« スクエア・エニックス社員のみなさま、社内からおいでいただきありがとうございます | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その26)「のまネコ」はアルコールハラスメントを助長 ネットの証言 »

2005-09-13

きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その25)「のまネコ」はアルコールハラスメントを助長 NPOが緊急の要望書をavexへ送付

「のまネコ」が一升瓶を空けるマイヤヒFLASH。
これを
NPOアルコール薬物問題全国市民協会(ASK)
http://www.ask.or.jp/

 アルコールハラスメントを助長するものだ
として、
 avex本社社長宛に緊急の要望書を9/13付けで送付
した。
「のまネコ」のターゲットは
 10〜20代の若者
だそうだから、
 一升瓶一気のみ
 倒れている「のまネコ」に無理矢理一升瓶の中身を流し込む
のは、アウトだろうね。
しかも
 薬物問題に厳しいNPOからの要望書
だ。そうでなくても
 お薬関係には緩い音楽業界なおかつダンス系中心のavex
だもの。
 アルハラ助長
なんてことになれば、
 薬物使用を助長してるのと同じ
 そんな会社が青少年に人気の音楽を提供して、青少年の健全な育成を阻害してる
ということになるね。
確かに
 「のまネコ」FLASHは明かなアルハラシーンを後半に含んでいる
のである。
 ASKにとっては不倶戴天の敵
になりかねないぞ、avex。
それとも
 avex社内では、アルコールもお薬もみんなやってるから、問題ない
んですか? そういう風に取られてもしょうがないぞ、avex。
少子高齢化で、
 子どもは大事に育てましょう
の時代に
 未成年の飲酒を煽り、アルコール・薬物依存に走らせるような内容のFLASHをばらまき、かつその「アルハラ」キャラクターを子ども達に売りつけよう
としてるわけだからな。

ASKの
 イッキ飲み・アルハラ防止のページ
http://www.ask.or.jp/ikkialhara.html
より。

「のまネコ」はイッキ飲み・アルハラを助長しています!  モルドバ共和国出身のグループ「O-ZONE」の"Dragostea Din Tei"という歌がヨーロッパを中心に大ヒット。日本ではこれを替え歌にし、それに合わせた手作りアニメがネットで広まっていました。  サビの歌詞を「飲ま飲まイェイ」と漢字表記したために、アニメの中では一升瓶を持ったかわいいネコのキャラクターが、イッキ飲みやイッキ飲ませをするシーンが繰返し出てきます。

【ミュージッククリップ】
http://pya.cc/pyaimg/pimgstop.php?imgid=7653

 このアニメが月刊誌「ネットランナー」などで紹介され、レコード会社のエイベックスの眼に留まりました。エイベックスは、この曲のCD販売権利を買い取り、CDのジャケットにネコの絵を載せて販売。宣伝のためのプロモーションビデオとして、例のアニメをそのまま使用しました。このアニメを収録したDVD付きのCDも売っているそうです。
 これをSMAPなどがテレビで取り上げたことで、さらに人気に火が付き、8月16日付けのCD売り上げのトップを記録するなど、大ブームに発展しました。
 この人気を受けて、エイベックスでは、このネコに「のまネコ」という名前を付け、ヌイグルミやTシャツなどの販売を開始。

【のまネコグッズ】
http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/wMENU.asp?menu=artist&ACode=NN050901&sel=artists
 9月に入り、この件についてASKに電話やメールで多くの問い合わせが寄せられました。ASKでは9月13日付けで、エイベックス本社社長宛に緊急の要望書を発送しました。

 寄せられた電話やメールの内容はこちらをごらんください。


というわけで、ASKに寄せられた電話やメールの内容。

〜寄せられた電話から〜

□30代男性(父親)…かわいいと、4歳と5歳の子どもが見ていて、真似してジュースでイッキ飲みをはじめた。自分はトンネルズのイッキがはやった時代にイッキ飲みの強要をされ被害を被った。またあのようなブームが起きるとまずいので、早急に抗議してほしい。

□20代女性…友だちの姉の子ども(小学校に行っていないくらいの子)がマネをしてジュースをイッキ飲みしている。小・中・高では、もっと影響があるのではないか心配。

□19歳女性(大学生)…最近飲み会で、「のまネコ」の歌をうたってイッキを強要するのをよく見かけるようになった。未成年なのに私も強要されて、すごく困っている。なんとかしてほしい。

□30代女性(母親)…面白くかわいいキャラクターだったので、CDを買った。子どもと一緒に見ていたら、ネコが飲酒を強要していて、腹が立った。「こんなもん、買わなきゃよかった。ひどすぎる!! なんとかなりませんか!」

□30代女性(母親)…「のまネコ」を見て、小学生の子どもがイッキ飲みに興味を持った。「それはいけないことなんだ」と注意したが、子どもの間でブームにならないかと心配。

□20歳男性…ウケている年齢層が低いことが問題。キャラクター・グッズの販売計画もあるらしいが、酒瓶を持っているキャラが、子どもが遊ぶUFOキャッチャーの景品に使われるのはまずい。

□30代男性…実際に見て驚いた。イッキ飲みしているシーンがあり、子どもが真似するとまずい。やめさせてほしい。

〜寄せられたメールから〜

□株式会社エイベックスが某音楽CDの販促キャンペーンに、まるでイッキのみを推奨するような内容をつかっている。これに対し何らかの抗議を行ってほしいです。 

□拝啓。小学生の子どもを持つ父親です。
最近「恋のマイアヒ」という曲のまねを子どもがやっております。
何でも、子ども向けのビデオなのですが、一気飲みを促すかのような内容。
500mlのペットボトルで真似をする子どもを見て、不愉快な思いをしております。
このような内容のものはいかがでしょうか?

□つい最近私の身近にあった事象に不安をいだき御サイトに伺ったしだいです。
その事象というのはCD等を販売されてるavex社より出ている「恋のマイアヒー」という曲ですが、覚えやすいリフレイン(フレーズの繰り返し)により若年層に大変受けが良く、ラジオや若者向け歌番組でもよく耳にします。
それだけならいいのですが、先日、仕事を終え居酒屋で食事をしておりましたところ、「のまのまイェイ! のまのまのまイェイ!」という声が聞こえてきました。
何度と無く同じフレーズが繰り返されるので興味本位で騒ぎのする部屋を見ると、大学生と思われる一団がビールのピッチャーで一気飲みをしているので、ソレを嗜める意味も踏まえて、騒がしいので少しトーンを下げて欲しいと頼みましたが、学生さん達も出来上がっていて私が席に戻ると「のまのまのまイェイ!」とまた聞こえてきます。
若い同僚に曲の詳細を聞いて、後日改めてその曲のプロモーションビデオを見せてもらいました。そこでは可愛いキャラクターが一升瓶片手に一気飲み。キャプションには「飲ま飲ま飲まイェイ」です。
これでは急性アルコール中毒になるのも無理は無いなと個人的な感想を持ちました。
一度ご覧になっていただきたく思います。

□イッキ飲みに関することなんですが、最近avexが売っているo-zoneという歌手のプロモーション?みたいな映像でたぶんネコのキャラクターだと思うのですが、お酒(米酒?)をイッキ飲みしているものがあるのをご存知でしょうか? 知人があれを見て歌いながらイッキ飲みをしていました。特に大事には至らなかったのですが(友人が酔っただけ)、あの映像は明らかにイッキ飲みを薦めているように見えます。そちらのほうから意見を言っていただけないでしょうか?

□avexの、「のまネコ」というネコのキャラクターが「飲ま飲まイェイ!」と米酒を一気飲みしているシーンがあります。巷では流行してきていて、その影響なのかコンパなどで、若者たちが「飲ま飲まイェイ!」といって一気飲みをしているシーンを多々目にします。この「飲ま飲まイェイ!」といって一気飲みする「のまネコ」というキャラクターは、育成の問題上悪影響を与えると思います。対象年齢10歳ぐらいからのようで、大学生だけではなく中高生も「米だ米酒だ! 飲ま飲まイェイ!」とコールをかけ一気飲みが増える可能性もあります。こういうことはどうなのでしょうか? よろしくお願いします。

□こんにちは。はじめまして。最近、インターネット上のあちらこちらで見かける「のまネコ」の話題についてメールいたしました。既に何件かのメールが寄せられているかと思います。
のまネコの事を知ったのは何ヶ月か前ですが、「SMAP_SMAP」という番組などで流されていて、これはちょっとメディアで流すのは良くないのではないかと思っていました。
というのも、11月にのまネコの関連グッズが販売されるそうですが、そのターゲット層が10代、20代、主に女子高生と聞いたからです。何かの番組で、「のまのまイェイ」という掛け声とともに一気飲みをしているのも見ました。(確かホストが出ていたと思います。SMAP_SMAPではないです。不明確で申し訳ないですが。)
こういった所から、「のまのまイェイ」という掛け声と共に一気飲みが広がるのではないか、と危惧しています。また、飲酒するキャラクターグッズを持っていたりすると、未成年者の飲酒が広がるのでは、とも思います。CDの映像や、メディア、携帯の待ち受けなどにも飲酒するネコが出ています。その結果、未成年も飲酒をすんなり受け入れてしまいそうで、大変怖いです。
私の経験からいくと、その場のノリで一気してしまうというのは良くあることです。幸い、周囲で急性アルコール中毒になった人はいませんでしたが、他人事ではありません。

□今年で19歳の大学一年生になった者です。最近よく先輩達に飲みに連れて行かれるのですが、「飲ま飲まイエイ!」と“恋のマイアヒ”のフレーズに合わせて一気飲みを強要されて困っています。
私はもともとお酒に強くなく、未成年という負い目からその要求を断りたいとは毎度思うのですが、先輩達の命令は断わることが出来ないのです。そして、つい先日とうとう体調を壊してしまいました。
今では“恋のマイアヒ”をコマーシャルなどで聞くたびに嫌悪しています。あのような飲酒を促すような表現をされては迷惑です。なんとかならないものでしょうか?
忘年会やら何やらであーいったことは禁止だと言ってきて、ようやく少なくなってホッとしたんですけど、あの曲が流行っているらしくて今年の居酒屋あたりでフザけて大学生とかが歌いながら一気飲みをやるんではないか?と思っています。
あーいった内容の映像は、子供でも目にすることが出来るらしいので(CDについてるらしいです)なんとかなりませんか?
正直、頭にきてます。

□テレビでオゾンというバンドの「恋のマイアヒ」というプロモーションビデオを見たのですが、あの映像でネコみたいな人が米酒(何のことかわからないけどお酒でしょう)を一気飲みしている様子が出ているんです。
私はあまりお酒が呑めないし、はっきりいって嫌いなんで、あーいう騒ぎを見るだけで怒りがわいてきます。
忘年会やら何やらであーいったことは禁止だと言ってきて、ようやく少なくなってホッとしたんですけど、あの曲が流行っているらしくて今年の居酒屋あたりでフザけて大学生とかが歌いながら一気飲みをやるんではないか?と思っています。
あーいった内容の映像は、子供でも目にすることが出来るらしいので(CDについてるらしいです)なんとかなりませんか?
正直、頭にきてます。

□突然のメール失礼します。
みなさんは「のまネコ」をご存知でしょうか?
これは音楽会社であるavexが「恋のマイアヒ」という曲のイメージキャラクターとして使用しているキャラクターです。この曲は日本語訳の中に「飲ま飲まイェイ」とあり、プロモーションビデオではこの歌詞の部分で一升瓶をラッパ飲みする「のまネコ」の姿があります。一升瓶にははっきりと「米酒」と書かれ、ぬいぐるみ等の関連商品も同じものを持っています。
この「恋のマイアヒ」および「のまネコ」は若年層を中心に人気を博しており、未成年者の飲酒やイッキ飲みを促進するのではないかという危惧がなされております。 飲酒問題に取り組んでいる貴団体にこの問題を取り上げていただきたくメールさせて頂いた次第です。

□飲酒、薬物問題の低年齢化には以前から胸を痛めておりました。先日、avex社がかわいいネコに酒瓶を持たせて酒を飲ませるアニメーション画像をテレビで放送したり、そのキャラクターのグッズを売り出そうとしたりしていることがわかりました。このネコのキャラクターを若者や児童、生徒などがよく聴くような音楽にのせて放送しているのです。また、avex社と言えば10代の方たちに支持されているアーティストが大勢所属している所です。ネコのキャラクターが持っている酒を「米酒」として発売する計画もあるそうで、これでは未成年の飲酒、一気飲みなどの危険行為(アニメーションでは一気飲みや酔いつぶれている画面があるなどします)の増長につながると思われます。若者層に影響のある企業がこのような商品をだしてよいのでしょうか? 子供たちを守るためにも是非この件について取り組んでください。よろしくお願い致します。

□これは問題があるだろうと思ったのでメールさせて頂きました。
「のまネコ」というキャラクターをご存知でしょうか。
avex社が某海外アーティストのプロモーションに起用したキャラクターなのですが、これの行う行為や動作には明らかにアルハラを誘発させる危険性が高いのではないのかと感じます。具体的な例を挙げると、
・酒瓶片手に酒を煽る
・酒を一気飲みして酔いつぶれる
・倒れている者に酒を飲ませる
・相手に酒を強要する
こういったものがありました。
特に、酒を強要させるシーンでは、その後飲まされた別のキャラクターが倒れるといった描写がされており、アルハラそのものとも考えられます。
架空のキャラクターが行うふざけた行為、と言ってしまえばそれで終わりですが、これを見た方が同様の行為に及ぶ可能性を考えれば、かなり危険となるかもしれません。
また、このキャラクターはCDのプロモーションに留まらず、同社によりグッズ展開が既になされています。外見がとても子どもウケするキャラクターであるにも関わらず、それらの販売されるグッズにも酒瓶や飲み潰れる描写が残っています。
これを見たり買ったりした子どもや青少年が、ふざけて真似をするのも不思議ではないと思います。そうなると、この商品によって子どもたちが「酒を飲まされる」こともあるのではないでしょうか。
キャラクタービジネスとして既に広く展開されているようですが、私はこれらの行為を面白半分で放送したり販売したりすることに絶対反対です。アルハラ問題としてこの「のまネコ」を考えて頂けると、幸いです。

□はじめまして。こちらのホームページにメールを送ろうと思ったきっかけは、人気を博している「のまネコ」というキャラクターに問題があるのではないかと考えたためです。
「のまネコ」はキャラクターの可愛さから小・中・高校生などティーン受けしており、キャラクターグッズの販売が現在行われています。
しかし、「のまネコ」が誕生したと言われる映像(テレビで大分と流されています)からは、飲酒強要・死ぬまで飲め!! など一気飲み推奨のメッセージがこめられているようにしか思えません。
また、前述したとおりティーン向けにキャラクターグッズ販売も行い、さらに年末の忘年会に向けての飲み会グッズも会社では順次発売予定となっています。
このような会社を野放しにしてよいのかと不安に思います。
私は学生ですが、よく新入生歓迎会あるいは忘年会で強要されたなど、耳にします。ですので、この「のまネコ」を非常に危惧しております。
小学生・中学生だとまだまだ世間からカッコイイ!! カワイイ物に対して、素直に、積極的に、ときには貪欲に受け取ります。ですが、飲酒強要・一気飲み・アルコール中毒死までいとわないような映像がカッコイイ、素敵、かわいい、自分もこうしたいと「のまネコ」を見て思わないはずがないと思います。
また、「のまネコ」で飲酒強要している酒は米酒であり、度数の高いものです。これを小学生などが真似をして一気飲みをしたらノノと考えると恐ろしくなります。親が止めて上げられればよいのですが、問題は親のいない場所で起こることも多々有ります。
このような飲酒強要を推奨するキャラクターが子供向けに販売、そして利益を生み出し、かつ享受している企業=avexが存在すること、また、それを全く報道しないメディアについて、ASKの方でも話題に取り上げてもらえればと思う次第です。

□最近、未成年向けのプロモーションビデオで飲酒表現としてふさわしくないと思われるものを見かけのでメールさせていただきました。
対象のビデオは、CD ショップ店頭などでネコが楽曲に合わせて一気飲みをおこなうというプロモーションビデオです。ネコのアニメーションのかわいらしい図柄には似つかわしくない一気飲みに大変違和感を覚えます。
私は海外で暮らしていたことがあるのですが、外国では未成年の飲酒に対しては大変厳しく、飲酒可能な場所では警備員が年齢を必ず確認するなどして、お酒を飲む場所への未成年者の立ち入りを制限していましたので、このビデオには大変おどろかされました。
TV CM もそうですが、子供の目に触れるような映像では無謀な飲酒行動である一気飲みの映像に対してもっと配慮をするように社会全体が認識していくべきだと思います。

□突然のメール申し訳御座いません。
日本中で大ブームを巻き起こした「O-ZONE」の、「恋のマイアヒ」のプロモーションビデオ及びグッズについて、御社にご意見させて頂きたく思い、連絡させて頂きました。
先日、「O-ZONE」というアーティストが歌っている、「恋のマイアヒ」という歌のプロモーションビデオと、プロモーションビデオ中で使われていたキャラクターのぬいぐるみなどのグッズのサンプル画像を見たのですが、これらは一気飲みを推奨している、とても健全な飲酒のお手本になるとは思えません。
この大ブームの中心にいるのは、最も影響を受けやすいとも言える、小・中学生です。
この時期にお酒に対する印象が定まると言ってもいいのに、このようなもののプロモーションビデオ、グッズが蔓延してよいのでしょうか?
未成年の飲酒を助長しているとしか思えません。

|

« スクエア・エニックス社員のみなさま、社内からおいでいただきありがとうございます | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その26)「のまネコ」はアルコールハラスメントを助長 ネットの証言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5929223

この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その25)「のまネコ」はアルコールハラスメントを助長 NPOが緊急の要望書をavexへ送付:

» のま猫騒動:NPO団体動く [たいにーず すっちゃらか日記mkII]
知らないことが次から次へと。 世の中がせわしなく動くときってのは、どちらかと嫌な方向であることが多い。 のま猫問題に対し、ついにNPO団体が動き出した。 ……といっても、別に著作権の所在とか、企業としての対応とか、取り沙汰されているのはそこじゃあない。 ... [続きを読む]

受信: 2005-09-14 10:47

» のま猫問題 から派生している問題について [ぷちバイト生活ヾ( ・x・)ノ]
※「のまネコ」はイッキ飲み・アルハラを助長しています!  http://www.ask.or.jp/ikkialhara_nomaneko.html  先日から話題になっているのま猫問題ですが、ついに非営利団体ASKもこの問題に関わり始めたようです。私自身こののま猫問題に関しては関心を持ってみていました。しかし、この方面からの動きが出るとは思ってもいませんでした。寄せられた電話やメールの意見を読んでみたところ、子供がおもしろがってまねをするとか大学の飲み会でこの曲を歌いながら一気飲みさせられたと... [続きを読む]

受信: 2005-09-15 06:30

« スクエア・エニックス社員のみなさま、社内からおいでいただきありがとうございます | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その26)「のまネコ」はアルコールハラスメントを助長 ネットの証言 »