« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その6) 「作者不明の著作物」について電話で聞いてくれたヒトがいる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その8)一目で分かる「モナー」「モララー」などと「のまネコ」 »

2005-09-09

きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その7) avex、トンネル会社を作って「のまネコ」著作権を主張 そのカラクリが暴かれる

avexは、悪い方にしか手を打たない。
昨日になって突然、「のまネコ」の著作権を管理している「会社」というものが登場、avexの通販サイトに行くと、こんな告知をしている。


■のまネコ著作権について

当社製品に使用されているキャラクター「のまネコ」は、「のまネコ」の著作権を管理する有限会社ゼンと商品化契約を締結した上で使用しております。
「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、当社と有限会社ゼンが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

有限会社ゼン http://www.e-zen.info/
エイベックス ネットワーク株式会社 2005年9月8日

突っ込みどころ満載のこの文言については、後ほど検討する。

この「有限会社ゼン」の正体については、「福島の人」さんの 「Wandering Wanderer」の以下の記事に詳しい。

 うわあ・・・

http://fukusima.seesaa.net/article/6717145.html

「有限会社ゼン」が現在は消してしまった、当初のトップページ。
http://www.uploda.org/file/uporg188247.jpg
サイトオープンの日が2005/9/01になっているところに注目。

なお、ネットで自然発生したと思っていたAA「モララー」には著作権者がいた。「福島の人」さんは、「モララー」の著作権者「まみまみ」さんについても、記事を書いている。
 ねことんとん?
http://fukusima.seesaa.net/article/6719845.html

|

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その6) 「作者不明の著作物」について電話で聞いてくれたヒトがいる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その8)一目で分かる「モナー」「モララー」などと「のまネコ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/5855169

この記事へのトラックバック一覧です: きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その7) avex、トンネル会社を作って「のまネコ」著作権を主張 そのカラクリが暴かれる:

» 第390話 『泥棒企業 エイベックス』 [■ 飛 ブ 。■]
はい、エイベックスの手癖の悪さはもう直りませんね。 モナーは盗まれるべくして盗まれたと言ってもいいでしょう。 今度は浜崎あゆみのパクリ騒動です。w 詞のパクリ自体は前か... [続きを読む]

受信: 2005-09-11 21:45

« きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その6) 「作者不明の著作物」について電話で聞いてくれたヒトがいる | トップページ | きな臭い話 マイヤヒFLASHの猫はいつからオリジナルキャラ「のまネコ」になったのか (その8)一目で分かる「モナー」「モララー」などと「のまネコ」 »