« 介護のヘルパーは簡易デリヘルじゃない (その2) 介助者の人権は無視? ある人の妹が受けたセクハラの実情 | トップページ | NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その8) とうとう各紙が取り上げる »

2005-05-24

NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その7)5/23校長が記者会見

全日本合唱コンクール全国大会常連校を取り上げた5/10のプロXの「捏造」疑惑だが、全日本合唱連盟を東京本社内に置き、全日本合唱コンクールを主催する朝日新聞が、気合いを入れて取材を続けている。てか、やっぱりこれって
 朝日 vs. NHK
じゃんねえ。

プロジェクトX問題、淀川工高校長も「事実と違う」 005年05月24日02時06分

 NHKのテレビ番組「プロジェクトX」で合唱部が取り上げられた大阪府立淀川工業高校(大阪市旭区)が、番組の内容に事実と違う部分があるとNHKに申し入れた問題で、同校の長谷川耕三校長らが23日夜、記者会見した。長谷川校長は番組で「荒れに荒れた」などと表現された昭和50年代の同校について「当時はまったく荒れていなかった」とし、なぜ番組のような表現になったのか、改めてNHKに回答を求める姿勢を示した。
 番組は同校に合唱部ができ、全国コンクールで金賞を取るまでを紹介。「退学者は毎年80人」「合唱コンクールの会場にパトカーが来た」と表現し、暴走族やパトカーの映像を挿入した。
 長谷川校長は退学者数について「一番多かった年で70人程度」と説明。パトカーの件は「取材を受けた教諭の話が誤解され、実際に来たと受け取られたようだ」とした。
 NHK広報局は退学者数は「確認できない数字を扱ってしまった」とし、パトカーについては「主催者などに事実確認したか調査中」と説明。「細部については学校側と話しながら事実がどうだったのか詰めている」としている。

やっぱり、
 工業高校=荒れてる
という思いこみで、担当PDが話を作っちゃったんだろうな、という友人の指摘は正しいと思う。ひょっとしたら担当PDは
 中高一貫校から有名大学へ行った受験エリート
かも知れない。わたしは小中は受験せず、地元の公立に行ったけど、そういう
 幅のあるクラスメートがいる環境
を知らないと、一面的な見方しか出来なくなるだろうなあ。小中の同級生は、官僚や公務員、大学教員を始めとする教職員、NHK職員から地元商店主、医者・歯医者・看護士など医療従事者、さまざまな会社員に主婦、さらにはやくざまで、幅広い職業に就いている。やくざになった同級生が今も健在かどうかは謎だけど。家庭環境もいろいろで、家の事情で給食費が払えない子もいたし、毎日コカコーラを半ダース飲んでいる極端な偏食の医者の息子もいた。シンナーのやりすぎで、昼からラリってる奴もいたし、病的なくらい潔癖な奴もいた。地域の公立とはそういうところだ。
ひょっとしたら、この担当PDは、子どもの頃にまともな喧嘩一つもしたことがないのかも知れない。そんな身体感覚のなさが、透けて見える。要するに「殴られ慣れてない」「殴り慣れてない」ってことだな。負けるにしても、負け方がある。そういうことは中学を卒業するまでには、身に付いているモノなのだが。
あるいは、中高生の頃に、公園で不良にカツアゲされたのが、トラウマになってたのかも知れないけど。うちの高校でも、公園で中学生にカツアゲされた奴がいたとかいないとか、という話があって
 さすが進学校、高校生が中学生にカツアゲされるとは情けない
と笑われていた。近所の中学がこれまた市内で有数の札付きの中学だったせいもあるのだが。その割には、男子トイレで三年生に同じ学年の奴がボコボコにされてたりして、よく分からない高校ではあった。みんな、開け放したトイレの中で、上級生が下級生を殴ってるのを、囲んで見てたんだよな。手は出さないが、助けもしない。先生が覗きに来たら、人垣で見せないようにしていた。殴られた奴は、殴られるだけの理由があったのではあるが、翌日からしばらく、学校を休む程度のけがはした。これが学年450人中、250人が医者か歯医者になった高校での話である。

ともかくも、今回の担当PDが
 人を見ていないPD
であったことは間違いない。工高生が全員不良ではないし、進学校の生徒が品行方正なわけでもない。
 工高生=不良=暴走族
なんて、アホな図式でしか見てないのだとしたら、何のために取材をしたのか。その発想の貧しさには驚くより他はない。ホントに悪い奴は、わかりやすい悪者じゃないんだぜ。ま、プロX自体が
 黒と白をはっきりさせる作り
になってるのは否めないが、制作者がその陳腐を喜んで使うというのは、まったくもって分からない。てか、
 単に枠を埋めるだけの企画
だったんじゃないのか、この淀工グリークラブの話は。
わたしの知ってるあるPDは
 絶対にプロXだけは作りたくない
と言っていた。「放映で傷つく人がいる可能性がある」ことを常に念頭に置いていると、とてもじゃないけど、あんな番組は作れない、というのだった。そうしたテレビの怖さというものを忘れ去ったところに、今回の
 プロジェクトX問題
がある。

|

« 介護のヘルパーは簡易デリヘルじゃない (その2) 介助者の人権は無視? ある人の妹が受けたセクハラの実情 | トップページ | NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その8) とうとう各紙が取り上げる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4257063

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その7)5/23校長が記者会見:

« 介護のヘルパーは簡易デリヘルじゃない (その2) 介助者の人権は無視? ある人の妹が受けたセクハラの実情 | トップページ | NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その8) とうとう各紙が取り上げる »