« 「おすすめの株」@バブル期 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その75)  avex、「のまネコ」グッズの発売は継続 ZENの商標登録中止かどうかはZENが判断 という詭弁 »

2005-09-30

きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その74) avex「のまネコ」FLASHの使用中止を発表 2ちゃんねるではavex社員殺人予告の書き込み

これは手打ちなのか。
avexが先ほど、
 今後「のまネコ」FLASHは使わない
というアナウンスを流した。突っ込みどころはで、訳分からない二つの単語を表示した。

■いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方

この度、私たちが販売しております「のまネコ」に関して、これまで皆様に混乱を招いたことを反省しつつ、「のまネコ」にかかわって今まで私たちがしてきたことをすべて見直しました。

結論から言いますと、現在CDに特典としてつけているマイアヒ・フラッシュを今後はもうつけないことにしようと思います。また、「のまネコ」の図形商標の登録出願を有限会社ゼンに中止してもらおうと思います。こうすれば、多くの方々が共有財産として楽しんでいる「モナー」等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです。

私たちは、昨年10月に、「恋のマイアヒ」の楽曲を使ってアスキーアート文化の影響を受けた映像と共に音楽を楽しむ面白いフラッシュを見つけました。そのフラッシュは、使用許諾なく楽曲を使用していましたが、「これは非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と思い、作者の方に私たち用に改めてフラッシュを作ってもらい、もちろん作家の許諾を取った上で、CDの特典映像としました。それがマイアヒ・フラッシュの始まりだったことは皆様ご存知のとおりです。

しかし、その後CDの売れ行きが予想もしないぐらい伸びたことを背景に、私たちはビジネスとして、ぬいぐるみ等の「のまネコグッズ」をオリジナル商品として出すことにしました。その商品は、マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされたものであり、もちろん「モナー」とは異なるものとして作っていただいたものですが、皆様には、「のまネコ」は上記のような経緯で誕生したマイアヒ・フラッシュと同様のものであると受け取られ、「のまネコ」によって「モナー」等のアスキーアートの自由な使用が制限されるのではないかといった様々なご不満・お叱りをいただきました。

私たちは、「のまネコ」は「モナー」とはまったく別物であり問題ないと考えていたからこそ、海賊版に対抗すること等を考えてごく普通に商標登録出願をしてもらったのですが、皆さんの気持ちの中では、「同じようなもの」というように捉えられたのだと思います。正直なところ、私たちは、別物ではあるものの、上記のとおりアスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。

しかし、このことが原因で今回の混乱を招いた以上、直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、「のまネコ」の図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です。
と、発表しようと思っていた矢先、本日未明、2ちゃんねるにエイベックス社員に対する殺人予告が載せられました。「のまネコ」問題が取りざたされるようになってから、今までも、一部の心ない方から嫌がらせまがいのことが私たち及び関係者に対して行われてきましたが、善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い、特段の措置はとりませんでした。しかし、今回のものは明らかに不法かつ著しく反社会的であって到底見過ごすことができるものではないので、警察に被害届けを出すことにしました。

この事件に接して、正直言って、冒頭からの発表文を出すことにややためらいを感じました皆様を信じて当初の予定通り発表させていただきます。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2005年9月30日

同じ文章に出てくる
皆さん
皆様
に違いが分かる人、説明して!

で、犯行声明文だが、現在は

1. アホが勝手に書いた
2. エイ乍員が書いた
の二説に分かれて、2ちゃんねるで論争中。というか、最後までavexは
2ちゃんねるは誰かが統制している
と誤解したままである。avex以外の人は
2ちゃんねるはただの掲示板で、誰でも自分の言葉を書き込むことの出来る場所に過ぎない
と理解してる筈なんだけどね。
犯行予告=2ちゃんねるの総意
とでも思ってるみたいですな、avex。やくざの鉄砲玉じゃあるまいし。

|

« 「おすすめの株」@バブル期 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その75)  avex、「のまネコ」グッズの発売は継続 ZENの商標登録中止かどうかはZENが判断 という詭弁 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/6185387

この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その74) avex「のまネコ」FLASHの使用中止を発表 2ちゃんねるではavex社員殺人予告の書き込み:

» 続々・のまネコ問題。 [シュレディンガーの猫は生きてるか]
朝書いた記事の続きになります。 よくよく色々なブログを見てみるとこんなことがわかりました。(朝は大抵流し読み) エ社が取り消したのは「のまネコ」という「文字」の画像についての著作権らしく、ちゃねらーらが言っているのは「米酒」と呼ばれる「画像」についての....... [続きを読む]

受信: 2005-10-01 19:57

» だいたいにしてこれ自体が犯罪じゃねーのですかと。 [最速の中のBlog]
ちょっとこれ見てくださいよ。まぁ懸命な方々にはすでに知られているところだと思いますが。 一枚目。 左上にあるAが最初に2chにて公開されたFLASHの切り抜き。作者は「わた」。 その下、BはエイベックスがAの「わた」にかけあい、正式に公表したFLASHの切り抜きです。作者は当然「わた」。AAに関して、「このままだとまずいんでちょっと変えてくれるかな」みたいなことをエイベックスに言われたらしいです。 そしてCが「白いネコ」こと「のまネコ」です。 エイベックス社はのまネコと... [続きを読む]

受信: 2005-10-01 21:37

« 「おすすめの株」@バブル期 | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その75)  avex、「のまネコ」グッズの発売は継続 ZENの商標登録中止かどうかはZENが判断 という詭弁 »