« 大人には聞こえない音 | トップページ | ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』上中下 角川文庫 »

2006-06-15

末木文美士 『日本宗教史』 岩波新書(古代の部分だけ)

とりあえず、古代の部分だけざっと目を通した。
う〜ん。なんかやっつけ仕事みたいに見えるなあ。もしくは
 授業のシラバス用メモ
って感じかな。たぶん、仏教伝来と日本の「神」との衝突について、末木さんが整理し切れてないんじゃないか、と思う。
あとがきには、「たたき台になれば」という趣旨のことが書いてあるが、古代については、確かにたたき台以外の何者でもない。てか、荒っぽすぎるよね。授業に使えるか、というレベルで考えれば、非常勤の授業ならこれもありだろうけど、東大で同じ内容で授業をしたら、たぶん学生に突っ込まれるだろうな。緩すぎる箇所がいくつもある。

これは岩波の編集部に問題があるのではないか、と感じるのだが。
岩波の編集者は、大学関係者にははなはだ評判がよくない。原稿を依頼したと思ったら、矢の催促。アイデアを練る時間もないままに、本が出てしまう、とは、複数の人から聞いた。

末木さんの『日本宗教史』は、古代に関して言えば、もうあと二回くらい手を入れれば、まだしも全体像が見えたんじゃないかなあ。岩波の新装赤版新書の口切りの企画なのだから、編集部はあまり著者をせかさないことだ。
しかし、古代がこれで通っちゃう編集は、勉強が足りない。

|

« 大人には聞こえない音 | トップページ | ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』上中下 角川文庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/10537977

この記事へのトラックバック一覧です: 末木文美士 『日本宗教史』 岩波新書(古代の部分だけ):

« 大人には聞こえない音 | トップページ | ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』上中下 角川文庫 »