« 耐震強度偽造マンション (その83) 総合経営研究所の指導でホテルを建てました 木村建設を信じています 鉄筋量が少ないのは、うちも同じですが、「塩見」「中山構造研究所」が構造計算したものは大丈夫です という「あるホテル支配人」氏の主張 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その85) 「あるホテル支配人」氏の主張 姉歯物件どころではない 全国のホテル・旅館経営者は震撼している »

2005-12-16

耐震強度偽造マンション (その84) 「あるホテル支配人」氏の主張 木村建設は悪くありません 木村建設部長から話を聞いてまとめてみました(承前)

構造計算の素人である「あるホテル支配人」さんの書き込みの続き。この時点では、まだ
 うちのホテルは大丈夫
という自信に溢れている。
姉歯建築士はガチスレッドより、
 姉歯元設計士を木村建設に紹介したのは、総合経営研究所の内河健所長、仕事が早いので、木村建設は上得意ほど姉歯元設計士に仕事を回した編
を。


320 :あるホテル支配人@自宅 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/11(日) 01:15:15 ID:sLatHfCf0
皆さんご支援ありがとうございます。
私も早くこの件について全て書き上げて
N速+あたりに上げたいなあと思っていますが、
何しろ事実確認を行いながら書いているので、なかなか速く書くことができません。
今後はとりあえず章ごとにまとまり次第速く投下できるようがんばりますので
なにとぞよろしくお願いいたします。
では皆様おやすみなさい。
ノシ

324 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/12(月) 09:06:21 ID:QHtu/0ir0
おはようございます。
とりあえず3つめの力関係についてのまとめが終わったので投下したいと思います。

325 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/12(月) 09:07:51 ID:QHtu/0ir0
3 木村建設と総合経営研究所と姉歯建築士の力関係について
マスコミでは連日、姉歯容疑者がまるで建築業界の圧力による被害者であるかのように報道されていますが事実は違います。
総研から木村建設に姉歯容疑者が紹介されたのは約7年前
当時の木村建設は業界でも頭角を現しだし大量の仕事を抱えるようになります。
このころの木村建設の年間売り上げは100億円を超えていました。(大部分は総研によって利益をピンはねされていたのですが)
ホテル一軒で約4億から5億円ほどの売り上げとなりますから、
単純計算でマンション、ホテル併せて年間20件以上もの仕事を抱えていたことになります。
そうなりますと仕事の速い構造設計士が必要となってきます。
そのとき会社の救世主であり、仕事を斡旋してくれる「先生」である
総研の内河健所長じきじきの紹介姉歯容疑者に会うこととなります。
ただでさえ頭の上がらない内河所長じきじきの紹介であり、 実際仕事の速かった姉歯容疑者は木村建設においては相当重宝がられます。
木村建設の中では上得意の顧客ほど「先生お願いします」と姉歯容疑者に仕事を回していたそうです。
それだけ当時は信頼もされており、構造設計は姉歯容疑者が手一杯のとき以外は他のところに回さなかったそうです。
そうするとこの時点で力関係では
総研>姉歯>木村建設
という形になっていたことになります。
つまり姉歯容疑者が主張している
「他に構造設計氏はいくらでもいる」という台詞は、少なくとも木村建設からは出るはずがありません。

326 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/12(月) 09:20:04 ID:QHtu/0ir0
姉歯容疑者は主にマンションの設計を主に任されていたので、
無理な注文を付けたとするのならそれはおそらく
施主(依頼人)であるヒューザーである可能性が大きいということです。

とりあえず今回は以上。
次回からいよいよ込み入った話になってきます。
全国のホテル旅館組合が、ガクガクブルブル(AA略
するようなお話
になってきます。
それでは失礼いたします。

327 :お前名無しだろ :2005/12/12(月) 18:02:42 ID:pQwtsyuv0
>>326
支配人さん乙です。
貴方のお陰でこのスレくるの楽しいよ
プロレスの真髄は裏切り→和解→再び裏切り→再び和解→三度裏切りのループだから プヲタは何があっても楽しめる人種なんで
これからも安心して書き込んでね

続き。
 建築Gメンだって、構造計算の偽造は見抜けない編

347 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:15:55 ID:YElftXQF0 おっしゃーまとめ終わったぞー。 全部まとめて投下します。 誰かいたら支援よろしく。

348 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:16:43 ID:YElftXQF0
4 建築Gメン内部での見解の違い、チェックの難しさ【地震を想定した応力計算の違いについて】

皆さんは建築Gメンという組織をご存知でしょうか?
http://www.kenchiku-gmen.or.jp/
この方たちは1995年の阪神淡路大震災の教訓から違法建築を撲滅するために
構造計算士の有志によって立ち上げられた、耐震強度検査のプロフェッショナル集団です。
主な活動は、個人の住宅に欠陥工事がなされてないかどうかを検査していますが、
高層建築物の構造計算も手がけております。
それゆえに都道府県庁の建築指導課と太いパイプを持っています。
ここからOKが出れば、公官庁からのお墨付きを頂いているのと同じということです。
私のホテルもこのかたがたに検査していただき、耐震安全宣言書を作成中です。

ただ、この安全宣言についてですが高層建築物については、
少し話がややこしくなっております。
それというのも、耐震建築学というものが出来たのが、
阪神淡路大震災の教訓で発達してきたものであるため、
まだまだ学問としては完成されてはいないからです。


349 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:17:04 ID:YElftXQF0
高層建築物の構造計算には「短期応力」と「長期応力」の双方を計算します。
この短期と長期の違いは、短期応力が地震による揺れに対する応力計算です。
長期応力はその建物が30年以上もの長い間建ち続ける力が有るかどうかの計算です。
(これを怠ると韓国のデパートのように、何も原因が無いのに
建物がある日突然崩れるといった事故が起こります。)

これに対し、短期応力の計算には耐震建築学の知識が必要となります。
耐震建築学では構造計算学は元より地質学、地震学、地質が地震の波をどのように伝えるのか、
といった多種多様な学問を身につける必要があります。

350 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:33:51 ID:YElftXQF0
問題はこれら短期応力計算に必要な多様な学問に対して、学者の方々それぞれに考え方の違いがあり
それによって出身大学ごとの学閥があることなのです。
たとえばA学閥の人は「この建物は大丈夫であろう」とOKを出しても
Bの学閥の人から「ちょっと待て、そこの梁の応力計算は違うのではないか?」
というような見解の齟齬が出てくるのです。
専門家の中でさえ、このように意見が分かれるものであるのですから
今、マスコミが散々印象操作している「こんな偽造、見れば一発でわかる」
などといった迂闊な事は言えないのです。

これは私の推測ですが、マスコミがあのような適当なことを、もっともらしげに放送するのは、
マスコミのスポンサーである大手建設会社からの圧力があるのではないかと思います。
何しろ後ろ暗いところがあるのはむしろ大手建設会社の方にあるのですから。


この「あるホテル支配人」さんは
 木村建設の現場監督と建築Gメンに見てもらったが「うちの物件は大丈夫」
というのが、この書き込みの時点でのスタンスだった。

さらに続き。
 構造計算を民間に、そこで堕落が始まった編
を。


351 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:34:34 ID:YElftXQF0
5 大手建設会社による穴だらけの建築規制緩和、姉歯の堕落

1995年の阪神淡路大震災以後、地震により数々の高層建築物が倒壊したため建築基準法が大幅に厳しくなりました。
また、倒壊家屋も多数に上り木造家屋にも耐震性が求められるようになりました。
そして何より、倒壊した既存の建物のほとんどで「手抜き工事」と思われる
違法建築の数々が暴露されました。
(有名な例としては高速道路の橋げたのコンクリートの中から建築産業廃棄物が多数出てきたことなどですね)

これに危機感を感じた各自治体はそれぞれの建築指導課へ管理を徹底させるために圧力をかけます。
そうすると一番仕事がやり難くなるのはどこか?
もちろん大手ゼネコンですね。自分たちのいい加減な仕事が暴露されたわけですから。
そこで困ったゼネコンは政治家に働きかけて、建築確認を自分たちの子会社で行えるよう民間委託の推進を図ります。

352 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 11:35:03 ID:YElftXQF0
1998年、橋本龍太郎政権の下、民間委託法案が通り
これによって出来たのが「イーホームズ」などの民間検査機関ということになります。
本来ならば住民の生命を守る重大な問題は公正な第三者が監督管理しなければいけない筈です。
しかし、親会社が大手ゼネコンである民間検査機関の審査は当然ざる審査になります。
親会社の仕事に厳しく審査して、けちをつけるなどという事は出来るはずはありません。
そんなことをしてしまえば検査の仕事は余所へと逃げてしまいますから。
こういった大手ゼネコンのやらせの構造が、今回の問題の大前提となっているわけです。

姉歯容疑者も1998年ごろまでは、まっとうな仕事をしていたようです。
しかし、前出の「中山構造研究所」と違い、姉歯容疑者には効率の良い構造計算が出来ませんでした
そこで姉歯容疑者を犯罪に走らせるプレッシャーがかかってきます。
施主側(ヒューザーなど)からのコストダウン要求、
総研の内河所長からの圧力。現場から(中山や塩見などに比べて)鉄筋量が多すぎるという の苦情などなど。相当なクレームが来ていたそうです。
そこでやってしまったのが、ザル審査の「イーホームズ」を使っての計算書の偽造という、 一番やってはいけない事に手を出したわけです。
これが今回の騒動の顛末であると私は確信します。

「あるホテル支配人」さんが
 今後の建築界に望むこと編
は以下。


353 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 12:08:04 ID:YElftXQF0
6 今後建設業界に望むこと

まず第一に、建築確認機関は行政が行うか、
アメリカのように損保会社にやらせるべきだと思います。
利害関係の一致する今の現状では碌な事にはなりません。
大手の手抜き工事ばかりが増えるだけです。

第二に建築業界は今の談合体質をやめ、木村建設のように 技術開発によるコスト削減を目指すべきでしょう。
他の業界が技術開発でコストダウンと高品質化にしのぎを削っているこのご時世に、 いまだ昔ながらの談合なあなあ主義で仕事をしている建築会社は努力が足りません。

木村建設は設計図どおりの仕事をこなすスピードは飛びぬけておりました
(今回の件ではその設計図事態が狂っていたため槍玉に挙げられていますが、 彼らは誠意あふれる人たちです。実際に破産した後わざわざ現場監督は「ご迷惑をおかけしました」 と謝罪に来られました。少しでも後ろ暗いところがあれば、
首を飛ばされた社員がそんなことをするはずもないですし、その義務も責任もありません
その九州男児の心意気に感銘を受けたため、このように木村建設を擁護する文を書いております。
普通なら行方をくらまして逃げてますよね?)

今回の問題が、大本のイーホームズ設立のいきさつに踏み込んで、
日本全国にあるであろう建設業界の談合体質を解体するきっかけになればと思います。

354 :お前名無しだろ :2005/12/14(水) 12:08:06 ID:ZA1Pis/a0
支配人来てた〜
お疲れさまです

355 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 12:09:08 ID:YElftXQF0
以上で、私が木村建設部長からお聞きした真相の全てです。
皆さん、マスコミに惑わされないでください。
木村建設もまた被害者なのです。
脱総研を数年前から計画し、総研以外の独自の資材購入ルートを開拓し、
総研に代わる有能で良心的なコンサルタントの方を見つけて、 やっと利益の出る仕事が出来るようになったばかりなのに今回の問題がでてしまった。
技術者バカがうまくだまされ搾り取られてしまった典型例でしょう。
なまじ半年以上関わりのあった人々なので、マスコミやデマに晒されている姿は見るに堪えません。
まともな技術者がたたかれて、ろくでなしがまかり通る世の中ではこの国に先はありません。
どうか皆さん、あまり木村建設ばかりを叩かないであげて下さい。
それだけが今の私の心情です。

と、まあこの書き込みのあった12/14の時点では、
 「あるホテル支配人」さんは、自分のホテルは絶対大丈夫、木村建設は寧ろ被害者
という立場だった。

356 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 12:14:52 ID:YElftXQF0 ながながと長文を書いて失礼いたしました。 >>354 支援ありがとうございます。 あとはもう少し影響力のある板に書き込んで また、ななしに戻りたいと思います。 今までありがとうございました。

357 :お前名無しだろ :2005/12/14(水) 12:15:32 ID:oZeRFX82O
あるホテルって大田区にある?

358 :お前名無しだろ :2005/12/14(水) 12:26:32 ID:xZZ1wNY80
>>あるホテル支配者
アレだ、乙だな、うん。

359 :あるホテル支配人 ◆VHnb0CvNYY :2005/12/14(水) 12:37:39 ID:YElftXQF0
>>357
個人情報についてはご勘弁を
2chで名前を晒すのは売名行為として叩かれかねないので。
それよりも、他の板にこのスレの内容を伝えたいので
もしよければ貼り付けにご協力ください。
    ↓

姉歯建築士騒動顛末記
プロレス板 姉歯建築士はガチ
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wres/1132410854/307-353

さらに続く
 全国のホテル・旅館経営者が震撼する事実
については、長くなったので次に。

|

« 耐震強度偽造マンション (その83) 総合経営研究所の指導でホテルを建てました 木村建設を信じています 鉄筋量が少ないのは、うちも同じですが、「塩見」「中山構造研究所」が構造計算したものは大丈夫です という「あるホテル支配人」氏の主張 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その85) 「あるホテル支配人」氏の主張 姉歯物件どころではない 全国のホテル・旅館経営者は震撼している »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/7646359

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度偽造マンション (その84) 「あるホテル支配人」氏の主張 木村建設は悪くありません 木村建設部長から話を聞いてまとめてみました(承前):

« 耐震強度偽造マンション (その83) 総合経営研究所の指導でホテルを建てました 木村建設を信じています 鉄筋量が少ないのは、うちも同じですが、「塩見」「中山構造研究所」が構造計算したものは大丈夫です という「あるホテル支配人」氏の主張 | トップページ | 耐震強度偽造マンション (その85) 「あるホテル支配人」氏の主張 姉歯物件どころではない 全国のホテル・旅館経営者は震撼している »