« 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 »

2005-11-20

耐震強度偽造マンション (その5) ヒューザーを担当している広告代理店の者です

事件は、思いがけない所へも波及する。
耐震強度偽造マンションを売るヒューザーの広告を担当している代理店のヒトらしき人物が書き込んでいる。
ヒューザーのマンション(その3)スレッドより。

31: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/19(土) 22:14
上の続き↓
このスレッドの「その2」で、デベと思われる方が、ヒューザーのマンションの安さについて、あらためて疑問を呈しています。 土地の取得費、営業費……それほどデベによって差があるわけではないので、コストを抑えるとしたら、建築費だという話です。 この見方が正しいのなら、ヒューザーは、建築費を相場以上に削って建てていたことを自覚していたはず。自覚していなければ、そもそもあんな値段をつけられるわけがない。 そう考えれば、検査機関や設計事務所の責任ではなく、故意の可能性も出てくるわけで、広告等での謳い文句と設計の実態が乖離していれば、詐欺として立件できるかもしない。

191: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/20(日) 01:43
 この問題は別の観点から他人事に思えない。
 某広告関係のものなんすけど、うちの会社のヒューザー担当とかどうすんだろ?

194: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/20(日) 01:53
>>191
オタクの会社、ヒューザーがクライアントなの?
早く売掛金回収しないと、回収不能になっちゃうよ。
まあ、購入者の人たちのほうが、大変だしかわいそうだけど。

195: 名前:匿名さん投稿日:2005/11/20(日) 02:12
先ほどの某広告関係のものです
本当に購入者の方達のほうが大変だしお気の毒です。
実は近所にモデルルームがあるんで明日にでも家族と1回覗こうかなあなんて思ってました。
うちの会社はたとえヒューザーが生き残ったとしても二度とヒューザーと取引することないんだろうなあ。
なんか同様の問題が他のデベにも飛び火して他デベ担当者も・・・
広告予算もたぶん1〜2割程度?はうちに回してたんでしょうから、回収とかどうすんだろう?
多分第三者機関とか弁護士に委託すんでしょうね。


「耐震強度偽造マンション」の宣伝というダマシの片棒を担がされた恰好の広告代理店だが、この問題が他社に飛び火すると、話はとんでもないところに転がっていくなあ。
しばらく、新築マンション需要は冷えるだろう。特に中小デベロッパーの物件は、厳しい目で見られることになる。大手だからといって、安心できるわけではないし、デベロッパー・施工会社の経営状況くらいはチェックして購入、ということになるかもね。
一体、どこで儲けを出してるか? という問題を、顧客が真剣に考えないと、同じような事は何度も起きかねない。

|

« 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7227768

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その5) ヒューザーを担当している広告代理店の者です:

» 段ボール箱を豪華な包装紙でくるんだヒューザーのマンション [かきなぐりプレス]
100平方メートル以上の広さで、尚且つ安い。こりゃ、誰だって飛びつきたくなる。 耐震性で問題があると指摘されたヒューザーが発売した「グランドステージ住吉」は、社団法人日本住宅建設産業協会から「広い」マンションコンセプトで優秀事業賞を受賞している。 キッチンやバス・トイレなど目に見える内装でコストを下げると、買手はつかなくなる。それでどこでコストを下げるかと言えば、本体や梁など安全に関わる部分に手をつけるしかない。 施主からコストダウンを厳命された設計事務所や建築会社が手を付けるとす... [続きを読む]

受信: 2005-11-23 17:49

« 耐震強度偽造マンション(その4) ヒューザーはどこで儲けを出していたか | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 »