« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その21)『週刊アスキー』が取り上げる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その23)HMVのサイトから「おにぎり」画像消える »

2005-09-13

きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その22) 空耳の元となったのは昨年5月に公開された「不可思議音楽」の「日本語」歌詞ではないのか?

マイヤヒが流行してると聞いて、
 何を今更
と思った理由は
 不可思議音楽で紹介
されていたからだ。「電車男」騒動第一期とそれほと隔たっていない
 2004年6月
と記憶している。
 不可思議音楽 http://fukashigimusic.web.infoseek.co.jp/
その記憶を裏書きするのが、「不可思議音楽」の管理人「かぐら」さんの「不可思議音楽 駄記5」の記述だ。

不可思議音楽 駄記5

5/27
(略)
という事で音楽ネタ。(何度も自分に言い聞かせ言いますがウチは音楽サイトです)

今、ウチの掲示板で話題の"O-Zone"さんの"Dragostea Din Tei"という曲。
現在ヨーロッパ中で大ヒットを記録しています。
"O-Zone"は「オゾン」と読むそうで、旧ソ連領モルドバの兄ちゃん3人のグループ。

この曲のリリースは2003年で去年なのですが、ちょっと前にルーマニアの"Haiducii"というグループによるカバーがイタリアで大人気となり、その人気がドイツ・オーストリアと飛び火し、元ネタの"O-Zone"さんもにわかに脚光を浴びることになったのであります。

ということで"O-Zone"さんのちょっとした紹介をば。
(略)

格好いいでしょ♪曲もプロモも。
言葉はわからないけど覚えやすいノリとリズムでついはまってしまいます。
という事で、覚えて歌えるようにこんなページも作ってしまいました。

アマゾン・ジャパンでも6月から輸入盤シングルを販売するみたいで、洋楽(特に非英語)には門戸の狭い日本ですが、是非一般にも流行って欲しいものです。

ちなみに"O-Zone"さんのアルバムは2枚出ており、もうすぐ3枚目をリリースするそうです。

さらには、モルドバでしか買えないCDもあるとの事。(情報:Jessさん♪)

是非とも全て揃えてみたいものです。

で、「かぐら」さんが耳コピーした
覚えて歌えるように
の「日本語」歌詞がこれだ。
場所はここ。
http://fukashigimusic.web.infoseek.co.jp/Dragostea_Din_Tei-Lyric.html

一番の歌詞では、で、「わた」さんが自分でつくったと主張する空耳似通った部分を示した。

Dragostea Din Tei - Lyric & Listen

(略)

ここは、現在ヨーロッパ中で大ヒット、モルドバの"O-Zone"さんの"Dragostea Din Tei"という曲の歌詞を怪しげな日本語読みと、素晴らしい日本語訳で紹介する不可思議音楽の1コーナーです。
日本語訳は"Mlle.Amie"さんに頂きました!ありがとうございます!
各国語訳はテキトーに集めてきたものなので、訳が正しいものかはわかりません。あと文字化けも;
さあみんなで覚えてみんなで歌おう♪

どらごすてあ でぃん ていっ

x4
まいあ ひー まいあ ふー
まいあ ほー まいあ はっはっー
あろー、さるー
とう
すんてぃぇう、うん、はいどぅーく
してろーぐ、いゆびーら まぁ
ぷりめーして ふぇりちぃーら
あろー、ああろー

すんてぃぇぇう ぴかそぉ
つぁんむぁだっとびーぷ
しすんう゛ぉにっく 
だつぇすてぃーの
 つぇーるにみっく

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

てすん、せつぶん
ちぇしーとぅ あくーむ

あろー、いゆびーら まぁ
すんてぃぇう、ふぇりちぃーら

あろー、ああろー
すんてぃあらしえぅ、ぴかそぉ

つぁんむぁだっとびーぷ
しすんう゛ぉにっく 
だつぇすてぃーのつぇーるにみっく

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

x4
まいあ ひー まいあ ふー
まいあ ほー まいあ はっはっー

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

ぶれいさぷれーしだー
ぬまぬま いぇい
ぬまぬま いぇい
ぬまぬまぬま いぇい

きーぷたぅしー どらごすてあでぃんてぃ 
みぁーむてーすく でおーきたいぇい

ネットで「マイヤヒ」が流行っていた第一次流行期は、昨年「不可思議音楽」で紹介された直後の1-2ヶ月間で、その後散発的に流行が繰り返されていた。
「わた」さんがこの
 不可思議音楽の「日本語」歌詞
を知らなかったとは思えない。
 自分で全部考えた
というのが、絶対におかしい、とわたしが思ってる理由はこれだ。

「不可思議音楽」で紹介された後、マイヤヒCDは日本でも買えるようになったのは上記にもある通りだ。

|

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その21)『週刊アスキー』が取り上げる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その23)HMVのサイトから「おにぎり」画像消える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5923264

この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その22) 空耳の元となったのは昨年5月に公開された「不可思議音楽」の「日本語」歌詞ではないのか?:

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その21)『週刊アスキー』が取り上げる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その23)HMVのサイトから「おにぎり」画像消える »