« 愛・地球博でハワイイベント開催@6/4 | トップページ | 旧日本兵問題は仲介者の茶番? (その4) 情報をもたらしたフィリピン人女性が証言「二人にも仲介者にも会ったことはない」 »

2005-05-31

NHKの平成16年度受信料契約初の減少 28万1000件

昨年来、不祥事続きのNHK。視聴者の怒りは
 受信料支払い拒否
という形で現れている。
平成16年度のNHKの決算書を見ると、
 28万1000件の支払い拒否
で、NHK史上初の減収減益となったことがわかる。

日本放送協会平成16年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書並びにこれに関する説明書(PDF 284KB)
http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/kessan/h16/pdf/kessan16.pdf

NHK平成16年度有料受信契約件数の増減(単位 千件)

区分 年度当初 増加 年度末

カラー契約 24582 -602 23980

普通契約 372 -23 349

衛星カラー契約 11908 346 12254

衛星普通契約 28 -2 26

特別契約 9 0 9

契約総数 36899 -281 36618

衛星カラー契約数が増えてるのは
 カラー契約→衛星カラー契約
という流れがあるからだろうけど、それでもカラー契約から減った分が全部衛星カラー契約に移ってはいないので、支払い拒否が増えてることが分かる。
いや〜、噂には聞いてたけど
 普通契約 34万9000件
 衛星普通契約 2万6000件
って実際にあるんだ〜。「カラー契約」に対する「普通契約」即ち
 白黒テレビで見ています契約
ってことなのだ。で、聞きたいんですけど
 衛星放送が受信できる白黒テレビって実在するのか?
ないと思う。つまりは
 どうしても受信契約をして貰うための方便としての契約
ってことですね、これ。なおかつ、普通契約も普通衛星契約もどちらも、契約数が減ってるのが大笑いだ。

昨日下着泥棒で捕まっていたNHKの地域スタッフに毎月払うとすると、カラー契約と普通契約ではこれだけ金額が違う。
 日本放送協会受信規約
http://www3.nhk.or.jp/eigyo/kiyaku/kiyaku_02.html


カラー契約 訪問集金 1,395円
普通契約 訪問集金 905円
衛星カラー契約 訪問集金 2,340円
衛星普通契約 訪問集金 1,850円

一年分払うと、随分違うな。

|

« 愛・地球博でハワイイベント開催@6/4 | トップページ | 旧日本兵問題は仲介者の茶番? (その4) 情報をもたらしたフィリピン人女性が証言「二人にも仲介者にも会ったことはない」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4356245

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの平成16年度受信料契約初の減少 28万1000件:

« 愛・地球博でハワイイベント開催@6/4 | トップページ | 旧日本兵問題は仲介者の茶番? (その4) 情報をもたらしたフィリピン人女性が証言「二人にも仲介者にも会ったことはない」 »