« 札幌・円山で滑落死? | トップページ | 紀子ちゃん、安静のために入院(速報) »

2006-08-16

本日、五山の送り火 それにあわせて「恐い話」@子ども編

今日は、京都では
 五山の送り火
がある日だ。お盆に帰ってきた仏さんたちがあの世に戻っていく。

というわけで、
 恐い話
なんだけど、今回は
 子どもの時に見たへんな物
だ。
【恐怖】台風がきても恐い話【心霊】12スレッドより。


21 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 17:52:39 ID:FM/CQBy3
小学生の頃。
家の電話で、友達の家に電話をかけた時。
「トゥルルルル トゥルルルル…」って相手の電話に呼び出し音が鳴りますよね、
その時に「おねぇちゃ〜ん」って何度も呼ぶ声が聞こえた。女の子の声だった。

中学生の頃。
夏休みの時、友達4人と、友達の家に遊びに行った。
玄関で、友達のお母さんが出迎えてくれた。

居間に通され、お母さんがジュースを持ってきてくれた。
私たちはその家の子を含め5人のハズなのに、何故か6個持ってきた。
友達が、「何で6個もあるの?うちら5人じゃん」とお母さんに言うと、
お母さんは、「さっき玄関に5人いたじゃない、後ろに1人立ってたよ」と
言った。
私たちはそんな子もちろん知らないし、見ていない。
その子のお母さんは、何を見たんだろう…

以上、私の不思議体験でした。
あまり怖くなくてすいません m(_ _)m


小さい子どもには、たまに
 知らない子どもが付いてくる
っていうのは、時々聞きますね。

ところが、次の話は
 知らない子どもが異類
というなかなかなお話だ。


157 :可愛い奥様:2006/08/16(水) 02:21:53 ID:/BPZM4NC
そーいや私は小さい時、脳みそがかなり暖かかったせいか
いろんな不思議な生き物と遊んだな。

たいてい弟が連れてくるんだけど、神社の宮司の子供で
身長ほどもあるシッポが生えている子。
毛皮のコートみたいにふわふわなんだけど、そいつがしょっちゅう
シッポの一部を口で吸っていたからその部分だけハゲ。
あとはかすりのびんぼっちい着物を着たガキ。超がつくほどのハイテンションだが
スゲー運動能力で、4メートルぐらいの用水路を飛び越えてたり
した。
連れてきた弟は全然覚えていなし、名前も知らない。

隣のラブホテル管理人の娘は、二つ上のお姉さんだったが、
私が小学校にはいっても彼女は小学生になってないかった。いつの間にか彼女の年令を追いこしたんだ。
大人になって、母に「隣のラブホの娘ってなんで学校に行かなかったの?」って聞いたら、
どうもラブホの管理人のおばさんには娘なんかいなかった。
ただ、大昔に中絶して、その後遺症で産めなくなったらしい。

あと、カブト虫も変な種類のがいて、
胴体が金色の毛で被われていて、頭と足の付け根に赤い毛が生えてるの。

いまだにあいつらなんだったんだろうって思うわ。

158 :可愛い奥様:2006/08/16(水) 02:35:26 ID:lKBeLfLV
>>157
なんかリアル蟲師みたいだね
楽しい幼少期だった事でしょう ウラヤマシス

いっこ気になるのが
>神社の宮司の子供で身長ほどもあるシッポが生えている子
その宮司には本当に子供が居たのだろうか やっぱ居なかったのかな

164 :可愛い奥様:2006/08/16(水) 10:22:31 ID:lD1BtEbp
157さんいいなー
楽しそうだね。
尻尾の生えた子のはなしなんてリアルですごい。

165 :可愛い奥様:2006/08/16(水) 10:44:22 ID:UsAl77yV
狐(お稲荷さん)だったのかね?>しっぽのある子供

166 :可愛い奥様:2006/08/16(水) 10:59:35 ID:Mw+9uPqO
狐の子供かね?お稲荷さんも世襲制?

168 :157:2006/08/16(水) 12:55:10 ID:/BPZM4NC
157っす。
神社は普通の諏訪神社
本人は「神社の子」を自称していたんで「神社の子」と呼んでたんだけど
大人になってその神社にいってみたら
とても社務所を置くような大きい神社じゃなかった。町の普通の神社。
小さいころは、その神社の後ろに大きな森があって、池があったんだけど
その池も枯れちゃって、汚い水たまりにしかなってなかったよ。

子供の時、こういうのが見えたり、こういう勘違いをしていたのは
脳みそが幼いせいもあるんだけど、あまりに子供すぎて自分の判断力に自信がなくて
「シッポが生えてくる家系もあるのだ」「小学校に上がると4メートルぐらい飛べるようになる」
と思ってフツーに接していたことかな。
カブト虫はその後県立博物館の人か何かに屍骸を見せたけど
芳しい答えがもらえなくて悲しくて泣いた覚えがあるよ。

みなさんももしかしたら忘れてるか、余りに異常な記憶なんで
適当に整理されてどこかに仕舞われてるだけかもよ。
何かの拍子に思い出すかもしれん。


諏訪神社の子、って何だったんでしょうね? 不思議不思議。

タイプスリップに近いお話。


22 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 17:58:02 ID:WE/RyaYw
それはまだ、私が小学5年か6年のとき。ある夢を見た。
道を歩いていると、かわいらしい3つくらいの女の子がひとりで歩いてくる。
黄色いレインコートに、黄色い帽子、黄色い長靴
をはいていた。
可愛いなぁ。と思っていると突然どこからか二人組の男たちが現れて、女の子をさらおうとした。
私は、咄嗟に男たちに立ち向かい女の子を助けた
のだ。
女の子は「ありがとう。いつかまたきっと会おうね」と言った。
ここまでが夢の話。

それから時は流れ結婚して娘が生まれた。
娘が3つのときお婆ちゃんが娘に、黄色いレインコートと黄色い長靴、黄色い帽子を買ってきてくれた
それを着た娘は嬉しそうに私に見せに。

あ!あのときの女の子!!と思って呆然としていると
娘がぽつりと「ねっ。また会えたね」と
その後聞いても娘にその言葉を言った記憶はないと言うけれど。

23 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 18:16:32 ID:P7pzEU/N
>>22
なんか・・・地味に怖いんですけど。いい話のはずなのになぜだかゾッとする。

24 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 18:26:01 ID:xH0skM71
>>22
鳥肌立っちゃった。

26 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 18:47:20 ID:Or3zHkBD
>>22
実際に連れ去られるのかと思ってビクビクしたw
よかったw

27 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 21:09:35 ID:W5RAETmK
>>22
>>24
私も鳥肌立っちゃった。
ビール飲んでエアコン付いてなくて暑いのに。


22さんが小学校の頃、夢の中で見た子どもが、その後自分の子どもになって生まれてきたのか?

おまけ。
 お産の時に見ちゃった変な物
の話。


11 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 09:49:42 ID:OMXn1hAM
お迎えが白いというのは、そういうものかもしれません。
私がお産で大きなトラブルに見舞われたとき、激痛と
痛み止めでフラフラ意識が殆ど飛んでいる状態でした。
幸い子供は無事に生まれて、それだけは良かったと思っていたら
枕元に黒い姿の雲水さんがいました。「つらそうだね?私と一緒に
行きたいかな?でも子供が生まれたばっかりだ。どうしたいかな?
明日もう一度来て上げよう。その時に返事をおくれ。」
母親に「こんな夢を見たよー。」と笑いながら話したら、いつになく
まじめな顔で「キチンとおことわりするのよ。」といわれました。
そしてその日の夜、また雲水さんがきました白い人と一緒に。
「返事を聞きにきたよ。」「子供が生まれたばかりでキチンと母親にも
なれていません。まだ一緒に行く事は出来ません。お断りします」そういうと
雲水は白い人と一緒に消えてしまいました。
雲水はどういう役割の人なんだろう?白い人はだれ?
というか、お迎えって「お断り。」できるの?と考え込んでしまいました。
あまり怖くない話でごめんなさい。

お遍路さんを見た、という話も。

15 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 11:26:18 ID:KOvqNCU4
うちのお向かいさんのおじいちゃんが亡くなったときのお迎えは
お遍路さんだったみたいです。

朝、おばあちゃんが玄関前に出たら、玄関先の槙の木の上にお遍路さんが
立っていて、おばあちゃんは「ああ、お迎えに来たんだな」と思ったそうです。
その日おじいちゃんは亡くなりました。

16 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 12:07:26 ID:0Si6gq8O
うちは祖母の葬儀の朝、勝手口にお偏路姿で立ってる祖母を隣のオバチャンが見た。
泣きながら伝えてくれて、ちゃんと旅立って行ったんだ、良かった。と思った8歳の冬。
お迎え延期と言えば、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラって言ってた映画評論家の母上さま。
死神が部屋の四隅にいて、「一週間待ってくれ。」と言うと死神が消えた。
そして、ちょうど一週間後に母上がお亡くなりになったと言う話。

18 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 16:41:20 ID:ar7sbxtz
>>15
>勝手口にお偏路姿

昭和天皇が亡くなられる1年ほどまえ、そういう姿で、
国民に手を振ってるのを見た。夢で。
どっちかと言うと、三蔵法師ともだぶる。
昭和天皇は今でも日本を行脚してると思う。

20 :可愛い奥様:2006/08/09(水) 17:24:25 ID:aUuOaPrk
>18
実家の町(ド田舎)に昭和天皇が立ち寄られる、という夢を見たことがありますよ
それで「どうしたらいいんだ!」と大騒ぎになって、宮司が緊張で倒れそうになっているのを
町役場の若い職員が「しっかりしてよ〜」と車に引っ張り込んで連れていく(笑
町長以下、なんとか神社に集合したところで夢終了。
本当にあちこち歩いておられるのかもしれません。
この夢の後は宮司さんのことがしばらくシンパイだったけど、まあお元気そうです。


う〜む、18さんの話は
 行脚じゃなくて巡狩
なんだけど、水戸黄門のようなイメージですね。

|

« 札幌・円山で滑落死? | トップページ | 紀子ちゃん、安静のために入院(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11462039

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、五山の送り火 それにあわせて「恐い話」@子ども編:

« 札幌・円山で滑落死? | トップページ | 紀子ちゃん、安静のために入院(速報) »