« 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その4) 中国のKTVとは | トップページ | 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その6) 日本領事館員御用達だった「かぐや姫」 »

2006-08-02

海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その5) 日本領事館電信官の自殺を招き、今回の一等海曹が足繁く通った店は「かぐや姫」

昼のNHKニュースでは、店の看板にモザイクがかかっていたが、日テレ24はその点容赦がない。
 かぐや姫クラブ
という店名をばっちり映していた。
Kag2

結構、以前からある店だ。

お店の評判。


店名: かぐや姫
住所 : 古北路505号(古北路×茅台路)

2006/06/16
あかとんぼ 評価:

勢いの点では少し衰えたか。
経営者が変わりましたから、、
お餅でない子は可愛い子がいます。
早い時間に行ってお餅でない子を指名してはいかがでしょうか。
こぼしなどなく、普通のお店だと思います。
出張者の接待を充分こなせる店だと思いました。

2006/05/17
maru2 評価:

ただ個室が配置されたカラオケ。
何の変哲もない、むしろ繁盛していないため、ひっそりしていない派手さのない店の中。
目の合った**さんがついた。
日本人的な気遣い、控えめな伏目、そして、明るさを合わせ持つ小姐だった。
出張の仕事で慣れない中国人と付き合った後、こういう中国人もいるのかと少し驚く。
日本語はうまいわけではないから、日本人ではない。

くつろぐことができた。
また行きたいと思う。

2006/05/16
風雲 評価:

お餅の店です、室内に防犯防止用のビデオカメラが
設置され、見られている
ので注意して下さい。
小姐のグレードは低レベル多し。


文中
 お餅=お持ち帰りOK=買春可能
ということだ。「あかとんぼ」さんの6月時点での書き込みでは、経営者が変わったということなので、今回の海自情報漏洩事件に関連して、関係した店の経営者が別に移動した可能性もあるだろう。一等海曹の上海渡航がバレたのが、今年4月。
なんたって、公安とお友達のお店なんですぜ。一等海曹は脇が甘いっていうか、なんていうか。恐らく、前の経営者はほとぼりを冷ましてるか、なんかだろうな。

知り合いが、これも駐在する日本人が多い東莞で、KTVに行ったときは
 公安同席
だったそうだ。なんだかな〜。ま、これなら、「オープンリーチ」な訳だから、そういう意味では問題ないかも知れないが、公安同席のKTVって、かなりイヤ。

(追記 8/3 08:05)この「かぐや姫」には、上記のように
 防犯用ビデオが設置
されているそうだから、
 個室と油断して、性的な振る舞いに及んだ
場合、全部録画されているってことだ。つまりは
 ついうっかり、あんなこととかこんなこととか
しちゃった客は、客の職業や身分によっては
 ビデオをネタに強請られたり、脅されたりする可能性がある
ってことだ。売買春は中国では非合法な行為ですからね。公安にとっちゃ
 いろいろ要求できる、おいしいネタを日本人客自らが提供
してくれる、夢のような「打ち出の小槌」だったということになる。場合によっては「国家安全局」が出張るくらいの、
 おいしすぎるネタ
が落ちてた、ってことですね。
さて、在上海日本領事館の外交官諸氏におかれましては
 終始、紳士的な振る舞い
だったのでしょうか? 海自の一等海曹も、ここで「証拠ビデオ」を撮られちゃった可能性はあるよね。(追記 ここまで)

|

« 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その4) 中国のKTVとは | トップページ | 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その6) 日本領事館員御用達だった「かぐや姫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11212616

この記事へのトラックバック一覧です: 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その5) 日本領事館電信官の自殺を招き、今回の一等海曹が足繁く通った店は「かぐや姫」:

« 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その4) 中国のKTVとは | トップページ | 海自の内部情報を上海のKTV小姐(カラオケ店女性従業員)経由で中国へ漏洩? (その6) 日本領事館員御用達だった「かぐや姫」 »