« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その3) 国内の対策はほぼ手つかず 流行時にはパニックに? | トップページ | 中国医学の本を買う »

2005-06-04

アップル、とうとうIBMと縁を切る Intel in ItになるMac

2005年6月現在、わたしがMacを使ってるのは、ほとんど趣味だ。Windowsが嫌いというよりも、
 ビル・ゲイツが嫌い
なのだ。Mac miniが出たところで、Macが大衆化されたマシンか、というと疑問は残る。わたしは新しくマシンを買う人にはPCを薦める。

Macが現在積んでいるプロセッサは、IBMが開発しているPower PCプロセッサだ。世界中で一番多い、IntelもしくはIntelクローンのプロセッサではない。以前から、新しいPower Macがでるたびに、ベンチマークテストの結果が誇らしげに発表され
 新しいPower PCプロセッサはこんなに速い!
と、アップルは喧伝してきた。もっとも、このベンチマークテストには、常に疑問が投げかけられていて、
 本当にそんなに速いのか
という声は常にあった。

とうとう、アップルはIBMに三行半をたたきつけ、Intel搭載マシンに生まれ変わることにしたらしい。


アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ
Stephen Shankland(CNET News.com)
2005/06/04 20:00 Trackback (1)

 CNET News.comが入手した情報によると、Apple Computerは米国時間6日に、IBMとの提携関係を解消し、代わりにIntel製プロセッサを同社のコンピュータに採用することを発表する。
 Appleは1994年以来IBMのPowerPCプロセッサを採用してきたが、今後は徐々にIntelチップへの移行を進めることになると、同社の状況に詳しい複数の情報筋が述べている。これらの情報筋によると、Appleはまず2006年なかばに、Mac MiniなどローエンドのコンピュータでIntelプロセッサへの切り替えを行い、Power Macなどハイエンドのモデルも2007年なかばには移行する予定だという。
 この発表は米国時間6日からサンフランシスコではじまるAppleの「Worldwide Developer Conference(WDC)」で行われるとみられている。WDCでは同社CEOのSteve Jobsが基調講演を行うことになっている。このニュースの発表の場としては、WDCはうってつけの機会といえる。なぜなら、チップが変更になれば、プログラマーは新たなプロセッサの機能を最大限に活用するために、ソフトウェアを書き直さなくてはならないからだ。
 この件に関して、IBM、Intel、Appleの各社はコメントを差し控えた。
 米Wall Street Journal紙は先月、AppleがIntelプロセッサへの切り替えを検討していると報じていたが、しかしチップの変更はAppleとって困難でありリスクを伴うとして、多くのアナリストがこの可能性に懐疑的な考えを示していた。
 こうした懐疑的な見方は依然として消えていない。「Appleがもし本当にCPUを切り替えるとしたら、わたしはびっくりして目を回し、そして心配になるだろう」と、Insight 64のアナリスト、Nathan Brookwoodは述べている。「Macのアーキテクチャが再び変更になった場合、Appleの市場シェアがどうなるのかがわからない。同社はアーキテクチャを変更するたびに、ユーザーとソフトウェア開発者を失っている」(Brookwood)


わたしも心配だ。いままでアップルは
 Power PCに最適化する
というラインで、Power Macのアーキテクチャを作り上げてきたはずだ。その資産をみすみす投げ捨てるのか?
一からコードの書き直しをしなくてはいけない、社内の連中はもちろんのこと、Mac用のアプリを提供してきた各社も、歓迎しないだろう。これまで、Power PCのために書いてきたコードがムダになる。しかも、今度は、PCと同じ規格のプロセッサで、ちがう振る舞いをするOSのためにコードを書き直す? これは悪夢でなくてなんだろう。

何があったか知らないが、Power PCはPower PCで好きにやればいいのに。それともとうとうIBMの開発の遅さに、業を煮やしたか。
第三の道を選ぶのがアップルだと思っていたが、どうも今回は違うようだし、それは最悪の選択に近いようだ。
根っからのMacファンたちも、今度はマシンを乗り換えるかも知れない。

|

« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その3) 国内の対策はほぼ手つかず 流行時にはパニックに? | トップページ | 中国医学の本を買う »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4408669

この記事へのトラックバック一覧です: アップル、とうとうIBMと縁を切る Intel in ItになるMac:

» Apple、IBMを見限る…ってマジ? [kikka's blog : 大人になりきれない人の日記(仮題)]
 Macユーザーにとっては青天の霹靂とも言うべきか。それとも起死回生の出来事と受 [続きを読む]

受信: 2005-06-05 01:59

« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その3) 国内の対策はほぼ手つかず 流行時にはパニックに? | トップページ | 中国医学の本を買う »