« 南無〜、日航機123便事故から20年の今日、慰霊碑附近から人骨?見つかる | トップページ | JAL123便墜落事故の救出はなぜ遅れたか 一部にある噂 »

2005-08-12

福岡発ホノルル行きの日航系機火を噴く NHKたまたま取材中で火を噴く瞬間を撮影

う〜ん。JAL123便墜落事故の日に何をやってるんだ。

引き返しの日航系機から部品落下 福岡市内に金属片散乱
2005年08月12日23時30分

 12日午後7時50分ごろ、福岡空港発ホノルル行きのジャルウェイズ58便(DC10型機、乗員乗客計229人)が離陸直後、左翼の第1エンジンから炎を噴き出し、同8時20分ごろ福岡空港に引き返した。乗員乗客にけがはなかったが、航路の下にあたる福岡市東区の住宅地で多数の金属片の落下物が見つかり、福岡県警が同機の部品と断定した。金属片に触れ、1人がやけどを負った。国土交通省は12日夜、航空局に対策本部を設置した。

 ジャルウェイズは日本航空の関連会社。福岡空港事務所によると、同便は午後7時45分に離陸、同48分ごろ、高度約150メートルの上空で第1エンジンに異常が発生。重量を軽くするため海上で燃料を放出して、午後8時20分に福岡空港に着陸した。

 現時点では、第1エンジンのエンジン内部の空気を押し出す羽根(タービンブレード)が破損し、落下した模様だ。

 福岡空港は2度にわたり計10分間、安全確認などのため滑走路を閉鎖した。

 日航によると、離陸した直後、機長から、左主翼下の第1エンジンが故障したと、空港管制官と日航に無線連絡があった。着陸後に、同社が調べたところ、第1エンジンの後部の排気口付近から、金属片がみつかった。飛行中に、エンジンになんらかの異常がおき、内部の回転翼など部品が、壊れて吹き飛んだとみている。

 県警によると、同日午後8時前、東区社領(しゃりょう)の社領スポーツ公園で小学生らがサッカーをしていたところ、金属片が降ってきたとの110番通報があった。金属片は3、4センチ。ほかにも車のフロントガラスが割れたり、屋根に物が落ちてきたりしたという。

 金属片は熱く、触った男性1人がやけどした。

 落下物は東区社領2丁目から3丁目にかけた広い範囲で見つかっている。

 県警は午後8時10分、原山進・警備部長を長とする航空機事故災害連絡室を設置。現場には機動隊も派遣し、情報収集するとともに、被害の状況を調べている。

え〜!火を噴いた上に、金属片が降ってるのか!今のところひどいケガをされた方はいないようなのが、不幸中の幸いだが。

で、たまたま撮影していたNHKの画像。

http://www3.nhk.or.jp/news/2005/08/12/v20050812000173.html(動画)
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/08/12/20050812000173002.jpg(画像)
福岡 旅客機の部品が多数落下

12日夜7時50分ごろ、福岡空港を直前に離陸してハワイのホノルルに向かったDCー10型のJALウェイズ58便がエンジントラブルを起こしたと、機長から空港の管制室に連絡がありました。このため、旅客機は福岡空港に引き返しおよそ30分後に着陸しました。親会社の日本航空によりますと、航空機には乗客216人と乗員13人のあわせて229人が乗っていましたが、けが人はいないということです。このトラブルで、福岡市の東警察署には12日夜8時ごろから「上空から金属片が落ちてきた」という内容の110番通報が多数寄せられているということです。このため、警察官が現場に駆け付けて確認をしたところ、これまでに3センチ四方の金属片など機体の一部と見られるさまざまな大きさの金属片が見つかったということです。警察によりますと、通報が寄せられたり、金属片が見つかったりしたのは、福岡空港の北の福岡市東区の社領2丁目から3丁目の付近だということです。これまでのところけが人が出ているという情報はありませんが、車のフロントガラスにヒビが入ったという情報や、公園でサッカーをしていた子どもが金属片を触ったところ熱を帯びていたという情報が入っているということです。警察は、引き続き金属片が見つかった範囲や詳しい状況を調べています。日本航空によりますと「離陸後まもなく左側の翼のエンジンに異常が起きた」とパイロットが連絡してきているということで、離陸上昇中にエンジンの内部で回転している金属製の羽根の一部が損傷し、散らばったのではないかと見て調査を進めることにしています。
08/12 22:07
なぜNHKがこの飛行機を撮影してたかは、以下に。
NHK、事故機の火吹く瞬間放映 路線運休取材中に撮影
2005年08月12日23時32分

 NHKは、トラブルを起こした旅客機のエンジンから火が噴き出る瞬間の映像を、ニュースで放映した。福岡—ホノルル便は、赤字のため10月から運休する予定で、この話題をたまたま福岡空港で取材していたカメラマンが撮影したという。


ホノルル便運休で、福岡からハワイに行くのはどうするんだ、とハワイ愛好家には頭の痛い話になってたんだけど、まさか、たまたまNHKが取材していて、目の前でエンジンが火を噴いたのではなあ。撮影したカメラマンは褒賞ものだろう。

しかし、JAL、いくらJOの便とはいえ、この整備状況はどうなってるわけ?


福岡空港 08月12日 23:50現在の出発情報です

(略)

JO 058 19:40 19:32 出発済み

FUK(福岡空港) 引き返し 飛行機の整備のため、福岡空港に20:25到着済

JOが主張する「整備」については以下に。

万全の整備が、JALウェイズの安全運行を支えています

http://www.jalways.co.jp/anzen/anzen02.html

今となっては悪い冗談でしかないな。

|

« 南無〜、日航機123便事故から20年の今日、慰霊碑附近から人骨?見つかる | トップページ | JAL123便墜落事故の救出はなぜ遅れたか 一部にある噂 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5442357

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡発ホノルル行きの日航系機火を噴く NHKたまたま取材中で火を噴く瞬間を撮影:

« 南無〜、日航機123便事故から20年の今日、慰霊碑附近から人骨?見つかる | トップページ | JAL123便墜落事故の救出はなぜ遅れたか 一部にある噂 »