« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その74) avex「のまネコ」FLASHの使用中止を発表 2ちゃんねるではavex社員殺人予告の書き込み | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その76)  「のまネコ」問題をフジテレビが報道 »

2005-09-30

きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その75)  avex、「のまネコ」グッズの発売は継続 ZENの商標登録中止かどうかはZENが判断 という詭弁

さて、avexのアナウンスメントだけど、これが
 どの程度の実効性があるかどうか
を、avexに電話をかけて聞いたヒトがいる。【田代砲禁止】avexが某キャラに酷似しているのまネコ産業vsのまタコ274スレッドより。


87 :電話男:2005/09/30(金) 16:55:44 ID:B1DUwrtV0


                       安部糞に電話確認完了


安部糞の言い分

結論から言いますと、現在CDに特典としてつけているマイアヒ・フラッシュを今後はもうつけないことにしようと思う
というだけ

「のまネコ」の図形商標の登録出願を有限会社ゼンに中止してもらおうと思います
というだけ

権利はZENなのでZENに中止するように求める権利はZENなので最終的に決めるのはZEN
それがどういう結果になろうとも阿部糞は関与するところではない
とのこと

CDに特典として付いているマイアヒフラッシュをつける事をやめるだけで
グッズなどは代わらず販売する

おまいらまだ終わらんようだ


あはははは。わかりやすいな、avex。 というわけで
 不買運動を続けている人は、まだまだ継続
ということでよろしく。

続き。
この点に関しては、"Internet Watch"編集部も確認した。


エイベックスが「のまネコ」商標登録取り下げ、CDの特典映像も収録中止 2ちゃんねるの殺人予告、エイベックスは警察に被害届け提出

 エイベックス・ホールディングスは30日、「モナー」に“インスパイヤ”されて製作したとされるキャラクター「のまネコ」について、出願していた図形商標の登録を取り下げると発表した。実際に商標登録出願したキャラクターの権利を保有する有限会社ゼンに対して、登録を中止するよう要請する。また、O-ZoneのCD「恋のマイアヒ」の特典映像「マイアヒ・フラッシュ」も収録を中止する。

● マイアヒ・フラッシュは今後CDに収録せず、商標申請も取り下げ

 エイベックスによれば、2004年10月に「恋のマイアヒ」の楽曲を利用し、アスキーアート文化の影響を受けたFlashを発見。このFlashは使用許諾なく楽曲を使用していたものの、「非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と考え、Flashの製作者に改めてFlashの作成を依頼し、作家の許諾を取った上でCDの特典映像「マイアヒ・フラッシュ」とした。

 その後、CDの売れ行きが「予想もしないぐらい伸びた」こともあり、エイベックスでは、「マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされた」という「のまネコ」のグッズ販売を計画した。のまネコとモナーはまったく別物という立場のエイベックスでは、商標登録出願することは海賊版に対抗する上でも「ごく普通」のことだった。

 その一方で、のまネコは、そもそもアスキーアート文化に影響されたマイアヒ・フラッシュから生まれたもので、商標登録などによってモナーなどのアスキーアートが自由に使用できなくなるのではないかとの指摘も受けた。また、エイベックス側にも打算がなかったわけではない。「正直なところ、私たちは、別物ではあるものの、上記のとおりアスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が『のまネコ』グッズ販売の一助になる」と考えていたことも明かしている。

 こうした混乱を受けてエイベックスでは、商標登録と特典映像の収録を中止することで、「多くの方々が共有財産として楽しんでいる『モナー』等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えた」という。

● 2ちゃんねるでのエイベックス社員殺害予告で被害届

 また、エイベックスでは、30日未明に2ちゃんねるに書き込みされた、エイベックス社員に対する殺害予告について、警察に被害届けを提出したことを合わせて発表した。

 2ちゃんねるの該当する投稿ではエイベックスに対して、「AVEXは『のま猫』のプロモーションキャラとしての使用を即時中止しろ」「グッズ販売も即時中止しろ。直販だけでなく、UFOキャッチャーの景品としての供給等も同様」「『のま猫』がデザインされたCDを全部、販売店から回収しろ」「AVEXのウェブサイト、トップページの目立つ部分に、今までの経緯の謝罪文を掲載しろ」と求め、要求に従わない場合は「AVEXの社員を刃物をもって殺害する」と予告した。

 エイベックスでは「のまネコ」問題以降、「今までも、一部の心ない方から嫌がらせまがいのことが私たち及び関係者に対して行われてきましたが、善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い、特段の措置はとりませんでした」とコメント。しかし、今回の投稿については「明らかに不法かつ著しく反社会的であって到底見過ごすことができるものではない」として、警察に被害届けを提出したという。

【追記 18:42】

 なお、編集部の取材に対してエイベックスでは、のまネコの商標登録を行なっているゼンとのやり取りについて「ノーコメント」と公表を避けた。また、ゼンが出願取り下げを拒否した場合についても「仮定の話になるのでコメントできない」と回答しなかった。このほか、のまネコグッズの販売を継続するのかについては「今回の発表では触れていない」として詳細は明らかにしなかった。

|

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その74) avex「のまネコ」FLASHの使用中止を発表 2ちゃんねるではavex社員殺人予告の書き込み | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その76)  「のまネコ」問題をフジテレビが報道 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/6187309

この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その75)  avex、「のまネコ」グッズの発売は継続 ZENの商標登録中止かどうかはZENが判断 という詭弁:

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その74) avex「のまネコ」FLASHの使用中止を発表 2ちゃんねるではavex社員殺人予告の書き込み | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その76)  「のまネコ」問題をフジテレビが報道 »