« 「厳重注意」でも子会社に天下れるNHK 甲府局長は今 | トップページ | JALの制服をオークションに出して逮捕 そういやANAの制服はどうなった? »

2005-06-29

平成16年度情報通信白書の衝撃 働き盛りは情報遮断?

朝日と読売が
 新聞の危機!
という論調の記事を載せていたのが昨日発表された
 平成16年度情報通信白書
の内容だ。
現物はPDFで落とせる。
http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h17/pdf/index.html

朝日はこんな感じ。


ネット利用時間が新聞を上回る 05年版情報通信白書
2005年06月28日

 総務省は28日、インターネットなどの利用動向をまとめた05年版の「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)を公表した。白書は、04年のインターネットの1日の平均利用時間は37分(前年比5分増)で、新聞の31分(同2分減)を初めて上回ったとの調査結果を紹介。テレビの3時間31分(同13分減)がなお大きいものの、「ネット利用が情報収集に不可欠な手段になってきた」と分析している。
 白書によると、04年末の日本のネット利用人口は約7948万人で、普及率は前年比約2ポイント上昇して62%になった。利用世帯のうちブロードバンド(高速大容量)通信環境があるのは62%で、同14ポイント増えた。
 また、情報別にどのメディアを使っているかを初めて調査した結果(複数回答)によると、「ニュース」ではトップがテレビの84%。次いでネットが67%で、新聞の62%を上回っていた。「趣味や遊びの情報」ではネットが89%で、テレビの36%、新聞の12%を大きく引き離した。


ま、若年層が新聞購読にそっぽを向いてるのは明らかだな〜。そりゃ
 洗剤三ヶ月分
もらってもしょうがないもん。ネットで主要なことはわかるし、それに
 ネットなら各紙を比較して読めるし、それに対する突っ込みはblogやBBSで探せるし
な。
 新聞が神
な時代はとっくに終わっている。

こうなると困るのが朝日を始めとする新聞社各社だろうけど、新聞の衰退は今に始まったことではない。
で、新聞社各社を震撼させたグラフはコレだ。

図表[2] 性別・世代別1日当たり平均メディア利用時間(平成15年、利用者平均)
http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h16/image/G2701302.gif

情報通信白書では、


 各メディアのメディア利用時間(利用者平均(注2))を性別で比較すると、テレビは女性の方が男性よりも平均してより長い時間視聴しており、インターネットと新聞は男性の方が女性よりもより長い時間利用している。また、世代別では、テレビと新聞の利用時間は高齢層の方が長くなる傾向にあるが、インターネットの利用時間は若年層の方が長い。また50歳未満では新聞よりもインターネット利用時間の方が長い(図表[2])。

(注2)利用時間(全体平均)はそのメディアの利用率に左右されるが、利用時間(利用者平均)は、利用率の影響を受けないため、利用時間の全体平均と利用者平均は一致しない


と分析している。
顕著なのは

30-39歳は、20歳以上の成人人口のなかで、たった21.6分しか新聞を読まず、インターネット利用も54分、テレビは169.9分と、メディア利用時間が最も短い

ことだ。これは30-39歳が働き盛りで忙しい、ということだけど、一方で

世論形成に力があるべき世代が、情報遮断されていて、無知なままでいる

ことも示す。つまり、30-39歳の人たちは

税金は払ってくれて、発言はしない、選挙にも多分行かない、日本型「サイレントマジョリティ」を形成している

ということなんじゃないのか?
この30-39歳の人たちというのは、平成12年度の国勢調査時には、
 26-35歳
だった人たちだ。
平成12年度国勢調査 わが国の人口ピラミッド
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kihon1/00/00.htm
昭和46-49年の第二次ベビーブームで、人口ピラミッドがそこだけ出っ張っている世代を含む。この世代は
 平成12年度の国政調査時で1856万7000人
いて、当時の総人口1億2692万6000人の14.6%を占める人たち、有権者数からすると、およそ17%以上が

アクティブな情報から遮断されている

わけで、これはゆゆしき問題だ。てか

選挙に行かない、あるいは判断材料が乏しい30-39歳

が、現在の
 どう考えてもおかしな日本の政策
を実は後押ししている、と思う。

ま、
 国民を愚民化するには情報遮断が一番
なので、30-39歳の人たちは、
 仕事や子育てが忙しい
という目の前の理由から、情報にアクセスせず、自ら主張すべき主張も持たず、政治的には
 意味のない世代
と見なされてるわけだ。そりゃ、情報遮断されていたら
 連帯も団結もしないから、政治的にはゼロの存在
だもん。
 圧力団体になれ!
とはいわないが、言うべき時にきちんとモノを言わないと
 こんなはずじゃなかった
と泣くのは自分だ。確かに35歳くらいのヒトと話してると
 自分の趣味については一家言あるけど、自分の属してる社会については何も考えてない
ってヒト、いるよね。

|

« 「厳重注意」でも子会社に天下れるNHK 甲府局長は今 | トップページ | JALの制服をオークションに出して逮捕 そういやANAの制服はどうなった? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4758370

この記事へのトラックバック一覧です: 平成16年度情報通信白書の衝撃 働き盛りは情報遮断?:

» 活字離れ加速?情報通信白書 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「活字離れ加速?情報通信白書」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし... [続きを読む]

受信: 2005-06-29 17:40

» 活字離れ加速?情報通信白書 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「活字離れ加速?情報通信白書」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし... [続きを読む]

受信: 2005-07-22 10:01

» 活字離れ加速?情報通信白書 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「活字離れ加速?情報通信白書」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみまし... [続きを読む]

受信: 2005-08-05 08:22

« 「厳重注意」でも子会社に天下れるNHK 甲府局長は今 | トップページ | JALの制服をオークションに出して逮捕 そういやANAの制服はどうなった? »