« 不機嫌の理由 | トップページ | 危ない中国産食品 広州からの輸出、残留農薬制限で茶葉・砂糖・キノコの缶詰は50%減 »

2006-07-21

刺身用秋刀魚 一尾120円@奈良

北海道で
 刺身用の秋刀魚
が流通するようになったのは、それほど古い話ではない。活きの落ちやすい魚なので、なかなか刺身用の秋刀魚が出回るようにはならなかったのだった。
さっき、近所のスーパーに行ったら
 刺身用秋刀魚 一尾120円
というのを売っていた。秋刀魚漁は始まったばかりで、市場の値段はそれほど高くないらしい。当然
 塩焼き用
として買う。奈良まではるばるやってきた秋刀魚を、お造りで食べる勇気は、わたしにはない。

ちなみに
 松茸一パック 780円
というのもあった。松茸は出始めの頃が一番安い。みんなが
 そろそろ松茸が食べたい
と思う頃には高くなる。どうしても大量に安く食べたいなら、
 出始めがねらい目
と、琢磨の大将に教えて貰った。市場で、仲買人が
 またちょっと時期と違う
と思う頃は、高値が付かないのだそうだ。そのため驚くほど安い松茸に出会うことがある。

秋刀魚には酸橘。寮の先輩が徳島のヒトで、秋になると、
 家でとれたんやけど、あんた、要るか?
と分けてくれたので、この味を覚えた。徳島ではなんにでも酸橘を掛ける。爽やかな香りが堪らない。夏になると、出始めの酸橘と青柚は、関西の重要な料理の脇役である。青柚は、皮をすこしおろして、新小芋(里芋の小芋)を白く炊いたのに振りかける。酸橘は安いが、青柚は高い。でも、小芋には青柚と決まっている。京都の人達は
 なんぼ高うても、青柚がないと、小芋の炊いたのは味ない
と言う。

|

« 不機嫌の理由 | トップページ | 危ない中国産食品 広州からの輸出、残留農薬制限で茶葉・砂糖・キノコの缶詰は50%減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11045849

この記事へのトラックバック一覧です: 刺身用秋刀魚 一尾120円@奈良:

« 不機嫌の理由 | トップページ | 危ない中国産食品 広州からの輸出、残留農薬制限で茶葉・砂糖・キノコの缶詰は50%減 »