« 北朝鮮、テポドン2は新型ブースターの故障で損傷落下 | トップページ | 北朝鮮、テポドン2の照準はハワイ (その2) 朝日・読売も同趣旨の記事を載せる→CNNは産経をソースとしてちょっとだけ触れる »

2006-07-07

ペプシ、「コカコーラの秘密」提供を拒否

1985年、コカコーラは、何を血迷ったか、それまでのコークの調合を変えた
 ニューコーク
を発売、消費者の非難を浴び、三ヶ月で元のコークを
 コーククラシック
として再発売せざるを得なくなり、やがてニューコークを引っ込めた。アメリカ史上有名な
 マーケティングの失敗
として今も語られる。
この時、ペプシコーラは、
 元のコークを熱望するヒトのために「サバンナコーラ」を開発
したのだが、コークに入っている「ある特殊なアイテム」を入れるかどうか迷ってる間に、発売の機を逸した。なんせそのアイテムは、コカコーラが独占的に契約してるので、ペプシが発注を掛けたとたん、アトランタのコカコーラ本社にペプシの意図がバレバレになる代物だったのである。
このあたりは、
 『コーラ戦争に勝った!—ペプシ社長が明かすマーケティングのすべて』 新潮文庫
R. エンリコ (著), J. コーンブルース (著), 常盤 新平 (翻訳)
に詳しい。概略はこちらにも。
 コーラ白書 ペプシ・チャレンジとニューコーク
http://www.colawp.com/seasonal/200110/history/

というわけで、
 コカコーラのレシピは企業秘密だが、ペプシにはとっくにばれてる
と思ったのだが、なぜか
 コカコーラ社の製造に関わる秘密情報をペプシに売ろうとして、コカコーラ社員が逮捕
された。

共同/APより。


ペプシコに秘密売却打診 コカ・コーラ社員ら逮捕

 【ニューヨーク5日共同】AP通信によると、米連邦検察当局は5日、飲料大手コカ・コーラの社員らが同社飲料の製造方法など秘密情報をライバルのペプシコに売り渡そうとしたとして、逮捕、訴追したことを明らかにした。
 コカ・コーラ経営幹部秘書の女性社内の秘密資料や新製品の試作品を入手し、ペプシコに売り渡そうとした。
 コカ・コーラの社名が入った封書で企業秘密買い取りを打診されたペプシコは連邦捜査局(FBI)に通報。おとり捜査で容疑者らが特定された。
 コカ・コーラとペプシコは宿敵同士だが、ペプシコは「競争は激しくても、公正で法に基づいたものであるべきだ」とコメントした。
(共同通信) - 7月6日10時53分更新


経営幹部秘書、ってあたりがミソですね。やはり
 待遇に不満
だったのかな? セクハラでもされたとか、給与が低かったとか。
 秘密を知りうる立場の人間には、十分な手当をする
ようにしないと、こういう話はまた出てくるだろうね。

|

« 北朝鮮、テポドン2は新型ブースターの故障で損傷落下 | トップページ | 北朝鮮、テポドン2の照準はハワイ (その2) 朝日・読売も同趣旨の記事を載せる→CNNは産経をソースとしてちょっとだけ触れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/10820791

この記事へのトラックバック一覧です: ペプシ、「コカコーラの秘密」提供を拒否:

« 北朝鮮、テポドン2は新型ブースターの故障で損傷落下 | トップページ | 北朝鮮、テポドン2の照準はハワイ (その2) 朝日・読売も同趣旨の記事を載せる→CNNは産経をソースとしてちょっとだけ触れる »