« 世界最古の鋼鉄は紀元前20世紀〜18世紀@トルコ出土 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 記者会見場にいる「鉄道記者会」所属の記者と追い込み要員の遊軍記者 (その2) 罵詈雑言記者の所属と名前判明 »

2005-05-11

TBSの部長、公式サイトのコラムに読売・毎日・朝日の記事を盗用発覚

最初は、外部ライターが盗用した、と言い張っていた。

TBSのコラム盗用、執筆は部長…3紙から計17件も

 TBSの公式ホームページ(HP)のコラム「DUGOUT(ダッグアウト)」が読売新聞のコラムを盗用した問題で、TBSは11日、盗用は本紙の記事やコラム計5件のほか、毎日新聞11件、朝日新聞1件の計17件に上っていることを明らかにした。
 さらに、盗用したコラムの執筆者は当初説明していた外部のフリーライターではなく、TBSの編成制作本部スポーツ局企画渉外部の担当部長(47)だったことも公表した。TBSは盗用について改めて謝罪し、担当部長の処分を検討する。
 盗用問題は10日、読売新聞の指摘で発覚。先月27日に更新された「黄金週間」と題するコラムの表現が、同月25日付の読売新聞夕刊1面コラム「よみうり寸評」の内容と同一または酷似していた。
 TBS広報部は当初、「30代前半の男性フリーライターが盗用した」と説明し、同ライターとの契約を打ち切ったことを明らかにしていた。しかし、11日夜になって、問題のコラムの実際の執筆者は「DUGOUT」コーナーの責任者である担当部長で、フリーライターが執筆したことにするよう依頼していたとの社内調査結果を公表した。
 TBSの調査では、これ以外の16件のコラムも、担当部長が読売、毎日、朝日の各新聞の記事やコラムを盗用して執筆していた。
 TBSによると、同コラムは2001年3月、公式HPに「スポーツ」コーナーが開設された際に始まり、これまでに計137本が掲載された。担当部長は同コーナーを1人で管理していた。
 TBS広報部の話「記事の盗用というあるまじきことを繰り返し行い、しかも当初は、自らの責任を転嫁する虚偽の説明を行っていたことは、誠に遺憾なことで、今後、厳正に対処いたします」


さすがテレビ屋。モラルのないのは、当然ですな〜。
パクリの嵐で、
 盗用がイケナイ
という感覚が麻痺してたのだろうね。やっぱりTBSだもん。毎日新聞から一番多くを
 盗用していた
のが、せめても?

|

« 世界最古の鋼鉄は紀元前20世紀〜18世紀@トルコ出土 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 記者会見場にいる「鉄道記者会」所属の記者と追い込み要員の遊軍記者 (その2) 罵詈雑言記者の所属と名前判明 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4296328

この記事へのトラックバック一覧です: TBSの部長、公式サイトのコラムに読売・毎日・朝日の記事を盗用発覚:

« 世界最古の鋼鉄は紀元前20世紀〜18世紀@トルコ出土 | トップページ | JR宝塚線脱線事故 記者会見場にいる「鉄道記者会」所属の記者と追い込み要員の遊軍記者 (その2) 罵詈雑言記者の所属と名前判明 »