« 耐震強度偽造マンション (その29) 問題は波及する | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その31) ヒューザー、他のマンションの住民には「電話してくるな!」と張り紙で通知   »

2005-11-22

耐震強度偽造マンション (その30) シノケンの建てた「STAGE大門」 もともと安価な坪単価では建てにくい場所だった

今回の事件のもう一つの当事者、シノケンの建てた
 STAGE大門
だが、典型的なペンシルビルである。
ZAKZAKより。


強度最低…港区の「STAGE大門」外壁はヒビ割れ

見た目にも折れそう…。国土交通省から耐震値で「最低」と指摘されたステージ芝大門=東京都港区
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/image/t2005112226stagedaimon.jpg

 「風が吹いただけで倒れそうな頼りないつくり。下町の不発弾ですよ」

 構造計算書偽造問題で、国土交通省が倒壊の危険があると発表したマンション・ホテルのうち、耐震強度が最低とされた東京都港区の「STAGE大門」(地上9階建て)は、見るからに危うい形。近隣住民は前々から不安を抱いていた。
 このマンションは約380平方メートルの狭い土地に、2階以上の各フロアに1部屋しかない典型的な「ペンシルビル」。1階は駐車場兼エントランスになっている。周囲は江戸時代から続く下町で、2階建てや3階建ての町工場や問屋がマンションに密着している。
 近所の自営業の男性(72)は「形が不安定なので、逆に構造上の安全は確保していると思っていた。しかし、今年4月に完成したばかりなのに、すでに外壁にはヒビ割れが見える。いつ倒れてもおかしくないのでは」と不安げに話した。1階から2階へ続く非常階段にも、数カ所のひび割れが見られた。
(以下略)

で、この土地の開発に関わった人が驚きの声を挙げている。【耐震強度偽造】 「風が吹いただけで倒れそう」 強度最低"STAGE大門"、外壁などにヒビ割れスレッドより。

130 :名無しさん@6周年:2005/11/22(火) 21:05:30 ID:7M/9hXDW0 写真見てびっくりした。 以前、ここの開発に関わったことあるんだけど、敷地が雁行してて、しかも狭いのでオーナーに普通のマンションの建設よりも高く作って説明したら激怒されたんだよな。

134 :名無しさん@6周年:2005/11/22(火) 21:10:32 ID:7M/9hXDW0
9か10階なんだけど、間口狭くて細長い敷地なので、鉄骨鉄筋コンクリート構造しかかなり難しいはずだったのに、今は国土交通省のHPみると鉄筋コンクリートになってた・・・。だめだこりゃ


ううむ、オーナーが
 よそよりも圧倒的に安い見積もりを見せられて、OKを出した
ってこと? 鉄骨鉄筋コンクリート造しか建てられない筈なのが、鉄筋コンクリート造ってことは、完全に強度不足でしょう。
オーナーを騙したデベロッパーがアホなのか、それとも欲目に駆られたオーナーがダメなのか。結果的に
 壊さないといけない不良物件を建ててしまったオーナーは大損
だろう。

で、シノケンはこのSTAGE大門を含む都内の耐震強度不足マンション三棟の解体を決めた。


不動産会社「シノケン」、都内3棟のマンション解体へ

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、東京都内にある4棟の建築主だった不動産会社「シノケン」(福岡市博多区)の篠原英明社長(40)が22日、福岡市内で会見し、震度5強で倒壊する恐れがある東京都内の3棟のマンションを年内にも解体する方針を明らかにした。
 しかし、読売新聞の調査では、退去を余儀なくされる住民たちに対し、東京都内で提供可能な公的住宅はきわめて限られている。通勤通学などさまざまな事情を抱える住民たちにとって、希望通りの移転先を見つけるのは至難の業といえそうだ。
 シノケンの篠原社長によると、解体するのは、耐震強度が26〜44%だった港区の「ドルチェ芝浦・弐番館」と「STAGE大門」、新宿区の「スカイコート西早稲田」。78%だった渋谷区の「フォルトゥナ代々木初台」については詳細に検討のうえ、解体するか補強工事をするかを決める。

 会見で、篠原社長は「ご迷惑をかけました」と謝罪し、「入居者の安全を考え、当座の費用は負担するが、木村建設や姉歯事務所に損害賠償を求めたい」と述べた。

(2005年11月22日21時59分 読売新聞)


う〜ん。木村建設は飛び確定だし、姉歯事務所に資産がありそうにも思えない。そもそも、
 問題のある建築計画をなぜ通したか
という点にシノケンの責任があるわけで、コトはそう簡単じゃないだろうな。

|

« 耐震強度偽造マンション (その29) 問題は波及する | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その31) ヒューザー、他のマンションの住民には「電話してくるな!」と張り紙で通知   »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7268998

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その30) シノケンの建てた「STAGE大門」 もともと安価な坪単価では建てにくい場所だった:

« 耐震強度偽造マンション (その29) 問題は波及する | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その31) ヒューザー、他のマンションの住民には「電話してくるな!」と張り紙で通知   »