« 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その28) 朝日新聞、和田義彦氏の名古屋芸大での「依願退職の理由」を取り上げる 6/6 | トップページ | 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その29) BBCが「受賞取り消し」を報道 »

2006-06-06

忍び寄る鳥インフルエンザ ジャワ島地震で鶏舎に避難 鳥インフルエンザ蔓延の危険性

インドネシアは、鳥インフルエンザで死亡者が出ている国だ。
ジャワ島地震で、多くの家屋が倒壊、そのため
 鶏舎に避難
している人達が大勢いる。衛生状態は悪く、
 被災者が鳥インフルエンザに感染する可能性
が出てきている。憂慮すべき事態だ。
朝日より。


多数が鶏舎を避難所に 鳥インフルの危険、ジャワ地震
2006年06月05日21時52分
 先月27日に発生したジャワ地震による最大の被災地・バントゥル県の農村部で、家を失った被災者が養鶏場を避難所にするケースが目立っている。インドネシアでは、ジャワ島を含む広い地域で鳥インフルエンザの感染が多発しており、英国の医療支援NGO(非政府組織)は「養鶏場に残ったふんなどから感染の恐れもある」と注意を呼びかけている。

養鶏場での避難生活が続き、下痢が止まらない子どもに添い寝する被災者の母親=インドネシア・プントゥン村で
http://www.asahi.com/international/update/0605/image/TKY200606050343.jpg

 ジョクジャカルタの南約30キロにあるプントゥン村には、三角屋根の細長い養鶏場が点在する。

 オパ川に近いある鶏舎には、5家族約30人の被災者が横になったり、車座になったりしていた。地震で家が倒壊。2500羽いたニワトリを出荷して空いていた鶏舎に避難しているという。

 だが、高床式の鶏舎にはニワトリのふんが床から1メートル下の地面に積もっている。避難民のスタントさん(40)は「鳥インフルエンザは怖いけど、地震の後、雨が降り、屋根があるのはここしかない」。周囲の人たちも「どこに住めばいいと言うんだ」と同調した。

 今のところ、村での鳥インフルエンザの発生は確認されていないが、体調を崩す人もいる。スパルミンさん(43)の3歳の息子は前夜から熱を出し、下痢が止まらない。「食料も満足ではなく、心配だ」

 世界保健機関(WHO)は5日までに、インドネシアで37人の鳥インフルエンザ感染による死亡を確認した。37人目はジャワ島内の西ジャワ州バンドンで先月30日に死亡した15歳の少年という。

 インドネシアの死者数は、ベトナムの42人に次ぐ多さ。5月だけで12人が死亡し、勢いは止まらない。

鶏舎に住むのが怖いのは、感染するからだけではない。
鳥インフルエンザウイルスが人間に感染するのは、
 鳥との濃厚接触
が原因だが、こうしてヒトが鳥インフルエンザウイルスに感染しやすい状況が続くと、今度は
 鳥インフルエンザウイルスがよりヒトに感染しやすい型に変異する
可能性があるのだ。

災害は疫病を呼ぶ。予測される
 新型インフルエンザの大流行
を引き起こす元が
 ジャワ島地震での鶏舎での避難生活
にならないことを切に祈る。

|

« 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その28) 朝日新聞、和田義彦氏の名古屋芸大での「依願退職の理由」を取り上げる 6/6 | トップページ | 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その29) BBCが「受賞取り消し」を報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/10411785

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る鳥インフルエンザ ジャワ島地震で鶏舎に避難 鳥インフルエンザ蔓延の危険性:

« 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その28) 朝日新聞、和田義彦氏の名古屋芸大での「依願退職の理由」を取り上げる 6/6 | トップページ | 盗作疑惑 芸術選奨受賞画家の行方 (その29) BBCが「受賞取り消し」を報道 »