« 耐震強度偽造マンション (その82) 証人喚問終わる(速報) | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その84) 「あるホテル支配人」氏の主張 木村建設は悪くありません 木村建設部長から話を聞いてまとめてみました(承前) »

2005-12-16

耐震強度偽造マンション (その83) 総合経営研究所の指導でホテルを建てました 木村建設を信じています 鉄筋量が少ないのは、うちも同じですが、「塩見」「中山構造研究所」が構造計算したものは大丈夫です という「あるホテル支配人」氏の主張

本当かどうかわからないが、
 総合経営研究所の指導でホテルを建てた
という人物が書き込んでいるスレッドが、なぜか2ちゃんねるの「プロレス板」にある。
姉歯建築士はガチスレッドより。
この「あるホテル支配人」を名乗る人物は、基本的に
 木村建設性善説・姉歯だけが悪説
を唱えている。なぜ、
 構造的にアウトであるはずの「工期短縮工法」を全国のホテルオーナーが受け入れているのか
がわかる書き込みなので、以下、現在までにアップされている分を貼っておく。

まずは、
 11/29の参考人招致直後 木村建設の指示は間違ってないが、姉歯建築士は、腕が悪いから「構造計算書を偽造した」 「株式会社 塩見」の設計した、同じように鉄筋量の少ない構造の建物は国の検査をパスした編
を。


234 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 16:30:28 ID:DxW5Y7X30
姉歯だけは本当にガチ。
今日、木村建設の人が説明に来た。
姉歯は設計が下手だから余所と同じ鉄筋の量を使っても 規定の構造強度がだせなかった
故に、構造計算書を偽造して出していた、ということだ。

235 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 16:39:22 ID:KIJFQ2w60
木村建設の言うことなんてよく信じるなw
あの篠塚とか木村社長の顔見たか?
あんな悪人どもを信じるなよw

239 :234 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 19:11:08 ID:DxW5Y7X30
>>235
ホテル建ててた半年間付き合ってた連中だからな。
上の連中はよく知らんが現場の連中のレベルは凄かったぞ。
現場の安全管理の徹底、コスト管理に対する厳しさ。

下請けの業者が少しでも工期から遅れようもんなら怒声一発!!
ナァナァでぬるい仕事してた下請けの土建屋専務が半泣きになるぐらい正論でなじってたっけ。
社長と篠塚の顔だけで判断してちゃいかん。


240 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 19:16:25 ID:KIJFQ2w60
>>239
それは確かに正論だが、トップがあの姿勢だぞ。
会社そのものを疑うのが普通じゃないか?
なんだあの木村の「知りましぇんです」発言とか
人の話を聞かずにいきなり「木村建設の木村です」と自己紹介始めるボケはw
あれ演技でボケてたならほんとにあんな腹黒たぬきはいないよ。
責任もすべて篠塚元支店長に押し付けて、最低だよ。

241 :234 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 19:17:35 ID:DxW5Y7X30
今日、その現場監督と会って事の詳細と今後のことを相談してきた。
篠塚が悪人面でリベートを受け取っていたのも事実だが、たかだか合計で200万程度。
しかもそれを横領で着服してたわけじゃなくて、経費削減がうるさすぎて営業費が足らなくなったからやったんだと。

242 :234 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 19:26:02 ID:DxW5Y7X30
>>240
社長の証人喚問のときの態度についてだけど
前々日から弁護士と相談してある程度の用意はちゃんとしていたそうだ。
しかしそれは姉歯容疑者がいることが前提で考えていたから
いざ当日になったら姉歯がキャンセルしたせいで証人喚問の段取りが変更され いきなり社長の番になってしまったからぱにっくでアタマ真っ白になっちまったんだと。
結果としてあのボケボケ振りになったわけだが。

243 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 19:37:48 ID:KIJFQ2w60
いずれにしても、木村社長は無責任すぎだろ。
篠塚支店長にはサラリーマンとしての悲哀を感じるが・・・
あなたが言っていることが事実だとしても、あまり木村社長は
機転が気かなすぎだろ。

244 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 19:49:25 ID:pEGH0/DN0
>>234
姉歯は設計が下手だから余所と同じ鉄筋の量を使っても
規定の構造強度がだせなかった。
故に、構造計算書を偽造して出していた、ということだ

これって事実と矛盾してるじゃん。
そもそも姉歯に鉄筋減らせと指示したのは篠塚だろ
国会証人喚問でも篠塚本人が証言してる

249 :234 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 20:13:20 ID:DxW5Y7X30
>>244
それについては矛盾はしない。
なぜなら必ずしも鉄筋の数=強度とはならないからだ。
今日は現場監督と会うときに建築Gメンの人にも同席してもらって
その人から聞いたんだが重要なのは応力計算と鉄筋とコンクリートの割合だそうだ。
事実、木村建設が総研から最初に紹介された中山とかいう建築構造の人
そこら辺が神だったらしい。
1階の柱には鉄筋10本使ってても
上の階に行くほど応力が弱くても大丈夫になるので
最上階になると鉄筋が柱に4本ぐらいになる
らしい。
最初それを現場監督が見たときびっくりして「本当に大丈夫なんですか?」って聞いたら
自信満々に「大丈夫です」と言ったらしい。
事実、その建物は国の検査をらくらく通ったそうだ。
ただしその人は設計にやはり時間がかかる人で
10パターンぐらいモデルを作って一番鉄筋の少なくコストを抑えられる図面をよこしてきたそうな。
おまけにそれだけ手の込んだ計算をする人だから
報酬が業界の相場平米@五百円の倍ぐらいかかる人だったと言うわけ。

250 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 20:24:49 ID:KIJFQ2w60
>>249
それは国の審査をパスしたの?
審査してのはイーホームズとか日本ERIとか民間でなく
役所が審査したってこと?

253 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 21:06:21 ID:pEGH0/DN0
>>239
論理のすり替えに必死だが関係者なのかw?


254 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 21:08:07 ID:KIJFQ2w60
関係者だろw


255 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 21:25:19 ID:DxW5Y7X30
>>239に書いてあるとおり関係者です設計は幸い姉歯じゃなくて塩見と言う大手のとこだったから良かったけど。ちなみに塩見の主な取引先↓
http://www.shiomi.co.jp/company/torihiki.html
うちから何か出るようなら国中どこに行っても安全な建物なんてないよ。


>>250
」検査が民間委託される前の話です。

256 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 21:31:25 ID:pEGH0/DN0
「あるホテルの支配人」というHNなのに、塩見のURLに下に
「う ち か ら 何か出るようなら」だってw 宣伝乙w


257 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 21:33:22 ID:kqCUNvca0
小嶋よ東京湾に沈めるぞ

258 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 21:42:32 ID:DxW5Y7X30
>>256なんでだ?
うちのホテルは木村建設が施工したけど、設計士はしっかりした塩見を使ったということを言いたいだけなのだが?
今、マスコミの論調だと木村とヒューザーが完全にヒールとして扱われているから、付き合いのある木村の汚名だけでも返上してあげたいだけなのだが。
ヒューザーは付き合いがないから知らんが

262 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 21:47:21 ID:DxW5Y7X30
何しろ木村の造ったホテルだけで全国で200件以上もあってほとんど同じ外観をしています。
、どれも一般の人から見たら同じに見えてしまうから、ビジネスホテル業界は今悲鳴を上げていて必死なのです。

263 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 21:50:00 ID:DxW5Y7X30
>>259
たまに見るけどファンまでは行かないな。

ここに来た理由はほかに落ち着いて擁護できそうなとこが無かったからかな。

260 :お前名無しだろ :2005/12/04(日) 21:46:21 ID:KIJFQ2w60
>>258
何度も言うが、木村のあの社長の態度は叩かれてもしょうがない。
詫びのひとつもなかったのは木村だけ。
ヒールになっているというか、ヒールだよあれは。
木村なんて擁護しても誰も耳を貸さないとおもうぞ。

266 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 21:58:10 ID:DxW5Y7X30
>>260
うん、俺もそう思う。
TVで生で見てたけどあれはひどいなと思ったもの。
実際、今日現場監督が来て説明聞くまで「はめられたー!!」って思ってたもの。
ホテルで解体決定したり業務停止食らったところは本当に酷いありさまだよ。
支配人つながりで電話したけど元気が無いのがムッチャクチャ伝わってきて
気の毒すぎて禄に話せなかったよ。

269 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 22:03:38 ID:DxW5Y7X30
>>264
正直ネタスレだから本当のことが落ち着いて書けたりするのだが。
他のとこだと相手が多すぎて相手を仕切れないかもしれないし。
明日までに現場監督と建設Gメンのおっちゃんと交わした内容をまとめてくるので、
もし良かったらこのことを活発に議論しているところを教えてくれませんか?

273 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/04(日) 23:09:17 ID:DxW5Y7X30
>>271
おk、覚えた。ノ ア だ け は ガ チ !!
んじゃ、これも心に留めておいてくれ。
木村と姉歯は片ヤオ。もちろんヤオは姉歯。

それじゃそろそろ帰ります。まだ仕事場で書いてるのよねこれ。
明日は書きたいことがまとまったらこのスレとここで↓投下する予定です。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1133089334/

ここで名前が挙がっている
 木村建設の指示通り鉄筋量を減らしても、構造計算審査をパスする「株式会社 塩見」
は、以下のようなアナウンスを二回にわたって出している。


ニュース

平成17年12月15日

取引き先各位
(株)塩 見
代表取締役 難波 清孝
構造計算書の偽造報道に関する報告

弊社は、構造設計及び耐震診断業務で年間約23億(平成16年度)の売上げをしている国内大手企業です。多くの取引先があり、その中に現在、報道されております平成設計との取引もありましたが、当社が担当致しました物件については、建築基準法に則って構造計算書を作成しており、何ら違法行為はしておりません。
現在、建設会社やデベロッパー様より既存マンション等の構造検討業務の依頼を頂き、業界では信頼の高い会社として好評を頂いております。

平成17年11月21日
構造計算書の偽造報道に関する報告

時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃より、当社に対しましてご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、平成17年11月17日 国土交通省より 姉歯建築設計事務所による構造計算書の偽造とその対応について、発表が行われました。
(株) 塩見は、本社並びに各支社とも 姉歯建築設計事務所とは一切業務取引きも無く顧客でも協力事務所でもありませんのでご報告いたします。
また、取引先様からの構造設計の依頼に際しては、建築基準法に則って構造計算書を作成しており、何ら違法行為はしておりません。今後とも、ご愛顧の程 よろしくお願い申し上げます。


姉歯建築設計事務所とは関係がないのだが、
 木村建設の構造設計を請け負っていた
のは間違いない。
で、
 木村建設の建てたホテルはみな「姉歯建築設計事務所」並の鉄筋量
という、上記「あるホテル支配人」さんの主張は、日経でも報道された。

木村建設のホテル、多数が「姉歯物件」並みの鉄筋量

 耐震強度偽装問題で、社長らが14日に国会で証人喚問された木村建設(熊本県八代市、破産手続き中)が全国で建設したホテルは、姉歯秀次・元一級建築士(48)が関与した以外の物件でも、姉歯元建築士の設計並みの鉄筋量しかないことが15日、同社の内部資料で明らかになった。中には「姉歯物件」を下回る鉄筋量の物件もある。
 国土交通省これらの物件でも耐震性の偽装が行われたり、耐震性が不足した物件がある可能性もあるとみて、当初の予定より調査対象を拡大、木村建設物件を重点的に調査する方針。調査結果によっては耐震強度が不足する問題がさらに拡大する恐れが出てきた。 (16:00)


つまり、現在
 「あるホテル支配人」さんのホテルは国交省の審査対象
になったのだ。
読売の報道。

木村建設施工のホテル、姉歯以外の9棟も鉄筋料不足か

 耐震強度偽装問題で、「木村建設」(熊本県八代市、破産手続き中)が施工したホテルのうち、姉歯秀次・元1級建築士(48)が構造計算に関与していない9棟のホテルで、鉄筋使用量が「姉歯物件」並みに少ない可能性があるとして、国土交通省は15日、実態解明に乗り出した。


 木村建設が施工した物件の構造計算は、姉歯元建築士以外、特定の2、3社に集中していることから、同省では、木村建設関係者からの聴取と並行して、これらを含む設計事務所数社からも事情を聞く。

 ホテル9棟の強度不足の疑いは、14日の衆院国土交通委員会で証人喚問された木村建設の篠塚明・元東京支店長(45)が提出した内部資料から浮上した。1996年12月〜04年11月にかけて着工したとする31棟のホテルの「積算対比表」で、各ホテルの階数や床面積などのほか、1平方メートル当たりのコンクリート使用量や鉄筋量を記載している。

 個々のホテル名と、姉歯事務所以外の構造設計担当者名は黒塗りされているが、姉歯元建築士が構造設計した14棟は、1平方メートル当たりの鉄筋量が59・2〜102・5キロで、大半が70キロ以下だった。

 これに対し、姉歯事務所以外が構造設計を担当し、すでに完成しているホテルは14棟。このうち、98年11月に着工したとされるホテルなど2棟の鉄筋量は、最も鉄筋量の少なかった「姉歯物件」を下回っていた。

 構造設計の専門家によると、10階建て程度のホテルであれば、通常、鉄筋量は1平方メートルあたり90〜110キロなければならず、「70キロ以下は常識外の数字」だとしている。

 14日の証人喚問で篠塚元支店長は、「鉄筋量などのコストダウンは姉歯元建築士以外にも求めていた」「会社として1平方メートル当たり70キロ以下でやってもらっている」などと証言。この証言通り、積算対比表では、鉄筋量が70キロ以下で、建築基準法の定める耐震強度を下回る可能性のあるホテルが、「姉歯物件」以外にも9棟列挙されていた。

 同省では、木村建設が施工し、姉歯元建築士の関与が不明な169棟をリストアップし、関係自治体を通じて耐震強度不足の建物がないか調査している。当初、調査結果の報告期限は今月26日としていたが、「対比表」に挙げられたホテルの特定を急ぎ、耐震強度が不足していないか、緊急調査することにした。同省幹部は「実際に耐震強度不足のホテルが建っていたら、大変な事態。実態解明を急ぎたい」としている。

(2005年12月16日3時2分 読売新聞)


続き。

305 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:16:33 ID:BNs0rdK40 流れをぶった切ってすまん。 >>237で書いたまとめが予想以上に大きくなってしまった。 まだ半分しか出来てないけどとりあえず投下したいと思います。

306 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:17:39 ID:BNs0rdK40
間違った>>273だったorz

307 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:18:23 ID:BNs0rdK40
私は木村建設の建てたあるホテルの支配人です。
昨日、木村建設の現場監督だった方が今回の姉歯事件についての説明に来ました。
その顛末をまとめて伝えようと思います。
ちなみにヒューザーについては何も知らないので質問はご容赦願います。

1 今回の事件で一番儲けたのは誰か?
これについて申しあげると、「総合経営研究所(以下、総研)」が一番儲けており 姉歯容疑者はそのおこぼれに預かっていたといった所でしょう。

総研に関してはすでにマスコミが報じているように多額の中間マージンをとってぼろ儲けをしています。
コンサルタント料、木村建設からのキックバック、その他建設資材のほぼ全てを自分の息のかかった会社に発注させて其処からもキックバックを貰っていた訳ですから相当な額になります。

姉歯容疑者については、一般的にマンション、ホテルなどの高層建築物の構造計算というものは 一人の建築設計士が行った場合、強度計算や地震の時に建物にかかる応力計算などで少なくとも1件につき一月近くかかるのが常識だそうです。
それを姉歯容疑者は月に4件から6件ほど手がけていました。

木村建設が姉歯容疑者に対して支払っていた報酬1㎡あたり五百円です。
1㎡あたりの単価としては業界の適正値です。私のホテルをモデルに元に計算すると 11階建てで延べ床面積が大体2,300㎡×500円=115万円程となります。
つまり大雑把に言えばホテル一つで百万円前後の収入となります。
普通の建築士だったら一月に一件から二件ほど仕事をこなせば 大体年収は1200万〜2400万円程にとなります。が、 姉歯容疑者は常識はずれのスピードで仕事を手抜きでこなし、その4倍から6倍は稼いでいます。

308 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:18:56 ID:BNs0rdK40
2 木村建設は手抜き工事をしていたのか?
では、木村建設はどうだったでしょうか?
一見、十数年でホテルだけでも200棟以上、マンションもそれと同等数建設したと聞けば 誰しも儲かっているようなイメージを想像します。
しかし、今回内情を聞いてみたところ相当の自転車操業だったようです。
木村建設のコンサルタント会社である(以下、総研)から ローコストハイクオリティの建築手法を学び、数年のうちに現場のノウハウを成長させ 11階建てのホテルやマンションを建てるのに 一年かかる所を9ヶ月に、8ヶ月に…と、どんどん早くなり 最終的には半年で建てられるようになりました。
工期を短縮することでより安い見積もりで工事を落札できるようになります。
結果として木村建設は業界相場の1〜2割引きの見積もりで工事を請け負えられるようになります。
「早く、安く建てたければ木村に頼め」というのがマンション、ビジネスホテル業界での合言葉になりました。

309 :お前名無しだろ :2005/12/10(土) 20:19:17 ID:u8Fqw2kP0
がんば!支配人

310 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:19:26 ID:BNs0rdK40
さて、問題はここからです。
連日マスコミで報道しているように「早く、安く建てるために手抜き工事をしていたのではないか」と疑問に思われるのも当然です。
施費を相当低く見積もっている上、他の大手建設会社では不可能なスピードで完成させるのですから 実情を知らない人たちからしてみれば、そう思われても仕方ないことかもしれません。
しかしそれは、木村建設が総研から技術指導を受けてホテル、マンションに特化した形で 技術を磨いてきた結果、通常の半分の工期で完成させることが出来るようになったのです。

これは現場を見てきた私の見解ですが、彼らの工期厳守、現場管理の徹底ぶりは目が覚めるような見事なものでした。
木村建設は一番最初に計画が持ち上がった時点で、 すでに以前の建物の解体から基礎工事、躯体作り、配線配管、内装備品の搬入まで1日ごとの具体的な計画書を出してきました。
外壁や内装品に多くの海外資材を使っている関係上、その発注、船便のスケジュールの管理を徹底して倉庫代を浮かせる。
品物は届くその日のうちに搬入するなど、かなり綿密な計画書を出してきたのです。

その中で、私の前の建物を解体するのに、木村建設は私の地元の建設会社を下請けとして使いました。
しかし、事前に綿密に打ち合わせをしていたにも拘らず、地元の下請け会社は3日も工期を遅らせてしまいました。
その後の打ち合わせで、現場監督が下請け会社の専務を正論で罵倒し倒し、 見っとも無く食い下がろうとする下請け専務を、半泣きになるまで責め続けている姿を見て 「本当にこの人たちはとてもシビアな仕事をしているのだな」と感心しました。
それとは対照的に、見るに堪えない小学生のような言い訳を繰り返す下請け専務にはとても失望しました。
以前の建物をその下請け会社に建ててもらっていただけに余計、木村建設の仕事振りに感心したわけです。

311 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:20:07 ID:BNs0rdK40
また、鉄筋量が少ないことについて疑問がでなかったのかという件についてですが、 これもちゃんとした理由があります。
木村建設が総研から姉歯容疑者を紹介される前は、構造設計は他の色々なところに発注していました。
その中に「中山構造研究所」↓というところがあります。
http://www31.ocn.ne.jp/~naae/

この会社は構造計算に関しては相当有能なのだそうです。
何しろひとつの物件に対して10通りもの違ったパターンの構造計算書を作り
その中から一番コストが安く上がるものを提出する、といった念の入った仕事だったそうです。
その中山構造研究所から送られてきた計算書は極力鉄筋量を少なく、且つしっかり強度を出すというものでした。
あまりの鉄筋量の少なさに、当時の現場監督が目を丸くして「本当にこれで大丈夫なのですか?」 と尋ねたところ「絶対に大丈夫です」と自信を持って即答されたそうです。
事実、その計算書はすんなりと建築許可が下り(まだ建築許可が民間委託される前の厳しかったときの話です) 設計図どおり木村建設が施工したその建物はいまだに不具合もなく、しっかりと建っているそうです。

その、中山構造研究所の人曰く、
「鉄筋が多ければ良いという物ではない。重要なのは鉄筋とコンクリート、そして建物自体の重さとのバランスだ」

と言う事だそうです。
このことに感銘を受けた木村建設の現場監督たちは、 設計しだいでちゃんと適正にコストを下げられるのだということを目の当たりにしたわけです。
鉄筋の量が多少、少なくても「そういう新しい工法が出来たのか」と思うようになります。

少なくとも当時は、検査を通った設計図を疑うという意識はなかったそうです。
ただ、この中山構造研究所。仕事はすばらしいのですが手数料が相場の倍で、念入りな仕事をするため なかなか速く仕事を上げることが出来なかったのが欠点なのだそうです。
そこで、総研からの紹介仕事の速い姉歯容疑者の登場と相成ります。


312 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/10(土) 20:26:04 ID:BNs0rdK40
とりあえずここまでまとめました。
ここからさらに今回の問題の核心に触れていくのですが
なかなか時間が取れないo..........rz
今後書く予定のこと↓

3 木村建設と総合経営研究所と姉歯建築士の力関係について

4 建築Gメン内部での見解の違い【地震を想定した応力計算の違いについて

5 建築規制緩和、姉歯の堕落、チェックの難しさ

6 今後建設業界に望むこと

以上のことをなるべく早く書くつもりですが
何しろ時間が取れないので、首を長くして待っていてください。
では失礼いたします。

長くなったので、次のエントリに続きを。

|

« 耐震強度偽造マンション (その82) 証人喚問終わる(速報) | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その84) 「あるホテル支配人」氏の主張 木村建設は悪くありません 木村建設部長から話を聞いてまとめてみました(承前) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7646245

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その83) 総合経営研究所の指導でホテルを建てました 木村建設を信じています 鉄筋量が少ないのは、うちも同じですが、「塩見」「中山構造研究所」が構造計算したものは大丈夫です という「あるホテル支配人」氏の主張:

« 耐震強度偽造マンション (その82) 証人喚問終わる(速報) | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その84) 「あるホテル支配人」氏の主張 木村建設は悪くありません 木村建設部長から話を聞いてまとめてみました(承前) »