« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その9) シベリアでも感染拡大 西ナイル熱も西シベリアで確認済み | トップページ | 「おめでた婚」はイイのだが 出血して式場から病院に救急搬送される新婦達 »

2005-08-03

中国・北京で退役軍人が抗議集会

この手のニュースが外に漏れてくるようになってきた中国。しかも
 人民解放軍建軍78周年を祝った翌日に起きた「不祥事」
である。ショックはでかいな、中国政府。
ちょっと前ならまず
 首都で座り込み
なんてこと自体できなかったはず。観光客が増える夏にこんな
 外国人に見られると激しくマズイ事態
が起きるのは、中央の統制にゆるみが出てるのか、それとも中央に
 軍人の不満を利用して権力を掌握しようとしている勢力がいる
のか。
8月を迎えて、この有様だと、8/15に向けてガス抜きが必要なのだが、「抗日勝利60周年」で人民の目をそらすことが出来るのか?

北京で退役軍人が抗議集会 社会保障への不満訴え

 2日付の香港英字紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国人民解放軍が建軍78周年を迎えた1日、同軍の退役軍人数100人が現在の社会保障への不満を訴え、北京にある同軍総政治部の建物前で抗議集会を開いた。
 集会は1日早朝に始まった直後に警官に解散させられたが、一時はやじ馬を含め数1000人に膨れ上がった。総政治部は閉鎖され、建物周辺は警察車両や武装警官らの警備が強化されたという。
 北京では今年4月にも、再就職難への不満などを訴える退役軍人約1000人が中南海近くで抗議集会を開いた。(共同)

(08/02 21:25)

で中国大使館は「大本営発表」として、次のように前日の
 人民解放軍建軍78周年祝賀行事
をアナウンスしている。


中国国防部、解放軍建軍78周年で祝賀レセプション
2005/08/01

 中国国防部は31日、北京の人民大会堂で人民解放軍建軍78周年を祝う盛大なレセプションを開いた。
 中国共産党中央政治局委員で中央軍事委副主席、国務委員兼国防相の曹剛川大将が乾杯のあいさつを行った。中央軍事委委員で総参謀長の梁光烈大将、同委員で総政治部主任の李継耐大将、同委員で総後勤部部長の廖錫竜大将、同委員で総装備部部長の陳炳徳大将、同委員で海軍司令員の張定発大将がレセプションに出席した。
 曹氏はあいさつで次のように述べた。

▽この1年間、解放軍は党中央委員会、中央軍事委員会の指導の下、トウ(登+おおざと)小平理論と「3つの代表」の重要思想を導きに、江沢民国防・軍隊建設思想を深く貫き、胡錦涛主席の一連の重要な指示を真剣に実行し、中国の特色ある変革の推進を軸に、部隊建設を全面的に強化し、大きな成果をあげた。

▽党の理論革新の成果によって全軍を武装し、共産党員の先進性を保つ教育を引き続き深く進め、軍隊に対する党の絶対的指導という根本的原則と制度を常に変わらず堅持し、すべての行動は党中央、中央軍事委の指揮に従うようにしなければならない。新たな時期の軍事戦略方針で全体を統率し、機械化と情報化の2つの歴史的任務を考え、軍事訓練を深く着実に進め、国防科学技術の研究と兵器装備の整備を強化し、後方勤務の整備と改革を積極的に推進し、高い資質の新しい型の軍事人材を育成しなければならない。法によって軍を治め、軍を厳しく治めるようにし、科学的管理を強め、軍建設の全体的効果をたえず高めなければならない。国防動員と予備力の設備を一層強化し、人民戦争の戦略・戦術を発展させるべきである。政府擁護・人民愛護、軍隊擁護・軍人家族優待の活動に積極的に取り組み、軍隊と政府、軍隊と人民の団結を固めるべきである。

▽今年は中国人民抗日戦争と世界反ファシズム戦争の勝利60周年にあたる。60年前、中国共産党が提唱し、樹立した抗日民族統一戦線の旗印の下、全国各民族人民が心を一つにし、共通の敵がい心を燃やし、日本侵略者このうえなく困難な闘争を繰り広げ、大きな民族的犠牲を払い、日本軍国主義を打ち破り、中国近代史において初めて外敵の侵略に対する完全勝利を収め、民族の独立、人民の解放、新中国の樹立を実現する重要な基礎を固め、世界反ファシズム戦争の勝利のために消すことのできない歴史的貢献をした。

▽中国人民は昔から平和を愛し、融和を大切にし、調和を尊んでいる。中国は確固たる姿勢で、独立自主の平和外交政策と防御的国防政策をとり、永遠に勢力拡張をせず、覇権を求めず、平和の道を歩んでおり、平和共存5原則を基礎に、世界各国の人民、軍隊との友好協力関係を発展させ、世界平和を守り、共同の発展をはかることを願っている。

▽台湾海峡の平和と安定を守り、両岸関係の改善と発展を促し、中華民族の大復興を実現することは国内外の中国人の共通の願いである。このところ、各方面の努力により、両岸関係において、「台独」勢力〈台湾独立をめざす勢力〉の分裂活動を抑える積極的要素がいくらか増大しているが、「台独」分裂勢力の活動に反対し、これを抑える闘争は依然として厳しく複雑なものである。われわれは胡錦涛主席が提起した新たな情勢の下での両岸関係発展に関する主張に断固として従い、最大の誠意、最大の努力によって平和統一をめざしていく。われわれは「台独」分裂勢力がいかなる名目いかなる形で台湾を祖国から切り離すことも決して許さない。

▽全軍の将兵は胡錦涛同志を総書記とする党中央の周りに固く団結し、トウ小平理論と「3つの代表」の重要思想の偉大な旗印を高く掲げ、科学的発展観をしっかり打ち立て、実行に移し、時代と共に進み、団結・奮闘、開拓・進取によって、わが軍の革命化、近代化、正規化の新局面を切り開くため奮闘、努力しよう。

 (北京7月31日発新華社)


突っ込みどころ満載の曹剛川中国共産党中央政治局委員・中央軍事委副主席・国務委員兼国防相の挨拶については、措くとしても、こんな「盛儀」の翌日に、
 社会保障に不満のある老兵たちが座り込み
をしたわけで、党中央は面目丸つぶれだ。

|

« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その9) シベリアでも感染拡大 西ナイル熱も西シベリアで確認済み | トップページ | 「おめでた婚」はイイのだが 出血して式場から病院に救急搬送される新婦達 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5290263

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・北京で退役軍人が抗議集会:

« 忍び寄る鳥インフルエンザ (その9) シベリアでも感染拡大 西ナイル熱も西シベリアで確認済み | トップページ | 「おめでた婚」はイイのだが 出血して式場から病院に救急搬送される新婦達 »