« NHKのタクシー券、廃止という話だが、彼女とのデートに使ってる職員も | トップページ | Yahoo! オークションで「なりすまし」被害を無視 (その3) わたしはYahoo!でこんな目に遭いました »

2005-07-12

Yahoo! オークションで「なりすまし」被害を無視 (その2) 被害者に誓約書を書かせるYahoo!

今朝の続報。
Yahoo!はどうやら
 なりすまし被害者に喧嘩を売ることで、「お客様のセキュリティ能力を上げる」作戦
に出たらしい。あきれますな。


ヤフー:ネット競売詐欺出品の被害女性に誓約書要求

 ヤフーオークションで勝手にIDを使われた女性が不正出品を取り消した問題で、運営会社のヤフー(本社・東京都港区)が、女性に手数料などを返金する条件として、「誓約書」への同意を要求していたことが分かった。誓約書は、返金を「特別の措置」とし、他の利用者に「迷惑をかけた」と謝罪したうえで、返金についての秘密保持まで約束させる内容。ネット詐欺の通報を無視されたうえ誓約書まで求められた女性は「どこまで客をバカにする気なのか」と憤慨している。
 この問題は、女性が今年4月下旬、身に覚えのない観劇のチケットなどが自分のIDで出品されているのを発見。同社に出品取り消しを求めたがすぐに応じなかったため、「詐欺に発展する可能性がある」と判断し、自ら出品を取り消した。ヤフーはその手数料として2100円を女性に課金した。
 女性は「詐欺の被害者を出さずに済んで感謝されこそすれ、支払いの義務など考えられない」とメールで抗議した。するとヤフーから「これに同意されない場合、返金措置は行えません」という注意書きとともに誓約書が送られてきた。
 メールで送られてきた誓約書は「心当たりのない出品行為で利用者に迷惑をおかけし、遺憾に存じます」で始まり、「返金措置は特別な措置と理解し、秘密保持義務を負うことを約束します」と結んでいる。内容に驚いた女性は抗議したが、ヤフーは再び同じ「誓約書」を送ってきた。
 毎日新聞の取材にヤフーは「以前は、利用者のパスワード管理の問題が不正出品の原因だったが、最近はそればかりではないことが分かった。6月からは誓約書を『依頼書』に改定した」と説明。しかし、依頼書の文面も「他の利用者に迷惑をかけた」という部分などはほとんど変わっていない。【大平誠】
  ヤフーから女性に送られた誓約書の抜粋は次の通り。
 このたび心当たりのない出品行為などによって、Yahoo!オークション利用者などにご迷惑をおかけしたことは誠に申し訳なく、遺憾に存じます。つきましては発生した該当オークションのシステム利用料についてヤフー株式会社からの返金(もしくは課金停止)に同意のうえ依頼します。
 今後、同様のケースで金銭的負担が生じた場合は、利用規約に従い、自らの責任で解決することとし、ヤフー株式会社へは一切の請求、費用負担の要望を行わないことを約束します。
 また、返金措置についてはヤフー株式会社による特別な措置であることを理解し、秘密保持義務を負うことを約束します。

毎日新聞 2005年7月12日 15時00分


要するに
 パスワードを盗まれるような利用者は迷惑なので、今回は金を返してやるが、謝れ!
ってことですかね、Yahoo!。さすがは孫ちゃんの会社だ。
確かに、パスワードを簡単に盗まれたのは謎なんだけど、それにしてもなあ。

毎日はこの記事を英訳してるので、ついでに貼っておこう。


Yahoo left red-faced over stolen auction ID

Yahoo Japan Corporation refused to withdraw from its site theater tickets that were auctioned under a woman's stolen ID, it has emerged.
The Tokyo woman found out that two tickets to the Takarazuka female troupe's Tokyo performance and travel coupons were being auctioned on Yahoo's Internet auction site when she returned home from a trip in late April.
The tickets were auctioned under her ID, but the e-mail address for the offer was different.
The offered price of the theater tickets, each with a face value of 10,000 yen, had risen to nearly 50,000 yen each after four people made bids. She contacted Yahoo and said that the tickets were fraudulently being auctioned and asked them to be withdrawn.
But Yahoo failed to take action and the woman went through procedures to withdraw the tickets from the auction site.
Two days later, Yahoo sent her an email, saying it would charge her 2,100 yen in cancellation fees for the auctioned tickets. The email said the company was unable to investigate the case.
"Why was I asked to pay cancellation fees after I prevented a crime," she told the Mainichi.
She told Yahoo by email that she was not obliged to pay the cancellation fees.
Yahoo replied that the company would not charge her for the withdrawal of the tickets if she signed an apology note for causing trouble to bidders.
Surprised, the woman lodged a protest with Yahoo, but the company again sent her the same note asking for her to apologize. (Mainichi)

July 12, 2005


いやあ、Yahoo!BBの個人情報漏れのときも勝手に500円の商品券を送ってきたステキな対応でむかついたけど、今回も、
 個人利用者はいくら足蹴にしても大丈夫
という、Yahoo!らしい対処の仕方ですね。

ま、ヤフオクは極力利用しない、ソフトバンクの書籍や雑誌は買わない、パ・リーグで驀進中のソフトバンクを応援しないとか、いろんな抗議の手はあるな。

|

« NHKのタクシー券、廃止という話だが、彼女とのデートに使ってる職員も | トップページ | Yahoo! オークションで「なりすまし」被害を無視 (その3) わたしはYahoo!でこんな目に遭いました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/4942734

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo! オークションで「なりすまし」被害を無視 (その2) 被害者に誓約書を書かせるYahoo!:

» yahoo!相変わらず… [十日市秀悦 de はづのへ放送局@東京版]
Yahoo!オークションで「なりすまし」被害を無視!(その2) 被害者に誓約書を書かせるYahoo [続きを読む]

受信: 2005-07-12 22:27

« NHKのタクシー券、廃止という話だが、彼女とのデートに使ってる職員も | トップページ | Yahoo! オークションで「なりすまし」被害を無視 (その3) わたしはYahoo!でこんな目に遭いました »