« サーヤさすがだよサーヤ 今日のドレスは「カリオストロの城」のクラリス | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ »

2005-11-20

耐震強度偽造マンション 自重で崩壊の恐れ

前代未聞の犯罪行為、
 耐震強度の計算が偽造された
というニュースだが、実際問題
 強度計算は場合によっては100ページ以上の書類で、誰もきちんとチェックしてない
ところを衝かれた恰好だ。今回問題になってる事例以外にも
 強度不足の高層建築は他にあるんじゃないか
と、国民は戦々恐々としている。

で、今日流れてるとんでもない話。
 地震で崩壊するどころか、自重で崩壊する危険性のあるマンションが二棟存在
というニュースだ。韓国の三豊デパートの話は、対岸の火事かと思ってたら、日本の建築モラルもココまで落ちましたか。読売から。


強度偽装マンション、2棟は自壊の恐れも

 耐震強度が偽装されていた東京、千葉、神奈川の1都2県のマンションなど21棟のうち、すでに完成し居住者のいる千葉県船橋市と神奈川県川崎市のマンション各1棟は、地震などがなくても、長期的には自らの重みなどで壊れる可能性が高いことが19日、国土交通省などの調べでわかった。
 この2棟は、耐震強度が建築基準法で定められた基準の3〜7割だったことが判明しているが、自壊の可能性も浮上したことで、今後、住民の退去が避けられない見通しとなった。
 耐震強度などを示す構造計算書が偽造されていた問題の21棟(うち14棟は完成)について、国交省は、建築確認を行った民間の指定確認検査機関・イーホームズ(東京都新宿区)から関係書類の提供を受けて、強度の再計算を進めている。
 船橋市の賃貸マンション「湊町中央ビル」(10階建て)と川崎市の分譲マンション「グランドステージ川崎大師」(9階建て)の計2棟については、19日までに、その作業が終了した。
 この中で、建築物の骨格である柱や梁(はり)に、マンション自体の重みや家具や住民などの重量が常時、どれほどかかっているかを示す「長期応力度」を調べたところ、問題の2棟のマンションのそれは、建築基準法の許容範囲を逸脱していることが判明した。
 構造計算を請け負った姉歯(あねは)建築設計事務所(千葉県市川市)が、建物にかかる地震力の数値を約半分にして入力した結果、柱が細く、鉄筋が少ない建物ができあがっていたもので、国交省では「この長期応力度では、5年後とか10年後に、何も起きていなくても柱や梁が折れ曲がってくる恐れもある」とみている。
 同省では今後、マンション1棟1棟について、補修工事で間に合うか、それとも建て替えが必要かを、地元自治体と協力しながら詳しく分析するが、問題の2棟については、極端な耐震強度不足に加え、長期応力度にも問題があることが判明したことで、建て替えの必要性はさらに高まった。
 船橋市は20日、「湊町中央ビル」がある地元自治会向けに説明会を開く予定だが、入居者の男性会社員(26)は、「すぐに引っ越したいが、オーナー会社からは具体的な説明がなくどうしようもない」と怒りの表情。「グランドステージ川崎大師」の居住者からも「不安が増すばかり」との声が上がっており、川崎市が20日、説明会を開く。

(2005年11月20日3時0分 読売新聞)


長期応力で倒れるマンションって、話にならない設計ミスなんですが、今回のは
 ミスじゃなくて人為的な強度不足
なので、罪は重い。マンション住民も怖いだろうけど
 巻き込まれるかも知れない、周辺住民にとっては青天の霹靂
ってことだ。さっさと退居を進めて、問題のマンションを壊すしか手はない。
 で、更に問題は
 上記二棟についての調査が終わっただけで、まだ残りのマンション・ホテルの調査は完了してない
という点だ。まだまだ増える可能性はある。

|

« サーヤさすがだよサーヤ 今日のドレスは「カリオストロの城」のクラリス | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7226188

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション 自重で崩壊の恐れ:

» 強度偽装マンション 自壊の恐れも [先の見えない日本の未来を探そう!]
耐震強度が偽装されていた、一都二県のマンション21棟のうち、すでに居住者のいる千葉県船橋市の「湊町中央ビル(賃貸)」と、神奈川県川崎市の「グランドステージ川崎大師(分譲)」は、地震などが起こらなくとも、10年後くらいには崩れてしまう可能性があることが、国....... [続きを読む]

受信: 2005-11-20 14:38

» スタ☆メンにヒューザーからFAX [本当は痛いテレビ番組]
「乙女ロード」の特集が放映されるということで注目度の高かった「スタ☆メン」だが、姉歯建築士の構造計算設計書の偽造問題の方がすごかった。 太田光が姉歯建築士の写真に「一躍スターですね」 NPO法人「建築Gメン」の理事長が番組に出演し、専門家らしく確実な情報....... [続きを読む]

受信: 2005-11-21 02:46

« サーヤさすがだよサーヤ 今日のドレスは「カリオストロの城」のクラリス | トップページ | 耐震強度偽造マンション(その2) 広くて安いマンションのカラクリ »