« iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その2) Moraが他人の褌で相撲 | トップページ | iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その3) まとめサイトも出来ました »

2005-08-05

中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 原因は不明 (その5) WHOが感染状況をレポート 死者38人感染者数は206人

四川の
 ブタ連鎖球菌感染症
が止まらない。
8/3には
 WHOが感染状況をレポート
している。

2005.8.5 中国で豚連鎖球菌感染症が流行、ヒトの患者は206人、うち38人が死亡、18人が重篤−−WHO発表

 中国衛生部から世界保健機構(WHO)に入った報告によると、中国四川省を中心に豚の間で豚連鎖球菌感染の流行が見られており、ヒトの感染・発症者も206人に達した。このうち38人が死亡し、18人が重篤だという。WHOが8月3日に発表した。
 WHOの発表では、ヒトの感染例のほぼ全例が四川省で発生していた。四川省ではヒトの流行と並行して、豚連鎖球菌の感染が豚で確認されていた。
 中国の専門家による調査の結果、最初のヒトの症例は四川省資陽県で今年6月末に確認された。保健当局は、6月24日から7月21日の間に3病院で原因不明の患者を20人を確認した。WHOは7月22日に、中国当局から正式な報告を受けたが、その時点ですでに20人の患者と9人の死亡が確認されていた。
 その後、四川省の11県から新たな患者が報告された。ほとんどの患者は成人男性で、畜産に従事していた。WHOに報告された情報によれば、発病あるいは死亡した豚との接触がヒトへの主要感染源であることが示唆されたという。
 現地の医師の報告では、患者の症状は、高熱、倦怠感、悪心、嘔吐で、重症例ではこれに髄膜炎、皮下出血、毒素性ショック、昏睡がみられるという。また、潜伏期は短く、疾患の進行は速いことも報告されている。
 現地の専門家はさらなる調査を進めているが、現在までに、中国当局はヒト−ヒト感染の証拠はみつかっていないとしている。
 ヒトでの豚連鎖球菌の流行は通常見られないことから、WHOは経過に注目している。WHOのプレスリリースはこちら(三和護、医療局編集委員)


問題は
 最初の発症から一ヶ月感染が隠されていた
 報告は現地の医師によるもので、WHOの係官が査察した結果ではない
というあたり。
まず、何故、一ヶ月も隠蔽したのか、というのは御家人さんが「日々是チナヲチ」で詳しく分析されている。
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/17ae0541103636df9044daf9618ca36f
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/e2ca65a57cc603e2495467551d51d0c8
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/270793169e92b99fe99122c4b45e4d13
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/ca967b9eb608b4c4b421e24f3b18ab11
御家人さんは
 すでに感染は山を越え、報道されても大丈夫な状態になってから公表された
と見ている。
WHOに査察させてないのは
 見られるとヤバイ
からでしょう、当然。タダのブタ連鎖球菌感染症なのかどうか。

WHOのアナウンスはこちら。(英文)


Outbreak associated with Streptococcus suis in pigs in China

3 August 2005

To date, the Ministry of Health in China has reported 206 cases of human disease associated with an outbreak of Streptococcus suis in pigs. Of these human cases, 38 have been fatal. As reported by China, 18 patients are critically ill.

Virtually all cases have occurred in Sichuan Province, where infections with Streptococcus suis have been detected in pigs in a concurrent outbreak. The province has one of the largest pig populations in China.

Investigation and containment of the outbreak have been given high priority by Chinese authorities. The country’s ministries of health and agriculture are working in close collaboration, and WHO and FAO are being promptly informed of new developments.

Investigations conducted by Chinese epidemiologists indicate that the first human cases occurred at the end of June in Ziyang City, Sichuan Province. From 24 June through 21 July, the authorities reported 20 cases of illness, of unknown cause, admitted to three hospitals in that city. WHO was officially informed of the outbreak on 22 July, at which time 20 cases and 9 deaths had been reported.

Cases have since been reported in 11 prefectures in Sichuan Province. Most cases reported have occurred in adult male farmers. Information reported to WHO suggests that close contact with diseased or dead pigs is the principal source of human infection.

Symptoms reported by local clinicians include high fever, malaise, nausea, and vomiting, followed by meningitis, subcutaneous haemorrhage, toxic shock, and coma in severe cases. The incubation period is short and disease progression is rapid.

Local experts are conducting active searches for further cases. To date, Chinese authorities say they have found no evidence of human-to-human transmission.

The outbreak in humans has some unusual features and is being closely followed by WHO. Diagnostic testing to further characterize the causative agent is recommended as an essential part of ongoing efforts to understand this outbreak, ensure its rapid containment, and prevent further deaths.

|

« iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その2) Moraが他人の褌で相撲 | トップページ | iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その3) まとめサイトも出来ました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5323511

この記事へのトラックバック一覧です: 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 原因は不明 (その5) WHOが感染状況をレポート 死者38人感染者数は206人:

« iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その2) Moraが他人の褌で相撲 | トップページ | iTMSで「松崎しげる 愛のメモリー」祭り (その3) まとめサイトも出来ました »