« NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その9) それでも残る「なぜ」? | トップページ | キトラ古墳壁画、白虎の前脚の剥ぎ取り成功 »

2005-05-24

NHK「プロジェクトX」5/10放映分 「ムーブ!」で検証第二弾

昨日に引き続き、朝日放送「ムーブ!」で追求中。
今日は隠し球登場だ。
 当時の校長先生の娘さんからの手紙

 当時の校長先生の奥さんの緊急インタビュー
の二つ。これはNHKには痛い中身だ。

前提として、昨日の「ムーブ!」の内容。
http://asahi.co.jp/move/calendar/20050523.html

とりあえず、娘さんの手紙。


グリークラブの番組を見たが、あまりにも作られたモノで、疑問を感じた。もう、これからは、絶対にプロXを見ない。母も取材を受けたのに、全く取材内容を無視されて怒っている。
顧問の先生は、父がグリークラブを作りたくて、呼んだ先生だと聞いている。いつも、父はグリークラブのことを家族に自慢していた。
ブラスとグリーの演奏会には必ず行っていた。

奥さんのインタビュー。

1. 顧問の先生を呼んだのは、当時の校長先生で、グリークラブを作りたくて、わざわざ招聘した。「いいのを引っ張ってきた」と喜んでいた。
2. グリークラブができたことを、校長先生は喜んで、誇りにしていた。だから、顧問の先生が孤立無援ということはあり得ない。
3. 淀工のグリーとブラスは、この校長先生が作ったようなモノだ。
4. 暴走族は淀工にはいなかったし、荒れてもいなかった。あまりにもウソが多い。
5. これらの話を、すべてNHKの担当PDに「電話取材」で話した。「わたしが当時のいきさつは一番よく知ってます」と言って、ちゃんと説明した。ところが、この話をまったく番組では取り上げていなかった。
6. 「ムーブ!」放映前夜11時(この時間に普通の家に電話を掛ける時点で、この担当PDはアホですが)頃に、NHKの担当PDから電話が来た。「ご迷惑をおかけします」ということで、かなりあわてている様子だった。何が起きているのかわからなかった。
7. 担当PDには、「エライおかしいんちがうか」と聞いた。あれだけインタビューしたのに、自分が話した「いきさつ」がまったく番組内では話されてない。ウソばっかりでおかしいのとちがうか、といったが、担当PDからは余り返事はなかった。
8. 先生があれだけ一生懸命指導して、金賞を取るまでに成長してるし、生徒だって毎日頑張って練習している。それをゆがめられて報道されたのが腹立たしい。

奥さんは、
 ABCに行って、是非話がしたい
ということで、異例だが、ご自分でやってきてお話しされていた。よほどNHKの扱いが腹に据えかねると見える。話しぶりもはきはきしていて、おいくつかはわからないけれども、いかにも
 校長先生の奥さん
という感じのヒトだった。

驚いたのは、顧問の先生の採用やグリークラブ立ち上げの事情をよく知る校長先生の奥さんに、担当PDは
 「電話取材」しか掛けてない
という点だ。これはドキュメンタリー制作では、はっきり言ってアウトでしょう〜。奥さんがどこか遠くに住んでいるというのでも行かなくてはいけないのだが、「今日これから、そちらへ行きます」といって、ABCに出てきて、インタビューが15:55からの「ムーブ!」放映に間に合う場所に住んでるんですぜ。そりゃ、構成が破綻するって。
確かに、取材不足な作りだったのだが、さすがに呆れるなあ。校長先生の奥さんの発言を活かして作ってたら、今回のトラブルはまず起きるはずがない。てか、デスクやCPはチェックしたのか? チェックしててこれなのなら
 最初にシナリオありき
だ。ヘンだよな〜、NHKプロX班。

で、「ムーブ!」放映前夜の23時に電話してくるPDってどうなってるの? 少なくとも、取材協力者に対する礼儀を欠いているといわざるを得ない。
わたしも、とあるNHK職員が夜中に電話を掛けてきた時は怒り狂ったけど。その後、本人は学習して、自分たちの勤務時間に合わせて、一般人に電話を掛けないようにはなったみたいだ。ロケがなければ、10時半出だからな、NHKの制作職員は。で、夜は2時までは普通の時間だ。世間一般の人には真夜中なんだけどな。(どうも職業柄、昼夜の区別のないヒトというのはいて、あとは某漫画家から、やはり23時過ぎに電話が来たことがある。むっとして答えたら、その後、あまり晩い時間には電話はこなくなった。漫画家と出版関係は、昼夜逆転してるヒトが多いからなあ。でも、普通、自分の親しい友達で、かつ事情がわかっている場合でもない限り、夜21時を過ぎたら電話はしないだろう)

これだけ甘くて緩い取材の元に作られた構成をそのまま通したのか、それとも、さらにプロXらしい「演出」を施したのか知らないけれども、思いこみででっち上げた淀工像と制作者に都合のよいシナリオに乗せて、5/10の放映に至る。「命運は尽きた」とあるヒトが言っていたけど、その通りだろうな。
元々「海老沢」マターだし。

|

« NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その9) それでも残る「なぜ」? | トップページ | キトラ古墳壁画、白虎の前脚の剥ぎ取り成功 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4262483

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「プロジェクトX」5/10放映分 「ムーブ!」で検証第二弾:

« NHK「プロジェクトX」5/10放映分はやらせ? 朝日放送「ムーブ!」で検証 (その9) それでも残る「なぜ」? | トップページ | キトラ古墳壁画、白虎の前脚の剥ぎ取り成功 »