« 都庁「災害対策住宅」 2005年6月公明党のレポート | トップページ | 売れ残りの中国産鰻蒲焼きは翌日弁当に化ける »

2005-07-31

韓国で中国産鰻からマラカイトグリーン検出@7/26

懸念されていた問題が、予想通り起こった。7/20に厚労省から「マラカイトグリーンの検査強化を検討」と、土用の丑の日を前にした中国産鰻の検査にはまるで間に合わない返事を貰って以来、危惧していたとおり、韓国では中国産鰻からマラカイトグリーンが検出された。
現在までで、日本では抜き打ち検査で
 中国産鰻からマラカイトグリーンは検出されてない
のだが、それはたまたま当たらなかった可能性が高いんじゃないの、厚労省。

2005/07/26 18:47 中国産ウナギから発ガン性物質検出

 夏バテに効く食品として知られる中国産ウナギとウナギの加工食品から発ガン性物質のマラカイド・グリーンが検出された。
 食品医薬品安全庁は26日、海洋水産部・国立水産物品質検査院と合同で、中国産の生きたウナギと冷凍調理品のウナギそれぞれ7品目を検査した結果、生きたウナギ1品目と冷凍調理品のウナギ6品目からマラカイド・グリーンが検出されたと明らかにした。
 マラカイド・グリーンは、細菌や寄生虫の感染防止剤や染料として使われていたが、1990年代初めに発ガン性物質であることが分かり、世界的に使用が禁止されている。
 中国政府も2002年から使用を禁止しているが、一部漁民や魚類養殖業者が安くて効き目のあるマラカイド・グリーンを不法で使用していると新華社通信は最近報じていた。
 食薬庁は、「マラカイド・グリーンが検出された製品を全て廃棄するだけでなく、製造会社と輸入会社が市販するウナギおよび加工製品を全て回収し検査する」と話した。
 これにより、同業者の製品は検査結果が出るまで暫定的に販売禁止となる。

朝鮮日報¥


なんか日本政府は動きが遅いね〜。
それとも厚労省は、鰻を輸入しているところからなにか政治的圧力を受けていて、自由に動けないのか? その手の政治献金で鰻関連があったら、大笑いだな。

|

« 都庁「災害対策住宅」 2005年6月公明党のレポート | トップページ | 売れ残りの中国産鰻蒲焼きは翌日弁当に化ける »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5244043

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国で中国産鰻からマラカイトグリーン検出@7/26:

« 都庁「災害対策住宅」 2005年6月公明党のレポート | トップページ | 売れ残りの中国産鰻蒲焼きは翌日弁当に化ける »