« 耐震強度偽造マンション (その63) やっぱり京王プレッソイン池袋はアウト | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その65) コンサルタントは、耐震偽造ホテルのことを知っていた? »

2005-12-02

耐震強度偽造マンション (その64) 黒幕「総合経営研究所」は被害者面

onz3683

さて、とうとうどの媒体も取り上げ始めた、
 工期短縮工法を推奨していた総合経営研究所
だけど、
 被害者面して逃げる算段
をしている模様。

【コンサル】総○経○研★所ってどうだろう2棟目【U氏】スレッドより。


880 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 09:30:51 ID:IRQ1lr+5
うちの会社に総研のコンサル来てたけど、被害者ぶって謝罪がひとつもないよ。あいつらづらかる準備中だわ。ワッショイワッショイ。

885 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 09:53:31 ID:QJekJpgl
ここまで読んで

一連の物件はコストダウンのために
構造計算書を偽造し鉄筋量を減らしただけのものではなく
図面の段階から柱・梁が細く設計されており
正規の構造計算をすると
鉄筋が納まらなくなって躯体自体が成り立たない、
つまり構造計算書を偽造することが前提の建物である。

という理解でいいですか?

886 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 09:57:21 ID:???
>>885
さらに

問題が発覚してもコンサルには何も責任も罪も無い

というのが大事

887 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 10:08:33 ID:???
総研ははじめからどんな事があっても自分のところには責任が及ばないような仕組みを作っていた。
まあ、コンサルなんてどこでもそうだろうけど・・・

888 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 10:13:29 ID:???
いまは設計図面はほとんどCADで作成。
東南アジアの人間に書かせて、メールで送らせて、ノーチェック。
確認申請用図面と実施設計用図面が違ってることなんて業界では一般常識。


890 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 10:20:32 ID:???
総研と木村の間で交わされている契約書みたいなのがどうなってるのか??
きっと総研側で「いかなる事態が起こっても総研には責任は及びません」みたいな文言付いてるんだろうな。

892 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 10:33:26 ID:98u+jb+U
総○は今日も講習会をやっている。


893 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/02(金) 10:41:44 ID:???
最悪でも、ウッチー一人をヤって幕引き。それで、それより上は安心。下は大変だけどw


で、昨日の段階で総研はクライアントにFAXを送りつけていた。

712 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/01(木) 23:25:38 ID:???
総研から各業者にFAXを送っているようです。
姉葉設計事務所との関係との否定及び1人の設計士により会社の信用が失墜した事への無念
更に関係会社へ、此れからも宜しくとの事。

関連各社としてはそう願うしかないが、実際に偽装ビルを建てた会社は
今後倒産の危機に直面すると思われる。
それに対する謝罪文の一つも有って然るべきではと思った。


たぶん、FAXの中味は総研のサイトに掲載されていたこの文章だろう。現在削除されてみられない模様。

-->
G.M.C.

株式会社 総合経営研究所

このたび、世間をお騒がせしていることに対し、深くおわび申し上げます。

今回の一連の姉歯建築士による構造計算書偽造問題に関し、当研究所が開業の運営指導を行った幾つかのホテルにおいても偽造が発覚し、大変迷惑を受けているホテルも多々あり、大変遺憾なことと思います。
全国の中小ゼネコンや宿泊特化型ビジネスホテルの開業時の運営指導をこれまで誠実に行ってきましたが、寝耳に水の出来事であり、腹立たしさで一杯です。
今回の偽造問題では、当研究所が、主導的な役割を果たしているかのような報道もありますが、事実と異なる報道、誤解を受けるような報道もあり、当研究所の信用問題に発展しているため、ここに当研究所としてのコメントを発表させていただきます。

1.平成17年12月1日付読売新聞について

姉歯建築士を「この男なら安くなる」と紹介したとの記事の件
これまでの回答では、当社の代表者である内河が、姉歯建築士と面識のない旨を回答しました。
それと平行して全社員の姉歯建築士との面識を調査しました。
その結果、1名のみ姉歯建築士と面識があったことがわかりました。
1回目は平成15年11月10日です、その時に平成設計が、姉歯建築士を同行させていました。2回目は平成16年3月8日、平成設計が設計図を提出する際に、同じく同行していました。
まず、平成15年11月、横浜市の設計会社に対し、港区のビル(オフィスビルではありません)の件に関して平成設計を紹介したことがありましたが、その際に、平成設計が姉歯建築士を同行しており、当社従業員が姉歯建築士と顔を合わせました。
この時、姉歯建築士は平成設計が連れてきたものであって、当社が姉歯建築士を「この男なら安くなる」などと紹介したことは、一切ありません。
平成16年3月、平成設計が設計図を作成し、提出致しました。
その際、同席していた横浜市の設計会社の関係の建築士が、姉歯建築士に対して設計についていくつか質問していましたが、それに対する姉歯建築士の対応が、「要領を得ず頼りないものであった」ため、当社は、この提案自体を取り下げるべきであると、平成設計に言い、実際この提案は白紙に戻りました。
従って当社としては姉歯建築士の計算した建築図面は、採用されていないと考えておりました。さらに以後の他のプロジェクトについても「平成設計は、姉歯建築士に構造設計を依頼すべきでない」と言い、平成設計の山口社長からも了解した旨を確認しました。
なお、当該プロジェクトは、他社設計会社及び他社施工会社の施工で完成に至っていると聞いております。
いずれにしろ、当社が姉歯建築士を設計会社に紹介してということは一切ありませんし、姉歯建築士とは直接の関係はありません。             

2.木村建設との関係について
木村建設とは、20年以上前になりますが、当社のセミナーに参加され、経営指導を申し込まれてきたことがつきあいの始まりと認識しております。指導は2年以上も前に途切れておりますが、過去の経営指導の重点は経営数値から経営方針をたて、経営方針に基づいての経営管理を重点的に指導しておりました。
 工期の短縮及びコストダウンは海外から導入した型枠を用いて、工法から変えていったことによるもので、決して鉄筋を減らせなどという指導は致しませんし、人命を無視して建物を建てることなどもってのほかです。

3.平成設計との関係について
弊所ホテル指導部門はビジネスホテルの開業指導を行っておりますが、平成設計はビジネスホテルの設計を数多く手掛けており、ビジネスホテルの仕様、デザイン、設備等について非常に理解しており、信頼できる業者としてのお付き合いをしておりました。実際には平成設計とは人的交流も資本関係も全くございません

4.弊社所有ビルに木村建設、平成設計が入居していることについて
木村建設が総研ビルに入っていたり、平成設計が水道橋のビルに入っているのは、当社のビルが空いたときに、賃貸させてほしいという希望がありましたので、お貸ししたということだけであり、一体的に営業をしていたということではありません。

5.内河の体調、黒幕、指南役説について
弊社所長内河は海外業務から帰国後の体調不良と高齢、さらに多数のマスコミからの取材の申し込みを受け、個別に対応することはとても困難な状況です。
資格を有する一級建築士がこのような偽造に関わっていたこと自体、今も信じられない気持ちです。
耐震強度偽造については、すべてがまだはっきりわかっていない状況なので、具体的な方向性は見えません。しかし、一級建築士のモラルの問題が最も大きいと思われることと、確認検査制度そのものの改善も必要なのではないかと思っております。
一部報道にある「黒幕」説は全く事実に反するものであり、大変迷惑を被っている次第であります。

これまで誠心誠意お客様のことを考え、仕事をして参りましたが、ひとりの、今まで存じ上げなかった建築士により、これまで築き上げてきました信頼を失うことは、青天の霹靂です。お客様に迷惑をかけることになっていることについては、情報収集に努めており我々が協力できることについては、現在検討中であります。

|

« 耐震強度偽造マンション (その63) やっぱり京王プレッソイン池袋はアウト | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その65) コンサルタントは、耐震偽造ホテルのことを知っていた? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7427414

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その64) 黒幕「総合経営研究所」は被害者面:

» 続々耐震強度偽造マンション問題 [時事チップス]
 近所に「恐怖のお化け屋敷」ができた。  入ってみたが、全然怖くなかった。  でも、出口のところにあった張り紙には、震え上がった。 「この建物は、全国にある『耐震強度偽造建物』のうち、最も倒壊の危険性が高いと認定されました」 ● 耐震強度偽造(偽装)マンション問題 ●  http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/16845376.html  http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/17103353...... [続きを読む]

受信: 2005-12-02 13:55

« 耐震強度偽造マンション (その63) やっぱり京王プレッソイン池袋はアウト | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その65) コンサルタントは、耐震偽造ホテルのことを知っていた? »