« 耐震強度偽造マンション (その57) 総研のビジネスホテルのビジネスモデル 安普請で高収益を謳う | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その59) 大和郡山の営業休止ホテルは総研の「売り物件」 »

2005-11-30

耐震強度偽造マンション (その58) 総合経営研究所、キックバックの構図

今回の耐震強度偽造マンション・ホテルの黒幕、総合経営研究所はどうやってキックバックを得ていたか。

総○経○研★所ってどうだろうスレッドより。



938 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/11/30(水) 17:37:38 ID:???

総研流キックバックの理由

総研の教えでは、利益率20%が一つの課題で、常に現場は会社(総研)から言われ続けてプレッシャー受けてます。

意匠設計、外注(建築物の金額の約2%〜5%)仮にここでは設計料三百万円とします。

設計は、ダメになった時、損しないように、お客と別契約の場合も多い。

っで客から三百万設計料もらい、まず二十%の利益確保して外注

っで構造はHQの考え方よく知ってるからここ使ったら?っと紹介

意匠屋さん、こんな鉄筋少なくて良いの?と思いつつも、構造屋が大丈夫と言うと訳わからず納得。

これでHQの図面出来上がり

意匠屋さん、構造屋に70〜80マン払う。

構造屋は図面転用、計算書も昔のやつとほぼかわらず、手間かかんないから、もともと元請けと話できてて、半分くらいキックバック

元請け、結局設計料三百万の契約で二百万で済む。

工事の方にその利益回し、利益率確保する。



要するに

 利益優先のコンサルタント業

ってことね。

 建築の安全性は「経済性」の二の次、三の次

というわけですな。

|

« 耐震強度偽造マンション (その57) 総研のビジネスホテルのビジネスモデル 安普請で高収益を謳う | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その59) 大和郡山の営業休止ホテルは総研の「売り物件」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その58) 総合経営研究所、キックバックの構図:

« 耐震強度偽造マンション (その57) 総研のビジネスホテルのビジネスモデル 安普請で高収益を謳う | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その59) 大和郡山の営業休止ホテルは総研の「売り物件」 »