« 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか »

2005-11-20

耐震強度偽造マンション (その3) 現場監督からの声

建築の学生には二系統ある。一つはバリバリの理系、もう一つは文系マインド溢れる学生である。後者は、建築の鬼門
 構造力学
が不得意だ。わたしは構力が嫌いなので、建築に行こうとは思わなかったが、そこを忘れると、いつまで経っても留年、という憂き目に遭う。
もっとも、今回の
 耐震強度偽造マンションの構造計算
については
 建築・土木の二回生レベルでもわかるひどさ
という話なのだ。
ヒューザーのマンション(その3)スレッドより。
 

55: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/19(土) 22:41
まとめ
1.総コストはある程度決まっているため企業努力で安くするには限界がある。
2.ヒューザーは、その限界を超えてかなり安い。(私は定期借地権より安いと思う)
3.鉄筋量も大体見れば分かる。この手抜きの量は現場作業員レベル、建築学科2年生で分かるレベル。
4.見取り図を見ると異様にスパンが長く、壁も少なく、柱も細い。
5.そのため、鉄筋量を減らせば構造に直接響く。(「震度5で危険」公式発表。アリエナーイ、手抜きしすぎ)
6.構造計算の手抜きは、建築主から「姉歯を使うように」という形で出た。
7.イーホームズは、認証番号も見ていないし、一目で分かる柱の強度不足も見落とした。
(各種図面や写真10枚見せれば、普通の主婦でも強度不足が分かる。)
8.せっかく不動産が上向きになってきたのに、不動産市況が冷えると、国家経済にかかわりかねない。
(○○党への政権交代もあり得てしまう)
9.東海地震、関東地震に備えている国家政策にも影響している。
10.規制緩和という国家政策の流れがひっくり返りかねない。
(裁判で「国は監督義務を果たさなかった。賠償を払え」という判決が出るおそれは十分ある)
11.「イーホームズ、ヒューザー、姉歯」で済む?
12.こんな手抜きなら、「海砂+シャブコン」もしないと困る。
工期は早く、コストはすごく安くなる。もちろん「基礎杭」なんて入れちゃダメ。工期はかかるし高い。

で、この
 施工・デベロッパー・設計がグルになった「耐震強度偽造」
は、そんな簡単な話じゃない、という説が出ている。


201: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/20(日) 04:07
2年前まで某ゼネコンで現場監督をしていた者です
はっきり言います
関連する物件を購入された方には大変お気の毒ですが
今回の件は デベ・設計・ゼネコンと恐らく?検査機関の4者が
完全に『グル』にならないと起こり得ない事です
建築屋さんて**じゃ務まらないから
ある程度の経験を積めば
どの程度のスパンにはどの程度の柱梁サイズや配筋量が必要かなんて
分かっているものですよ(普通は)
私の経験上では図面なんて見なくても
歩いているだけで配筋のおかしいところでは
「あれ?」って足が止まって気がつきます
だから、たとえ構造計算書が偽造されていても
専門家であればおかしいと思わないわけがない
検査機関だって最低「基礎」「中間階」での配筋検査をするはずですし
まして百戦錬磨の彼らが気がつかないわけがない
これらの状況証拠から言っても
デベの指示で設計・ゼネコンが検査機関を抱き込んで
「意図的」に仕組んだって構図意外に考えようがないデスね

もしも本当に「意図的」じゃなく21棟もの「ミス」が発生したのならば
その関係者(設計・ゼネコン・関係会社・検査機関)は
資格剥奪するべきだろうね
レベルの高低以前の問題だね

多分ほとんどの建物が「取り壊し命令」を受けることになるだろうし
同じデベの既存の建物にも同様の仕様が少なからずあるだろうから
大変なことになるだろうね

もし仮に損害賠償を請求しても
無い袖は振れないし、無いものは取れないだろうから
泣き寝入りせざるを得ない人が大量に出ることは必死なのかな


さて、疑惑はどこまで拡がるか。
国交省や国交相の責任問題にまで波及する話になるかもね。

|

« 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7227491

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その3) 現場監督からの声:

« 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか »