« 時代はまわる 明治開拓当時の官営工場とエゾシカ肉 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その51)もしavexが「のまネコ」をパチンコ台のキャラクターとしてすでに売っていたら? 業者の推測 »

2005-09-24

気象衛星ひまわり6号 画像送信回線が故障中 →六時間後に復旧

台風17号が接近中だというのに
 気象衛星ひまわり6号が衛星からの画像を送信できない状態
だ。

ひまわり6号:観測画像、送信不能に カメラ止まる

 気象庁は24日、運輸多目的衛星「ひまわり6号」からの画像が止まったと発表した。代替措置として、米国の気象衛星「ゴーズ9号」の観測画像を利用しており、気象庁は「台風17号の観測は、ゴーズ9号と地上の気象レーダーで継続されているため支障はない」と説明している。衛星の電子装置にトラブルがあったとみて、原因の特定を急いでいる。
 気象庁によると、24日午前6時半ごろ、ひまわり6号の観測画像が送信されなくなった。衛星の電子装置からカメラに電源が送れなくなり、カメラが止まったという。カメラを作動させる回路を、主系統から予備系統に切り替える作業を急いでいるが、同日午前10時半現在、復旧のめどは立っていない。
 ひまわり6号は6月28日から運用開始され、アジア周辺の26の国と地域にも気象画像を配信している。【川辺康広】
毎日新聞 2005年9月24日 11時38分

どこが壊れたんだ、ひまわり6号。

続き。
ようやく復旧。

「ひまわり」に不具合、6時間ほど観測休止し復旧 2005年09月24日12時39分

 気象衛星「ひまわり6号」で画像を撮影できなくなるトラブルがあり、気象庁は24日午前6時半から約6時間にわたって観測を休止した。同日正午すぎに観測を再開した。

 気象庁によると、午前6時に衛星のカメラの電源が切れた。予備のシステムに切り替えたところ、カメラは動くようになった。復旧までの間は、6月に運用を終えた米衛星「GOES(ゴーズ)9号」による観測に切り替え、伊豆諸島に接近している台風17号などの観測に影響はなかったとしている。

 ひまわり6号は2月にH2Aロケットで打ち上げられ、6月に運用を開始した。

|

« 時代はまわる 明治開拓当時の官営工場とエゾシカ肉 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その51)もしavexが「のまネコ」をパチンコ台のキャラクターとしてすでに売っていたら? 業者の推測 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/6092857

この記事へのトラックバック一覧です: 気象衛星ひまわり6号 画像送信回線が故障中 →六時間後に復旧:

« 時代はまわる 明治開拓当時の官営工場とエゾシカ肉 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その51)もしavexが「のまネコ」をパチンコ台のキャラクターとしてすでに売っていたら? 業者の推測 »