« 平山、オランダ・フェイエノールト入り目指す | トップページ | 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 (その4) 在重慶日本領事館も注意を喚起 »

2005-07-29

中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 (その3) 死者数は増加、香港にも拡大

四川省資陽市で発生した、ブタ連鎖球菌が原因と見られる病気は、勢いが止まない。その上、なぜか香港に飛び火した。

【中国】四川奇病:死亡31人、発症152人に拡大、香港でも

 中国衛生部は28日、「四川省衛生庁からの報告にもとづく情報」として、四川(しせん)省・資陽(しよう)市などを中心に発生したブタ連鎖球菌感染症で、同日正午までに152人が発症し、31人が死亡したことを発表した。
 そのうち、実験室検査により感染が確認された人は13人、臨床診断によるものは93人、疑い例は46人。すでに問題がないとして退院した人は7人、危篤状態は27人となっている。
 なお、香港衛生署・衛生防護センターは、香港市内で同様の連鎖球菌に感染した疑いのある患者1人が確認されたことを報告したが、この患者は市内の病院で治療を受け、12日には退院したとされる。(編集担当:田村まどか)

(サーチナ・中国情報局) - 7月29日10時40分更新


ブタ連鎖球菌なんて、ブタに普通にいる菌だろうに、なぜいきなり感染症が流行し始めたのだろう?

この報道が出る前には
 ブタ連鎖球菌による病気は抑制
とか言ってたんだけどなあ。


四川:ブタ連鎖球菌感染は効果的に抑制 =人民網
2005年07月28日 11時59分

四川省委員会宣伝部と四川省畜牧食品局は26日の記者会見で、現在同省の資陽市と内江市で発生しているブタの連鎖球菌感染は、すでに効果的に抑制され、ブタの死亡率が下がりつつあることを明らかにした。

両部門の説明によると、今回の感染例は主に資陽市の雁江区、簡陽市、楽至県と内江市の資中県に集中している。今月25日現在、43郷・鎮の73村で計469頭の感染が確認された。現在、資陽市と内江市を含む四川省の一定規模以上の養豚場では感染が起きておらず、指定を受けた食肉加工企業が処理したブタ肉はすべて厳しいチェックに合格しており、安心して食用できる。

中国工程院院士(工学アカデミー会員)の陳煥春氏(農業部専門家)によると、ブタ連鎖球菌はすでに対策方法が確立されている。

「人民網日本語版」2005年7月27日


省の基準を満たさない
 不衛生な環境下でブタ連鎖球菌感染が広まった
って判断なのか?

怖いのは
 中国の厳しいチェック
というのが、あまりアテにならないことだ。
 袖の下一つ
で、いろんな判断が翻る国なので、
 この養豚場は安全です
と言って貰うためには、設備投資より安く済む袖の下を渡す養豚場があってもおかしくない。

実際に患者数が減少して行かない限り、楽観視は出来ない。

|

« 平山、オランダ・フェイエノールト入り目指す | トップページ | 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 (その4) 在重慶日本領事館も注意を喚起 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5214269

この記事へのトラックバック一覧です: 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 (その3) 死者数は増加、香港にも拡大:

» 四川奇病はブタ連鎖球菌感染症? [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「四川奇病はブタ連鎖球菌感染症?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみ... [続きを読む]

受信: 2005-07-30 15:20

« 平山、オランダ・フェイエノールト入り目指す | トップページ | 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 (その4) 在重慶日本領事館も注意を喚起 »