« 耐震強度偽造マンション (その62) 今回の物件以外でも鉄筋を抜いてる建物はある | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その64) 黒幕「総合経営研究所」は被害者面 »

2005-11-30

耐震強度偽造マンション (その63) やっぱり京王プレッソイン池袋はアウト

前に
 半年違いで建設された京王プレッソイン五反田はアウトで、池袋はセーフってヘン
耐震強度偽造マンション (その17) 京王は京王プレッソインの安全確認状況をサイトで公表 五反田はアウトだが、同じ会社の組み合わせで半年早い池袋はセーフの謎
と書いた。
今日になって
 京王プレッソイン池袋も耐震強度偽造で、休業
というニュースが飛び込んできた。毎日より。コンサルタント会社「総合経営研究所」の名前も出てくる。


耐震偽造:京王のホテル、営業休止3棟目 「姉歯」関与

 京王電鉄は30日、子会社が運営するホテル「京王プレッソイン池袋」(東京都豊島区)が建築基準法の耐震基準を下回っていることが判明したため、同日から営業を休止したと発表した。同ホテルチェーンを巡って基準を下回ったのは3棟目で、いずれも姉歯秀次1級建築士の構造計算書が改ざんされていた。既に営業を休止している茅場町店と五反田店は取り壊す方針。営業休止と解体費用で約22億円かかるため、施工会社などに対する損害賠償請求訴訟も検討している。
 京王電鉄は、池袋店の構造計算書には数値の入れ替えがなかったとして営業を続けていたが、第三者機関の再計算で耐震性能値が0.78しかないことが判明したという。同社は「どのように数値が改ざんされたかは分からない」と話している。
 偽造が判明した3棟は、いずれも施工と元請け設計は木村建設と平成設計、確認検査機関はイーホームズだった。京王電鉄によると、経営コンサルタント会社「総合経営研究所(総研)」(千代田区)に、木村建設や平成設計を紹介されたという。【長谷川豊】

毎日新聞 2005年11月30日 20時12分 (最終更新時間 11月30日 20時47分)


まあ、京王電鉄ともあろうものが、欲をかいて、
 投資額が少なくて済み、宴会なしでペイするビジネスホテル
という総合経営研究所のビジネスプランに乗っかっちゃったのがアホですな。てか
 人命を預かる鉄道会社

 コスト優先、安全軽視の耐震強度偽造ホテル建設
をするあたりで、
 鉄道会社としての信頼も地に墜ちた
ってことでしょう。

|

« 耐震強度偽造マンション (その62) 今回の物件以外でも鉄筋を抜いてる建物はある | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その64) 黒幕「総合経営研究所」は被害者面 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7402410

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その63) やっぱり京王プレッソイン池袋はアウト:

» 京王プレッソイン五反田 [ヒューザー・姉歯 マンション耐震強度偽装問題]
所在地(住所):東京都品川区西五反田2-17-3 アクセス:JR山手線・東急池上... [続きを読む]

受信: 2006-01-01 03:46

« 耐震強度偽造マンション (その62) 今回の物件以外でも鉄筋を抜いてる建物はある | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その64) 黒幕「総合経営研究所」は被害者面 »