« 大学生、別な男性の携帯を拾い、その男性が交際している女性を呼び出そうとして失敗 男性と友人をはねる | トップページ | そんなにカスリが欲しいのか銀行 »

2005-07-13

血液のお医者さん (その2) 血液内科という診療科

以前にも紹介した、友人のy.kiku.nさんのblog。
きっくん(ぷち)の便所の落書き
http://d.hatena.ne.jp/y-kiku-n/
ご専門は血液内科。「白血病」を診る診療科、というと普通の人にもわかるかな。ある地方で、勤務医として、患者さんを診ている。

血液内科は予後がイイとは限らないので辛い。
病名は、略語で書かれているのでわかりにくいかも知れないが、以下の辞書などを使うと、患者さんの深刻な病状が理解できる。
医学用語 まめ知識
http://resocia.jp/medi/knowledge/
少しでも知識があると、
 これはかなり大変なので、すぐ加療・入院しないと
と思うのだが、どうも血液内科の場合
 まさか病気になるとは思ってないヒトが多い
らしく、受診や治療は医者が願ってるほどスムーズには進まないようだ。確かに、診断が難しい場合があるからなあ。

中にはお亡くなりになる患者さんも出てくる。解剖しても、最後まではっきりした病因がわからない場合もあるのが辛い。

「さぞ儲けてるんだろう」と誤解されやすい、勤務医の日常生活がよくわかる好blogだ。これから医師を目指すヒトに、オススメしたい。

|

« 大学生、別な男性の携帯を拾い、その男性が交際している女性を呼び出そうとして失敗 男性と友人をはねる | トップページ | そんなにカスリが欲しいのか銀行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4953318

この記事へのトラックバック一覧です: 血液のお医者さん (その2) 血液内科という診療科:

« 大学生、別な男性の携帯を拾い、その男性が交際している女性を呼び出そうとして失敗 男性と友人をはねる | トップページ | そんなにカスリが欲しいのか銀行 »