« NHK、全職員に電話作戦指示 (その3) 受信料支払い拒否視聴者のみなさま、「もしもし、NHKです」 | トップページ | 平成16年度情報通信白書の衝撃 働き盛りは情報遮断? »

2005-06-29

「厳重注意」でも子会社に天下れるNHK 甲府局長は今

NHK甲府局のPDが
 局の備品等を盗んでヤフオクで売りさばく
という事件が起きたのは2002年のことだった。発覚したのは更に遅く、昨年8月だった。甲府局によるもみ消しがあった、といわれている。


NHKで“盗難”→ネット競売→“出品者”依願退職

 NHK甲府放送局で2002年2月から昨年3月にかけ、備品のパソコンや職員の私物のビデオカメラなどが紛失し、一部がインターネットで競売にかけられていたことが12日、分かった。
 甲府放送局は昨年3月で調査を打ち切っており、NHKは調査、監督が不十分だったとして11日付で当時の甲府放送局長と放送部長を口頭での厳重注意処分とし、甲府署に被害届を出した。
 同局によると、02年2月ごろ放送部職員の私物のビデオカメラ(35万円相当)が紛失。昨年3月までに、記者用パソコンやプリンターなど計4点(23万円相当)と取材謝礼用の図書カード300枚(15万円相当)がなくなった。
 昨年1月、ビデオカメラがネット上で競売に出されていたことが発覚。図書カードを除く、備品と同じ型の製品も競売にかけられていた。
 出品者は同局の放送部ディレクターの実名で、ネットオークションの登録IDがすべて同じだったため、同局がディレクター(27)に事情を聴いたが関与を否定。昨年3月に依願退職したため、調査を打ち切っていた。
 同局の小川幹男副局長は「公金を預かるものとして申し訳ない。再発防止に全力を挙げたい」としている。

ZAKZAK 2004/08/12


昨年8月の段階で、NHKは二年遅れで被害届を出し、甲府局長と放送部長に厳重注意した。二人とも、不祥事もみ消しの責めを受けたのだ。

で、件の甲府局長は、めでたく協会人生を終えて退職、現在は関連会社でも悪名高いNHKアートに天下っている。


NHKアート 役員
取締役 (番組美術センター 美術制作担当)
溝田  謙 平成16年6月24日
昭和47年10月 日本放送協会採用
平成 12年 5月 甲府放送局長

一方、NHKアートの社長は、報番人生を歩んだ人。

代表取締役社長 廣瀬 哲雄
1965年3月 早稲田大学第一商学部卒
1965年4月 日本放送協会入局
1965年4月 釧路放送局 放送部
1970年8月 報道局 (社会番組班)
1981年7月 放送総局 NHKスペシャル番組部 チーフ・ディレクター
1990年6月 報道局 ニュースセンター(特報第2) 部長
1991年5月 報道局 編集主幹
1993年2月 編成局 (スペシャル番組)エグゼクティブ・プロデューサー
1997年6月 編成局 局長
1999年6月 大阪放送局 局長
2002年6月 日本放送協会退職
2002年6月 (株)NHKアート代表取締役就任

で、NHKアートの行く末を心配してる人が。NHK職員不祥事 情報提供スレッド 四より。

626 :名無しさんといっしょ :2005/06/28(火) 23:28:53 ID:ikpPWeSZ
アートも解体させろ

628 :名無しさんといっしょ :2005/06/29(水) 00:14:43 ID:KfT4xDMB
>626
不祥事のもみ消し役が新社長だからな。解体すべし。
しっかし、厳重注意を受けたはずの人間が1年もしないうちに社長さまだもんな。
確か、この親父バリバリのエビ派だったはずだぞ。それが関連会社の社長様に抜擢だからな。
この組織のいい加減さを表しているよな。
ここの反省なんて猿並みのレベルだな。
ソース
http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_08/g2004081208.html
http://www.nhk-art.co.jp/company/officer.html

629 :名無しさんといっしょ :2005/06/29(水) 00:21:22 ID:WmiX/wLV
廣瀬氏は報番でエビ派だっけ?

630 :名無しさんといっしょ :2005/06/29(水) 00:39:32 ID:ZtPbpBze
>628 っーかよ
あんな簡単なモノ頼んで出来上がりが小学生の工作並
で、料金は常識の3倍 外に出したほうが100倍いいと思うよ
アート市ねや

631 :名無しさんといっしょ :2005/06/29(水) 08:15:07 ID:hd3RL2pj
見れば見るほど The END な匂い出まくりだな>NHK


628さんの話が本当なら、NHKアートは社長交代があって
 廣瀬哲雄氏→溝田謙氏
になった、ってことかな。

ま、昨年退職の甲府局長なら、エビ派であってもおかしくない。つまり
 関連会社の役員に天下ってる連中はエビ派が多い
ってことね。さすがに
 上に厚く、下に薄いNHK
だな〜。NHKアート解体はこれで3年は延びてるかも。で、NHKアート役員には考査室に左遷されたこの人の名前も見える。


取締役(非常勤) 中村 季恵 平成15年6月24日
昭和45年 4月 日本放送協会採用
平成17年 4月 考査室長(現職)

エビちゃんにかわいがられた女性幹部なんだけど、前は番制のエライひとだった。でも、中村さんが番制で何をやったか、全然記憶にないんだよな。単に
 女性を登用した
ってだけだったような気がする。

|

« NHK、全職員に電話作戦指示 (その3) 受信料支払い拒否視聴者のみなさま、「もしもし、NHKです」 | トップページ | 平成16年度情報通信白書の衝撃 働き盛りは情報遮断? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4756133

この記事へのトラックバック一覧です: 「厳重注意」でも子会社に天下れるNHK 甲府局長は今:

« NHK、全職員に電話作戦指示 (その3) 受信料支払い拒否視聴者のみなさま、「もしもし、NHKです」 | トップページ | 平成16年度情報通信白書の衝撃 働き盛りは情報遮断? »