« NHKで初のリストラ (その3) こんな管理職がいるNHK | トップページ | 病む朝日新聞 長野総局西山記者、田中康夫長野県知事と亀井氏の会談を虚偽報告 懲戒免職に (その2) 西山記者を追い込んだのは誰か »

2005-08-30

病む朝日新聞 長野総局西山記者、田中康夫長野県知事と亀井氏の会談を虚偽報告 懲戒免職に

起こるべくして起こった虚偽報道だ。
まずは朝日自身から。


「虚偽のメモ」で記者解雇 誤った記事、本紙が掲載
2005年08月29日22時46分

 朝日新聞記者が総選挙に絡んで取材をせずに虚偽のメモを作成して報告し、その内容を含んだ誤った記事が掲載されていた。朝日新聞社は29日、取材先や読者の信頼を著しく傷つけたとして、この記者を懲戒解雇にするとともに、東京本社編集局長を更迭するなど編集幹部も処分した。
 懲戒解雇処分にしたのは長野総局の西山卓記者(28)。取材報道の責任を問い、東京本社の木村伊量・編集局長と金本裕司・長野総局長を減給、更迭。持田周三・政治部長と脇阪嘉明・地域報道部長をそれぞれ譴責(けんせき)、曽我豪・政治部次長を戒告処分とした。さらに編集全体の責任を問い吉田慎一・常務取締役編集担当を役員報酬減額(10%、3カ月)処分とした。
 社内調査によると、問題の記事は、8月21日付朝刊2面に掲載された「郵政反対派 『第2新党』が浮上」と、22日付朝刊3面に掲載の「追跡 政界流動『郵便局守れだけでは』」。
 一連の記事では亀井静香・元自民党政調会長らによる新党設立の動きに絡み、田中康夫長野県知事が「新党日本」の党首に就任するまでの経緯などを紹介した。西山記者は20日、実際にはこの件について田中知事に直接取材していないにもかかわらず、取材したと総局長に虚偽報告。会談場所については推測で「長野県内」であるとメモを作り、亀井氏との会談での田中知事の発言はこれまでの知事の記者会見での発言などから引用して、勝手に作った発言をメモに記載して政治部の担当記者に渡した。
 田中知事からの指摘を受けて社内調査を進めていた。
 吉田慎一・朝日新聞社常務取締役(編集担当)の話 実際の取材をせずに、あたかも取材をしたかのような報告メモをつくり、それが記事になるという、朝日新聞の信頼を揺るがす極めて深刻な事態が起きてしまいました。記者倫理に反する、決してあってはならないことであり、責任を重く受け止めています。田中康夫・長野県知事や亀井静香・元自民党政調会長ら関係者と読者のみなさんに深くおわび致します。こうしたことを二度と繰り返さないために特別チームを社内に立ち上げ、社を挙げて取材・報道の心構えや記者倫理のあり方を抜本的に再点検し、傷ついた信頼の回復のため具体策を早急にまとめて公表します。

    ◇

〈おわび〉21日付朝刊2面の「郵政反対派 『第2新党』が浮上」と、22日付朝刊3面「追跡 政界流動『郵便局守れだけでは』」の記事の一部が、虚偽情報の報告に基づいて作成されていました。関係者、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびするとともに、一連の記事で計5カ所、22日付朝刊は見出しも削除します。
 削除するのは次の通りです。

 21日付朝刊の記事では、亀井静香・元自民党政調会長と田中康夫長野県知事の会談場所を「長野県内」とした部分。

 22日付朝刊の記事では、(1)亀井元政調会長と田中知事が会った場所を長野県とした部分(2)会談で田中知事が亀井氏に反論したとされた場面「田中氏はうなずかず、こう反論した。『亀井さんも、いろいろ大変かもしれないけど、郵便局を守れっていうだけでは選挙に負けますよ。サラリーマン増税反対とか、もっと言うことがあるでしょう』」(3)2人の会談を長野会談とした部分(4)田中知事が20日に「民主党だけでなくいろいろな政党に友人がいる」と周囲に漏らしていた——との4カ所です。


この不祥事に関しての説明記者会見は開かれず、ファックスが送られてきただけだった。

ファクス4枚、会見せず−「不祥事の前例踏まえた」

「記者会見の予定はありません」。29日夜、虚偽取材メモを作成した記者を懲戒解雇したと発表した東京・築地の朝日新聞東京本社には、報道陣が詰め掛けたが、広報担当者は同じ説明を繰り返した。
一方、懲戒解雇処分になった西山卓記者(28)が所属していた長野総局(長野市)は29日夜、電話での問い合わせに「本社で一括対応している。何も答えられない。申し訳ない」と話した。
朝日新聞広報部は同日午後9時半ごろ、報道各社にA4判の文書4枚をファクスで一斉に送信。これを受けた各社が東京本社に詰め掛け、通用口で警備員に「広報対応を」と要請した。
対応に現れた柘一郎広報宣伝本部長に、報道陣は繰り返し「会見して説明するべきではないか」と尋ねたが、柘本部長は「過去の不祥事の前例を踏まえた」「当事者である田中康夫長野県知事と亀井静香前衆院議員にいつ連絡がつくか前もって読めず、スケジュール的に会見の設定が難しかった」と釈明した。
長野総局が入っている長野駅前のビルは、正面玄関の鍵がかかり、通用口のインターホンを押しても、守衛が「朝日新聞から電話で問い合わせてくださいと言われている。ここでは何も分からない」とだけ応答した。

★仕事熱心、勇み足か

■田中康夫長野県知事の話
「真実に迫ろうとする若い表現者の情熱が、取材メモ作成の過程で勇み足となってしまったのだろうか。か弱き人々に対する優しい目線を常に抱く、仕事熱心だった彼とは、日ごろの取材を通じて信頼関係を築けていただけに、複雑な想いだ」


NHKの不祥事では
 会見を開け!
と散々言ってたクセに、自分が取材される側になるとこれですか、朝日新聞。

で、上記記事の田中康夫知事の言葉がなんとなく妙なのだけど、実は
 虚偽メモが明らかになる知事会見の場に当の西山卓記者が出席して、発言している
のである。
長野県の公式サイトから。


知事会見
(衆院選について)

平成17年(2005年)8月23日(火)
9:00〜10:20
県庁:表現センター
(略)
朝日新聞 西山卓 氏

 重ならない点で関連で教えてください。今回の選挙は郵政が一番になっていますので、郵政民営化に対するお考え、党首のお考えですね、それと比例ブロックに候補者をたてるのか、先日綿貫さんは新党日本は都市部のブロックに比例候補をたててある意味すみ分けするんじゃないかというお考えを示していたそうですが、比例区、どこに候補をたてるのか、あとは国民新党と重ならないようにするのかどうかというのを教えてください。

(略)

信州・長野県知事 田中康夫
(略)
なお、1点だけ朝日新聞の方にご校正をお願い申し上げたいというか不快感を表明させていただきたいと思います。21日、日曜日の朝日新聞の2面には亀井静香さんのことですね「亀井氏は今月中旬長野県内で田中知事と会談し、国民新党など反対派への協力を要請したと見られている」とお書きです。そして昨日の新聞では同じく朝日新聞は3面で郵便局守るだけではとまさに郵政民営化を今の法律でしようと大変な決意を示される題字がついておりますがこの中で今月13日、亀井静香元自民党政調会長は長野県で田中氏にあったとございますがこのような事実は一切ございません。私は亀井氏と東京ではお目にかかっております。しかし、長野県内ではお目にかかったことはございません。私にはこの件に関して朝日新聞の方は、ぶら下がりも直撃の取材も含めてそうした機会は日曜日の5時の会見時にもですね、少なくともですね私がバスに乗り込む前にでもですねお聞きになることは十分に可能であったと思います。しかしながらこうしたご質問は私には一切ございませんでした。私はこのようにしてですね、事実が作られていくということには大変な戸惑いを覚えております。私は亀井氏とはもちろんお目にかかっております。そして私は小沢氏らにですね政党に関してですね相談をしたことはありません。あるいは私たちがお目にかかってお話はしてますが、このような政党を立ち上げるということに関してですね、小沢氏らに相談したことはありません。是非ともですね朝日新聞の長野総局長の金本 裕司さんは、名古屋時代や東京時代にはお目にかかったことがある優秀な政治記者でらっしゃいますから、是非とも私のことに関してお書きになるときはですね、無論電話がつながらないときもあるかもしれませんが、やはりこのような客観的な事実関係に関してはですね、是非ともこれはあの私も表現に携わってきた者としてですね、長野県内では亀井静香氏とは断じてお目にかかってない、そのことが2日間にわたって、1日目は伝聞推定で、2日目は断定の形でお書きいただいたということは、これは少し亀井氏に対しても失礼かと思います。

朝日新聞 鈴木逸弘 氏
 そこの部分は朝日新聞としてきちんと取材してますが・・・

信州・長野県知事 田中康夫
 ですから長野県内でお目にかかったことは一切ございません。(以下略)


この会見があったのが8/23。このあと社内調査をして、朝日は西山卓記者を懲戒解雇、編集局長・長野総局長更迭等の厳しい処分を行った、というのが昨日の話だったわけだ。
朝日を指弾した会見については、8/23の会見直後に2ちゃんねるで指摘している人がいる。長野県の田中知事に辞職をアドバイスしよう(152)スレッドより。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 15:35:49 ID:???
**新聞は 知事が亀井と長野県で会ったと 嘘の 記事を書いた

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 15:47:25 ID:???
   http://www.pref.nagano.jp/hisyo/press/press_h.htm

   **新聞のでたらめ記事を 確認してください

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 15:54:03 ID:???
  **新聞の記者の教育をお願いします

しかし、この問題は、一人西山記者の問題ではなく、
 朝日新聞の構造的な問題
だろう。それについては、稿を改める。

|

« NHKで初のリストラ (その3) こんな管理職がいるNHK | トップページ | 病む朝日新聞 長野総局西山記者、田中康夫長野県知事と亀井氏の会談を虚偽報告 懲戒免職に (その2) 西山記者を追い込んだのは誰か »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5704271

この記事へのトラックバック一覧です: 病む朝日新聞 長野総局西山記者、田中康夫長野県知事と亀井氏の会談を虚偽報告 懲戒免職に:

» ”反・百条委員会集会” ポピュリズムのポンチ絵 [田中県政追撃コラム&取材メモ]
百条委員会では田中知事後援会幹部の下水道業者が県行政に関与していたーという県職員のいくつもの証言が出てきている。この集会はこれを認めないどころか、否定しようというようだ。行き過ぎたポピュリズムのポンチ絵を見る思いだ。本当の改革を望むなら田中知事に諌言すべ... [続きを読む]

受信: 2005-08-30 11:54

« NHKで初のリストラ (その3) こんな管理職がいるNHK | トップページ | 病む朝日新聞 長野総局西山記者、田中康夫長野県知事と亀井氏の会談を虚偽報告 懲戒免職に (その2) 西山記者を追い込んだのは誰か »