« JR宝塚線脱線事故 今日で一ヶ月 (その2)本日のマスコミ取材陣の行状 | トップページ | 文化庁にはマカーがいなかった? (その2)代理店に搾り取られるデザイン会社 »

2005-05-26

文化庁にはマカーがいなかった? 誰が見てもテキストエディットのアイコンそっくりな著作権契約書作成支援システムのタイトルイラスト

昨日、ITmediaニュースで報道されたとたん、mixiの「Macユーザ」コミュニティにはトピックスが立てられ、みなに異口同音に
 ばっかで〜
と嘲笑され、
 役所にマカーはいないから、わからんのだろう
などと揶揄された。よりによって
 著作権契約書作成支援システム
のページが
 著作権侵害
をするなんて、相当のブラックジョーク。どうした、文化庁。

mixi Macユーザコミュニティ 
「文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?」(ITmedia記事)
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1069025(要mixi ID)

問題のITmediaの記事はこれだ。


速報 2005/05/25 20:51 更新 文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?

文化庁の著作権関連Webサイトに表示されているイラストと、Mac OS X標準搭載ツールのアイコンがそっくり、という指摘がある。

 文化庁の著作権関連Webサイトで使われているイラストについて、「Mac OS Xで表示されるアイコンにそっくり」という指摘があり、ユーザーが注目している。

左がアップルのPanther製品情報ページで紹介されているテキストエディットのアイコン、右が文化庁サイトのイラスト
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/0505/25/sk_bunka.jpg

 そっくりなのは、文化庁「著作権契約書作成支援システム」のトップページ上下に表示されているイラストと、Mac OS Xに標準で付属する「テキストエディット」のアイコン=写真=。それぞれ文書とペンをあしらったもので、そっくりと言うよりは同じに見える。

 文化庁が運営する著作権関連サイトだけに、真相をめぐってユーザー間で議論になっている。


で、その後、文化庁は当該サイトを削除、今日夕方にNHKがニュースで取り上げた。

文化庁HP 著作権侵害の疑い(動画あり)

 削除されたのは文化庁が開発した「著作権契約書作成支援システム」のホームページです。文化庁は著作権侵害のケースを少しでも減らそうと利用目的や使用料金など必要な情報を入力すれば著作権の契約書を簡単に作ることが出来るシステムを開発し、24日から文化庁のホームページで公開していました。ところが、このページで使われていたイラストに大手コンピューターメーカー、アップルコンピュータが開発した文書作成ソフトを起動するマークが使われていたことが25日夜になってわかり、文化庁は「著作権侵害の疑いがある」として26日朝、このホームページを削除しました。このホームページは東京の広告代理店が作成しましたが、デザインのイメージとして仮に載せていたイラストがチェックのミスでそのまま公開されてしまったということです。これについて文化庁は「著作権侵害を減らそうと開発したホームページでこうした事態を招き非常に残念だ。再発防止に努めるとともにホームページはデザインを変更してできるだけ早く公開したい」としています。
05/26 18:18


で、文化庁、言うに事欠いて

このホームページは東京の広告代理店が作成しましたが、デザインのイメージとして仮に載せていたイラストがチェックのミスでそのまま公開されてしまったという

って何よ? てか、誰もマカーがいないのだな。

わたしはマカーだ。ただ今Mac OS X Tigerを使っているが、問題のアイコン「テキストエディット」は、毎日使う。よくできたエディタで、軽いし、中国語・日本語を混ぜてもストレスなく使えるし、ヒラギノが入ってるし、これなしでは文章が書けない。つまりは、マカーな人達には、日々親しんでいるアイコンであり、あのデザインを見たら、誰でも
 これ、ヤバイですよ! Mac OS Xについてるエディタのアイコンですよ!
と指摘できるはずなのだ。ところが、なぜか文化庁はスルーしてしまった。文化庁職員諸賢がお使いのマシンは、ほぼすべてPCですな。奈文研などでは木簡の画像処理などでMacを使ってたりしたんだけどなあ。上級官庁の文化庁は、違うの? 本当にMacを誰も使ってないの? 画像関係の仕事をしてるヒトが、最低一人は使ってるような気がするんだけど。

で、請け負った広告代理店が、なぜそんな明かな「アリモノのアイコン」を流用したのかも謎。仕事なめすぎ。いくら貰ったんだよ? 普通の神経があるならば、国民の税金を使った仕事で、今時小学生がやっても怒られるような、バカなアイコン流用はしないだろうよ。
というわけだから
 一体いくらで発注した仕事
なのか、文化庁はそこも明らかにして欲しい。もちろん
 随意契約ではなく入札
ですよね? 
たぶん、その値段を聞いて
 市中のすべてのwebデザイナーが、自分はその何分の一の値段でできると言い出す
はずだ。なめられ切ってますね、文化庁。しっかりしてよ。

|

« JR宝塚線脱線事故 今日で一ヶ月 (その2)本日のマスコミ取材陣の行状 | トップページ | 文化庁にはマカーがいなかった? (その2)代理店に搾り取られるデザイン会社 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4289504

この記事へのトラックバック一覧です: 文化庁にはマカーがいなかった? 誰が見てもテキストエディットのアイコンそっくりな著作権契約書作成支援システムのタイトルイラスト:

« JR宝塚線脱線事故 今日で一ヶ月 (その2)本日のマスコミ取材陣の行状 | トップページ | 文化庁にはマカーがいなかった? (その2)代理店に搾り取られるデザイン会社 »