« 楽天市場の顧客データ10万件流出 | トップページ | あやちゃんの九九 »

2005-07-28

楽天市場の顧客データ10万件流出 (その2) 閉店した店舗がデータを売る 購入した下着のサイズ・色も流出

楽天の問題は
 店賃が高く、儲かれば儲かるほど、更に店賃が上がる
ことだと聞いたことがある。普通は
 儲かる店舗の店賃を下げる
んだけどね。で、そこそこ儲かるようになると、店賃の高さにめげて撤退する店舗が出てくる。
今回流出したデータには、こうした
 楽天から撤退した店舗が売った情報
があるようだ。
これって、
 楽天側の信用情報管理がとんでもない
ということなのですが。
三木谷社長の弁明を聞きたいところだ。

楽天市場:流出データには下着の色やサイズまで

 「カラー…ブラック&レッド」。インターネット上の仮装商店街「楽天市場」から流出した顧客データには、注文した下着の色やサイズまで記入されていた。クレジットカード番号を含む20項目以上のデータが入った情報を購入した関係者の一人はデータを示しながら「流出データは10万件以上のはずだ」と語った。別の関係者は「詐欺目的で購入した」と証言。クレジットカード番号を含む大量の顧客情報流出は、底知れぬ被害拡大を招きかねない。
 関東地方の振り込め詐欺グループの関係者は今年5月末ごろ、「楽天の関連企業を辞めた」とされる人物から大量の顧客情報の購入を持ちかけられた。同時期、関西の暴力団関係者にも同一人物からの働きかけがあったという。合わせて50万件以上が売却されたという情報もある。
 今回、流出したデータには、クレジットカードの有効期限や購入した商品番号、宅配時刻の指定などをする備考欄なども含んだ詳細なものだ。住所も北海道から東京、大阪など、ほぼ全国に及ぶ。楽天は「カードの不正利用は確認されていない」としているが、関係者の一人は「カードの支払いは約1カ月後だから、被害が発覚するのはこれから」と話している。
 また、別の関係者は「1年半ほど前に、閉店するという楽天市場の店舗から『データを持っていても意味がないから』と持ちかけられ、200件ほど購入した」とも証言した。この関係者はカード番号を悪用して「自分で運営するアダルトサイトに登録させ、毎月5000円程度の会費を徴収できる。本人はパスワードを知らないから、仮に被害に気づいてもなかなか解約できない」と悪用の手口を明かした。
 このほか、不正なネットショッピングなども可能だが、関係者の一人は「今回のデータは、16ケタの番号から暗証番号を含んだ情報を割り出し、完全なカードを作る技術を持った東南アジアのグループに流れたと聞いている」と話してる。
毎日新聞 2005年7月28日 3時00分


上記記事を読む限り、
 楽天の顧客情報管理はダダ漏れ
ということですな。辞めた関連会社社員が情報を売りさばいているのがルートの一つってことだから。

で、
 5月末に振り込め詐欺グループや暴力団に情報の売り込みがあった
ということで、
 被害発覚はこれから
だって。暗澹とするね。
 クレジットカード偽造グループに流れた
ということは、これから限度一杯使われる可能性がある。

慎重を期す人は、まずは、カード会社に電話。
しかる後に、楽天に登録してあるカードの番号変更を頼む、というのがイイだろうな。楽天用カードを限度額の低いカードに変えるというのも、今後のためには一つの手かな。
もっとも、メインカードだとちょっと面倒なので、様子見しつつ、手続きということになるだろうなあ。
ボーナスをつかって楽天で高額商品を買ったヒトもいるだろう。
楽天の信用情報管理が碌でもないことを示した、とんでもない事件だ。

|

« 楽天市場の顧客データ10万件流出 | トップページ | あやちゃんの九九 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5196309

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天市場の顧客データ10万件流出 (その2) 閉店した店舗がデータを売る 購入した下着のサイズ・色も流出:

« 楽天市場の顧客データ10万件流出 | トップページ | あやちゃんの九九 »