« サントリー ウーロン茶のCM「姉妹」シリーズの謎 | トップページ | 銀塩カメラの衰退 »

2006-08-03

ランダエタ選手に励ましのメールを書こう 在ベネズエラ日本大使館にメール殺到

「作られたチャンピオン」は、これまでたくさんいた。
チャンピオンになり損なった男もたくさんいる。たとえば、1985年2月、世界戦再挑戦の前哨戦で敗れ、脳出血で搬送、緊急手術を受けた赤井英和がそうだ。あのとき、わたしはセコンドについた、エディ・タウンゼントに深く同情した。赤井のために、エディの経歴が汚れたとさえ思った。倒れた赤井を見て、リングサイドで叫ぶエディがかわいそうだった。
 赤井秀和 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/赤井英和

さて、昨日の亀田対ランダエタ戦だが、正直、ホームタウンデシジョンだったと思う。熱狂的なファンを除き、誰もが亀田の負けを確信していたのだが、判定は2-1。TBSには抗議の電話が殺到した。
朝日より。


TBSに電話3万件 亀田戦に苦情殺到 視聴率は42%
2006年08月03日12時02分

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅×ファン・ランダエタ」を2日夜に系列で放送したTBSには、同日午後7時半の放送開始直後から「いつ試合が始まるのか」「判定がおかしいのではないか」という問い合わせや苦情が殺到した。3日午前9時までの同社のまとめによると、スタッフが408件の電話に応対したほか、混雑でテープ案内などに切り替わった通話が3万3500件にのぼった。

 不通だった電話は試合の放送中と直後などに集中していたという。このほか、メールによる苦情などが3655件、3日午前0時半に電話応対を打ち切って以降にかかった電話が3300件余りあった。

 TBS広報部は「試合開始が遅いという苦情に対しては、視聴者の声を真摯(しんし)に受け止めて今後に生かしたい。判定についてはコメントする立場にない」としている。

 一方、この試合を中継した番組の視聴率が3日、ビデオリサーチから発表された。関東地区は42.4%、関西地区は42.9%、名古屋地区は45.5%、北部九州地区は44.5%だった。

 77年にオンライン調査を始めて以降、関東地区のボクシング放送としては、78年5月の「具志堅用高×ハイメ・リオス」の43.2%に次いで高い数字だった。

 関東地区の瞬間最高視聴率は午後9時47分と同48分の52.9%で、TBSによると、試合終了後の判定結果が判明した場面だった。


TBSは亀田三兄弟を骨までしゃぶるつもりだから、放っておく。レコード大賞を一日前倒ししても、大晦日に亀田の試合をやるとかいう話だからな。そもそも、勝負が決まってない段階で、次回戦を大々的に宣伝するという態度は、すでに
 スポーツではなく、興行
である。ま、日本で試合が出来、かつTKOやKOを喰らわない限り、亀田は勝ち続けるだろう。微妙な判定でも何でも、金の動く方に、判定を有利に出来る。

で、畏友amdoさんから教えて貰った話。
在ベネズエラ日本大使館には
 微妙な判定で敗れた前チャンピオン ランダエタ選手への激励のメールが殺到
しているのだ。実際に、在ベネズエラ日本大使館のサイトを覗くと、凄いことになっている。


お知らせ(ランダエタ選手へのメール)

  世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦のフアン・ランダエタ選手への沢山の激励のメールを送り頂いていますが、送付頂きましたメールつきましては、フアン・ランダエタ選手がベネズエラに帰国次第、同選手にお渡ししたいと思います。
  なお、当館はベネズエラに所在する日本大使館で、東京に所在するベネズエラ大使館ではございませんのでお知らせ致します。


いや〜、在ベネズエラ日本大使館も思わぬ
 日本・ベネズエラの両国友好
に一役買うことになったモノだ。こういう業務なら、是非頑張ってやっていただきたい。
昨日の判定に不満があり、堂々と闘ったランダエタ選手を称えたいヒトは是非、メールを。

|

« サントリー ウーロン茶のCM「姉妹」シリーズの謎 | トップページ | 銀塩カメラの衰退 »

コメント

今回の亀田選手の判定勝利に強く疑問を抱くと同時に日本のボクシングレベルの現状を見た気がした。

日本人として恥ずかしくなる試合内容であり、対戦したランズエタ選手に対して、申し訳ない気持ちにさえなります。

只、ベルトこそ無いものの、この試合の勝者は間違いなく、ランズエタ選手だと私は思っています、この真実の前では、ベルトそのものでさえ、只の飾りとなるでしょう。

投稿: kenta otsubo | 2006-08-07 18:46

 12月20日のタイトルマッチ、是非頑張ってください。ランダエダ選手を応援しています。ランダエダ選手は幼いころご両親を亡くされたとのこと、苦労して今も地位を獲得した真の男の強さというものを、ランダエダ選手の余裕のある素敵な笑顔や表情、前回の日本でのインタビューの様子などから感じることが出来ます。

 今度こそノックアウトで勝って、真のチャンピオンがどんなものかを、亀田選手に教えてください。不安なのは、亀田陣営はどんな汚いことをしてくるか分かりません。計量の秤に細工することもあり得ます。ホテルの食事や、ファンの差し入れなども十分気をつけて下さい。食べ物や飲み物などは、ご自分たちで揃えてくだされば安全と思います。また悪質な脅迫の手紙や電話などがあった場合は、必ず直ぐに日本の警察か日本のベネズエラ大使館に連絡をして下さい。

必勝を祈ります。 Yasuda

投稿: 安田 | 2006-11-16 05:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11241319

この記事へのトラックバック一覧です: ランダエタ選手に励ましのメールを書こう 在ベネズエラ日本大使館にメール殺到:

» ファン・ランダエタ(ベネズエラ) [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「ファン・ランダエタ(ベネズエラ):微妙な判定で2階級制覇を逃す」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてくださ... [続きを読む]

受信: 2006-08-03 22:08

» 亀田戦の裏に美談・難病抱えた少年との約束果たす [bogusnews]
資料写真: 亀田興毅伝説浪速乃闘拳世界への軌跡・第一章 →この商品をAmazonでチェック 2日の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦で、亀田興毅(19)が新王者となった感動の一戦。全国のお茶の間に感動の涙を呼んだこの戦いの裏に、実はもうひとつの..... [続きを読む]

受信: 2006-08-04 06:22

« サントリー ウーロン茶のCM「姉妹」シリーズの謎 | トップページ | 銀塩カメラの衰退 »