« W杯 クロアチア対日本 0-0 (その3) 放送時間変更について朝日が明後日の方向の記事掲載 | トップページ | スティービー・ワンダーと空港のボディチェック »

2006-06-26

何が起きているのやら@asahi.com

16枚のイエローカードが乱れ飛び、両チームともに二名ずつの退場者を出した、
 オランダ対ポルトガル戦
の試合経過を見ようと思って、


l4人退場、記録的な乱戦に ポルトガル—オランダ戦
2006年06月26日10時08分

 ロシアのイワノフ主審が担当したポルトガル—オランダ戦は、イエローカードが16枚、レッドカードが4枚も乱れ飛ぶ荒れた試合となった。

 この警告数は前回大会の1次リーグ、ドイツ—カメルーン戦と並ぶ大会最多記録。1試合退場4人も今大会のイタリア—米国戦などの3人を塗り替える不名誉な新記録となった。(共同)


の下にリンクが張られている
 【速報詳細】ポルトガル—オランダ
をクリックすると、全く関係ない外部サイトである
 中野歴史館 中野・名曲喫茶クラシック
http://sakaue.vis.ne.jp/sanpo/nakano/nakano.classic.html
に飛ばされる。
一体、どういうリンクの張り方をしてるのか謎。(11:25現在)

|

« W杯 クロアチア対日本 0-0 (その3) 放送時間変更について朝日が明後日の方向の記事掲載 | トップページ | スティービー・ワンダーと空港のボディチェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/10684582

この記事へのトラックバック一覧です: 何が起きているのやら@asahi.com:

« W杯 クロアチア対日本 0-0 (その3) 放送時間変更について朝日が明後日の方向の記事掲載 | トップページ | スティービー・ワンダーと空港のボディチェック »