« NHK番組改編問題 当時の番制局長がいつのまにかNHK厚生文化事業団副理事長に かつ興味深い「陳述書」の内容 国会工作はこうする | トップページ | 株主優待で暮らす方法 »

2005-07-22

NHKの"WAVE PROJECT"って何? (その3)なぜか読売が提灯記事を載せる

NHKが
 若手職員に話を聞く
という「提案」の元に始めた"WAVE PROJECT"のヨイショ記事がなぜか読売に出ている。まずは
WAVE PROJECTのおさらい。

NHK職員不祥事 情報提供スレッド 四 より。

524 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/17(金) 01:34:14 ID:i0+a+pLM なんかさあ、T花氏を懲戒処分してるクズ組織がさ、↓こんなことしてもしょうがないな と最近思う訳で。空虚、徒労感。

----------------------------------------

全国の20代30代職員のみなさんへ

改革・新生委員会『WAVE PROJECT』ができました!

NHKを変える提案を募集します!


 4月25日に「改革・新生委員会」が発足し、その中に、全国の20代・30代の職員がメンバーとなる、 『WAVE PROJECT(旧名称2030プロジェクト)』が設けられました。


 プロジェクトでは、全国の20代・30代の職員のみなさんから、改革提案を募集いたします。

今置かれているNHKの状況や将来の公共放送のあるべき姿を視野に入れながら、様々な提案をお寄せください。

 WAVE PROJECTでは、提案を提案に終わらせることなく、実行のWAVEを全国に広げることを目標に、全力で取組んでいきます。


<提案の視点>

1. 受信料の不払いを止めるための施策

  (視聴者の信頼を回復するために今NHKが最優先で取組むこと)

2.放送を変える

  (“今”求められている公共放送としての番組・編成のあり方他)

3. 営業を変える(契約収納の仕方やお客様満足を得るための方法)

※重点的な提案の視点は上記3点としますが、その他「公共放送の意義」 や「組織体制のあり方」「受信料制度」に関する提案やその他のテーマでも結構です。


『夢を抱いて、今、やってみよう!あなたは外野じゃない!』

526 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/17(金) 01:55:48 ID:i0+a+pLM
こういう提案募集って上の人ホント好きだよね
だけど、トライアル21とかメディアファーム21とかって一体どーなったわけ
結局「上にとって都合のいい提案」が半ば出来レース的に採択されたって感じがする

今度もいつのまにか「優秀な一般職代表」が3人選ばれてるし(ま、実際3人は優秀だけどね)
若手による改革とか言っても、既存の化石管理職が最後は仕切る官製プロジェクトなんすよ
その証拠に今部局ごとでこのプロジェクトの担当者がいきなり割り振られてヒアリングされてて、
で、部局毎にひとつづつ提案出すっていういつものNHKスタイルになってるじゃない。
そんなのもううんざりっす

で、こういうこと言ってると批判だけとかいわれそうだがこれまで散々提案出したし言ってきたよ
管理職にも組合にも。それでもなーんも変わらんかった

「経営トップと若手が自由に議論できる風通しの良い組織を目指す」んなら、
とっとと役員のメアドを公開しなよ。庶務担すっとばして局長に物が言えるシステムにしろよ。
民間じゃ普通の、そういうすぐ出来ることもろくにやんないででっかいこと吹くのもいつものことだけどね

Nスペやクロ現でよそさまの企業の前近代性を批判してるけどさ、
いっちゃん前近代的なのはうちらじゃない(w
会議にこんな時間費やしてる前近代的企業っていまどき珍しいよ。
デスククラスでこの滑稽さに気付かなくなって、「NHK脳」になってく現状に徒労感。

ま、自分一人が言っても、無理なんすよ。1万2千分の1に過ぎないし

527 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/17(金) 01:57:42 ID:KWlnbrP+
>524
トチ狂って、間違えてもそんなものに関わるなよ

>『夢を抱いて、今、やってみよう!あなたは外野じゃない!』
そんなもんに関われば、局長室か会議室に呼び出されて、吊るし上げだぞ。

外野どころか場外に飛ばされるよ。

594 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/27(月) 03:52:33 ID:Rncv6y7r
>>524
WAVE PROJECT 

聞いた話だとなんか全然集まってないらしいな。案の定というか。
まあ、最終的には無理矢理頭数揃えて成功モードを工作するんだろうが。

ヒアリングと称して各部局で集めた意見にしても日放労で普段話してる内容と大差ないとか。
しかも今回は、一見若手が自主的に取り組んでいるように見えて
実は上が細田さんらを勝手に指名した官製PJだから
ガチの体制批判は上にあげない方向らしいw 生温い批判程度ならいいらしいが

本当にNHK改革するなら、役員半減、管理職のお飾りポスト「副局長・担当部長」を全廃、
管理職の一般職による評価制度
こんくらいは必須。
これも出来ないで、お詫びシンポジウムとかお詫び番組、お詫び電話なんてやっても
何も変わらない。

だって俺、視聴者に「もう今後NHKでは不正は絶対起きません」なんて
口が裂けても説明できないもん。オフィスクラッセっていう爆弾抱えてるし、もっとやばいのもある。
俺ですら、この組織の人間を信用してないのになんで視聴者が信用できるかね。

今のこの状態でNHK信じられるなんて宗教だよ。


で、526さんも認める
 優秀な一般職代表三人
が、読売のインタビューに答えている。もう、見るからに
 NHKの優秀な若手
って顔をしてるところが、凄いってかアレだ。この違和感は
 にこにこしてられる状態じゃない筈のNHKを語っているのに満面の笑顔の写真
から来ている。読売に悪気がなかったとすると、はっきり言って
 ネガティブキャンペーン
ですがな、この写真一枚で。

NHK 改革に全力
経理システム 不正の芽 プロが摘む
組織風土 若手と会長 直接対話
 NHKの一連の不祥事の端緒となった元チーフ・プロデューサーによる番組制作費着服が発覚してから、20日でちょうど1年。経営の基盤となる受信料の不払いが激増する中、さまざまな改革を進めているNHK。視聴者の信頼を取り戻せるだろうか。(津久井美奈)


「もっと風通しのいい組織にしたい」と語るNHK「ウェーブプロジェクト」の中核メンバー。左から太田、綱島、細田さん
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/photo/ET20050720125520099L0.jpg

 外部ではすでに、受信料体系のあり方や公共放送の役割などについて、各界の有識者に議論してもらう「デジタル時代のNHK懇談会」を設置し、専門家に業務を評価してもらう「NHK“約束”評価委員会」も発足させた。
 その一方、内部でも業務改革を推進している。中でも力を注いでいるのが、制作費詐取事件などで問題になった経理システムの改革。同改革の一環として導入したのが、米国で開発された、企業・組織内部の管理・統制の仕組み「COSOフレームワーク」だ。
 「COSO」は、さまざまな業務で、どんな危険が起こりうるかを専門家に洗い出してもらい、不正の可能性を把握、改善、チェックしていくというもの。担当者からそれぞれの仕事を聞き取り調査し、具体的な作業の流れを図式を使って明文化。ポイントごとに、不正の起こりうる注意点を外部の専門家の目で詳細に列挙してもらう。
 経理審査体制の整備・強化のため、4月に新設された経理局中央審査センターの八幡恒二センター長によると、すでに芸能番組やドラマ、受信料収納、イベント、スポーツなど13分野で実施。各分野で100枚程度のリポートが作成され、約250項目の注意点を指摘された。改善案などを含む運用評価プランも作成され、このうち、約100項目について改善を行った。
 八幡センター長は、「導入分野をどの程度まで広げていくのかが今後の課題。各現場で、自主的にどこに危険が潜んでいるのかを意識して仕事してもらえるようCOSOの考え方を浸透させたい」と話している。

 また、「改革・新生委員会」の目玉として、5月に発足させたのが若手職員による「ウェーブプロジェクト」。この中心になっているのは、番組制作局ディレクターの細田美和子(37)、営業局の綱島浩三(35)、報道技術センターの太田善久(32)さんの3人だ。
 硬直化した組織風土を変え、20〜30代の職員約6500人の意見を集約した改革提案をするため、今月中旬から若手職員と会長ら経営陣との少人数の直接対話「ウェーブカフェ」も全国の職場で行っている。
 こうした取り組みが、本当に改革につながるのか、疑問視する声も強い。綱島さんは、「変わった感じが目に見えないと言われるが、本質が変わらないと変わった感じは見えないだろう。まずは、不祥事を反省し、視聴者に感謝の気持ちを表すことが大切」と強調。細田さんも、「NHKがどう変わるのかを、職員1人ひとりが考える必要がある。その上で、視聴者を巻き込みながら、NHKというブランドを再構築していきたい」と語る。
 太田さんは、「(経営陣に)目算があれば我々のプロジェクトなしにやればいい。目算がないから、どういうことができるかを我々と経営陣が考える。それこそが改革だと思う」。細田さんも、「このプロセスそのものが改革なのかもしれない。公共放送で働く意義を取り戻せる改革案をみんなで考えていきたい」と話している。

(2005年7月20日 読売新聞)


この番制の細田PDはNHKの経営のおじさんたちに評判のいい女性PDだ、というのは、上記594さんが

今回は、一見若手が自主的に取り組んでいるように見えて
実は上が細田さんらを勝手に指名した官製PJだから
ガチの体制批判は上にあげない方向らしい

が指摘している。まあ、いかにも
 NHK上層部が好きそうな女性PD
である。
なぜ、読売がこんな見え見えのプロジェクトを取り上げたか謎だが、総務省からなんか指示でもあった?
なんか
 北朝鮮並みの思想統制
を感じて、気持ち悪いんですが。これって
 ふれあいパーク
とかやってる、「NHKの視聴者対策」と変わらないじゃん。ま、NHKでは次のようなヒトでないと出世できないそうだから。

529 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/17(金) 02:59:25 ID:KWlnbrP+
>524
追加しとくと、今年のパン食人事を見てろ。
真面目に正義感で仕事した香具師は飛ばされるぞ。
いいか、ここで真面目っていうのは
「上司が白と言えば、真っ黒も白。」
「選択肢は2つ。『Yes』か『はい』」
ってことだ。

で、こっちの対策は
「上司が評価している振りをしている限り、こちらも仕事している振りをしよう。」
だよ。わすれるな。

537 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/17(金) 21:55:20 ID:NYpyZBOa
>>524
判る。

期待して失望した奴、いっぱいいるよ。


どうせ変わらない。


539 名前:名無しさんといっしょ メェル:sage 投稿日:2005/06/17(金) 22:13:24 ID:HcB2c31x
>>524
>提案の視点
ワロス 視点ズレまくりじゃんw 
>>525-526同意
そもそも内輪でこういうことやってて意味あるないしは解決できると思ってる
ところがズレてるし、おめでたい

第一視聴者をなめてる!

求められてるのは解散なんだよ!!

541 名前:名無しさんといっしょ 投稿日:2005/06/18(土) 00:28:05 ID:Py2rTR2S
(略)
>>526
いくら提案しても手柄はコアメンバーに行く。
コアメンバーのHやTが出世するための道具にされるだけです。


「上が烏が白と言ったら白」という体質はNHKでも変わらない。柔順かつNHK的基準で優秀な人材だけが出世できるのだ。ま、どこの会社も一緒ではあるけどね。で、今回のコアメンバーの三人もそういう「NHK的優秀な人材」と目されているのは、間違いない。本人達はどう思ってるかは別としてだ。

というわけで、
 いくら提案しても、細田PDや綱島・太田氏の三人の手柄になるだけ
という無力感が漂っていたのが6/18の話。527さんのいう通りなら、6/27には「全然うまくいってない」という話になっている。あれから一ヶ月ほど経ちますが、この三人が
 上から押しつけられたプロジェクトを出世のチャンスとして嬉々としてこなしている
というのは、記事に添えられた写真からもわかりますなあ。ま、頑張ってください。で、三人ともAKの人間だから
 「受信料支払い拒否家庭」へ「ご理解を頂く」三時間の電話作戦には、トップを切って申し込み
したんだろうね?   しかし、こうやって
 優秀な若手をヘンな形で祭り上げる
ことによって、逆に反発を招く可能性がある、ということをNHKの上の人たちは考えないのだろうな。

続き。細田PDは、所謂
 働くおかあさんPD
だ。つまりはNHK改革のアピールに持ってこいの人材、ということになる。NHKの広告塔としては、
 親子・女性・人権(骨髄バンク・阪神大震災後の心のケア等の番組制作あり)
というセットで、一番「嬉しい」人材だ。出産・育児休暇後復帰、仕事をこなしてるわけだから
 政府に対しても、少子化・働く女性の子育てというカードとして出しやすい人材
である。まあ、よく都合のいい人材を見つけてくるよな、NHKの上層部。
細田PDは年齢から行くと、そろそろ管理職に近い年齢だ。出産・育児休暇の間に空白があるが、それを勘案しても、「若手」一般職ではない。今回の"WAVE PROJECT"は
 表向きは絶対に失敗しないことになっているプロジェクト
である。これまで良心的な仕事を続けてきた細田PDが、その仕事のポリシーに悖る行為をすることになるのか、それとも、番組制作とは別だから、と頭を切り換えるのかは知らないが、捏造だけはやめてもらいたい。

|

« NHK番組改編問題 当時の番制局長がいつのまにかNHK厚生文化事業団副理事長に かつ興味深い「陳述書」の内容 国会工作はこうする | トップページ | 株主優待で暮らす方法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5088509

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの"WAVE PROJECT"って何? (その3)なぜか読売が提灯記事を載せる:

« NHK番組改編問題 当時の番制局長がいつのまにかNHK厚生文化事業団副理事長に かつ興味深い「陳述書」の内容 国会工作はこうする | トップページ | 株主優待で暮らす方法 »