわずか三機しか稼働せず 残りはマスコミの取材ヘリ »