« 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その7) ヒューザーは現在も営業中 仮契約しちゃったんですが »

2005-11-21

紅白が死んだ日 あるいはNHKがフジに負けた日

10/30にBS1で放映された
 BSディベート  どうする紅白歌合戦
が、現在地上波で再放送中だ。日曜深夜というか月曜未明に流す番組にしてはなかなかとんでもない。
寝ぼけてテレビを見て、吉永みち子と泉麻人がいるので、最初は
 なんで朝生
と思ったら、NHKだった。その時点で
 NHKは10年遅れ
だったわけだが、
 受信料をつぎ込んだ、豪華な朝生
というあたりが、テレ朝と違うところだ。最初はホントに寝ぼけてたから
 なんで天野祐吉
と思ってよく見たら
 ばばこういち
だった。
で、
 秋元康と室井祐月がディベートしてて、コメントをデーブ・スペクターやおすぎやきくちPに聞く
時点で
 バラエティで常勝のフジの靴をなめてる
事態に。いいのか、公共放送。
 出演者とその主張
http://www.nhk.or.jp/bsdebate/0510/guest.html
ま〜、芸能の大鹿部長(肩書きこれでよかったっけ?)の腰が決まってないわけで、どのみち予定調和番組なのに、
 一応討論してみました
ってあたりが、とってもイヤだ。それとも、
 禊ぎ番組
って位置づけ?
この番組の見所は
 元・吉本興業の木村政雄が和田アキ子の出場を実名を出さずに批判(CDの売り上げが数百枚の人が出てるのはおかしい、と発言)
 室井佑月の「癒着とか大きなプロダクション(ジャニーズとか、ハロプロとか、avexとか)」「スキウタは組織票(ハロプロ・SMAPが上位)」などの発言
だな。基本的には
 昭和懐古の戯言が86%
だ。

で、すでに11/17に
 みのもんたと山根基世アナが司会
http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/news.html
と発表されてるわけで、この時点で
 紅白は死んだ
とわたしは思ってる。てか
 NHKは紅白の葬式を今年出すのだな
というのが正直な感想。24時間ハイテンションだという噂のみのもんたはともかくとしてだ、
 新日曜美術館で口の回らない山根アナを深夜まで続く生放送のメインに据える
というのは、どういう判断だ?

それにしても、秋元、
 NHKにばっちり食い込みすぎてます
な。秋元の悪行は
 総合だけ見てるとあまり気がつかれない部分
で行われてるところがミソだ。秋元は
 教育とかBSとかで、利権をがっちり手に入れてる
訳で。教育で趣味番組仕切ってたり、BS1の
 おーい、ニッポン
の第一周目で
 各都道府県の歌
を作ったり。で、「おーい、ニッポン」ではまるまる一時間枠を貰っていて、
 オーディションと各都道府県の歌
でも、金貰ってたからな。オーディションは本放送の二ヶ月だか前で、その後曲が渡されてレッスンとかしてたみたいだから、秋元はほくほくしてたはずだ。秋元に関しては
 アンタッチャブル
だったので、もう何年も前から秋元は
 NHKのそこそこエライ人ととっても仲良し
な状態が続いている。「みなさまの受信料」は秋元の懐にも流れ込んでいるわけ。
以前は、
 オヤジ殺し秋元
だったけど、今は十分自分が利権オヤジになっている。そういや、某大学で秋元が授業をやってるんだけど、これが評判悪い、というのを漏れ聞いた。秋元は
 俺は今でも時代と寝ている
と思ってるのかも知れないけど、学生は結構シラッとしてるらしい。でも、秋元を呼ぶのは経営側だから
 オヤジ世代には、学生の受けがどの程度か、見えてない
んだろうな。授業アンケートの結果がどうなったかまでは聞かなかったが。

このディベート番組で室井佑月が
 冴えてるように見える
のは、NHKの仕切がぬる過ぎるからで、いかに普段、室井佑月が
 朝の生放送の「とくダネ!」で、毎回、小倉智昭にいじめられてるのか
がよくわかった。言ってることはいつもと一緒の
 まるで空気を読まない乗り
なんだけどね。
で、室井祐月は、入院したのか。
 室井佑月さん入院 すい臓腫瘍摘出へ
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20051118_105.htm

しかし、
 片岡飛鳥に27時間テレビを作らせる
というような「英断」を下せる訳のないNHKであるからして、どんな討論をやっても茶番になる。前半は面白かったけど、後半はどんどん失速した。
昨年の
 不祥事後の紅白
が終わってから、あるCPと話をして、
 あれはダメだろう〜
と言い合ってたんだけど、不祥事の後だからこそ、
 これが紅白だ!
という番組を作らなくちゃいけなかったのを
 変な方向に自粛
した時点で、紅白は死んだも同然だった。CP氏は
 PD魂をみせなきゃイケナイのに
と嘆いてた。まあ、大鹿氏の様子を見る限り
 芸能のPD魂はとっくに死んだ
と思われる。今年の担当は
 トップランナー
なんかを作ってた人らしいけど、
 木に竹を接ぐ紅白
になりそうだなあ。
途中で
 去年の紅白のメイキング映像
を出してたんだけど、
 生放送やり慣れてないから、もたもたしやがって
と、テレビ草創期のテレビマンたちに、後ろから蹴りを入れられそうなお間抜け場面を平気で流して
 みんなで頑張ってます
って編集するのって、アホじゃないの。プロとして恥じる気持はないのか。
スタッフ会議の映像を流してたけど
 怪しい人満載
ってのはよくわかった。

で、今年は
 こんな受信料の無駄遣い、予定調和ディベートの紅白番宣番組
を、「スキウタ」締切前(10/31締切だった)に流し、今日(11/21)は
 スキウタランキング発表 総合 21:15-21:58
なので、またも番宣として再放送したってことかいな。末期症状ですな、NHK芸能番組センター。

|

« 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その7) ヒューザーは現在も営業中 仮契約しちゃったんですが »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7243177

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白が死んだ日 あるいはNHKがフジに負けた日:

« 耐震強度偽造マンション (その6) 構造屋が語る「構造設計」 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その7) ヒューザーは現在も営業中 仮契約しちゃったんですが »