« 本日の「松崎しげる 愛のメモリー祭り」の神 | トップページ | 明徳義塾が甲子園出場を辞退 (その2) 明徳義塾に寄せられた寄付金はどうなる? »

2005-08-07

中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 原因は不明 (その6) 中国の情報統制を共同も伝える

記事自体はこれまでの概略だが、報道管制を伝えてる点が一歩踏み込んだ形。


国際 : 豚連鎖球菌の感染拡大 中国、情報統制を強化

 【北京5日共同】中国四川省で豚連鎖球菌の感染が拡大し、5日までに病死した豚を解体するなどした農民ら200人以上が感染、38人が死亡した。感染ルートは解明されておらず、北京市が発生地産の豚肉を急きょ回収処分するなど波紋が広がっている。
 世界保健機関(WHO)北京事務所は中国側に「協力の意向」を伝えたが、5日現在、回答はないという。専門家から「有史以来最悪」と指摘する声が上がる中、中国は地元メディアの独自報道を禁止するなど情報統制を強化している。
 2003年に大流行した新型肺炎(SARS)の際は、政府部門の情報隠しが感染拡大を招いた経緯がある。

(共同通信社)('05/08/05


中国政府が思ってるほど、「簡単な事態」ではなさそうなのだが。疫学的チェックが中国側でしか行われてないことが問題だ。

|

« 本日の「松崎しげる 愛のメモリー祭り」の神 | トップページ | 明徳義塾が甲子園出場を辞退 (その2) 明徳義塾に寄せられた寄付金はどうなる? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5343868

この記事へのトラックバック一覧です: 中国四川省で家畜を解体した農民が次々死亡 原因は不明 (その6) 中国の情報統制を共同も伝える:

« 本日の「松崎しげる 愛のメモリー祭り」の神 | トップページ | 明徳義塾が甲子園出場を辞退 (その2) 明徳義塾に寄せられた寄付金はどうなる? »