« 助産師の過誤の責任は産科医の責任? 対立する産科医と助産師の場合 | トップページ | 八世紀の日本人が見た中国典籍はなんだったのか »

2006-08-28

京大国文 vs 東大国文@万葉文化館 8/27

奈良女子大COEの主催する若手研究者支援プログラムの第二日目は、万葉文化館で開かれた。
講義形式なのだが、昨日のもっとも注目されたテーマは


 「古事記の表現をめぐって」山口佳紀(聖心女子大学)
   コメント 内田賢徳(京都大学)・神野志隆光(東京大学)・奥村悦三(奈良女子大学)・ 寺川眞知夫(同志社女子大学/万葉古代学研究所長)
 総合司会 坂本信幸(奈良女子大学)

だった。
国文出身じゃないわたしは、この先生方の顔ぶれを見て、なかなか楽しかったのである。国文業界にいる方はどう思ってるか存じませんが。

山口先生のこの講義には、 同じ東大国文出身の長年の同志である神野志先生が、異例の長いコメント(突っ込みなのか援護射撃なのか謎)を寄せた。てか、長すぎ。
短い残り時間を、他の先生方が分け合った。
まず、土橋寛批判から始まったこの講義への控えめな感想を、土橋門下の寺川先生が述べた。
次いで、京大国文出身の内田・奥村両先生が
 東大国文的アプローチに対する、京大国文的婉曲話法を用いての鋭い突っ込み
を入れていた。いや〜、久々に
 京大の伝統芸
を拝見いたしました。ちょっと聞いただけでは
 何を批判してるか分からない
のだけど、ポイントを押さえて聞くと
 本質的な問題を露わにするコメント
なのだった。まあ、こういう滋味掬すべきコメントは、
 京都の婉曲話法
の文化的風土に醸成された話法で語られているので、その基本的話法が共有されてないと理解できない。果たして、山口・神野志両先生にコメントが届いたかどうか。
京大文学部のあの独特の話法は、授業を受けたことがないと、わからないかもしれないなあ。エレガントかつ鋭く、洗練された批評言語であると思う。わたしはよう使いません。

早い話、山口先生のアプローチは
 あまりにもテクスト原理主義
で、 山口・神野志両先生が共同で校注をつけている
 小学館 新編日本古典文学全集 古事記
の底本である真福寺本が、巻末の解説で
 応安四年(1371)〜五年(1372)にかけて書写
 『古事記』撰述から660年後の写本
と認めているにもかかわらず
 『古事記』の散文部分と歌の相互関係を現存テクスト内で考えて、それを『古事記』の構造や散文の性質として敷衍する
って話なので、文献学的に
 そんなコラプションだらけのテクストで、太安万侶の『古事記』の話にしちゃっていいの
という疑問がある。てか、そこをすっとばして構造論・構成論に行ってるから、もの凄く違和感がある。国文のテクストクリティックって、こんな感じなんですか? 
結局のところ
 まず推論ありき
で、肝心のテクストの性質については放置してあるから、あまりわたしは納得しないで聞いていた。テクストは文字を読むもので、構成を作業仮説としてつくってから読むものじゃないんだけど、一応『古事記』の校訂は済んだから、構成論に踏み込んでもいい、って話なのかな。

ま、あくまで門外漢の感想なので、国文学的には間違ってるかも知れないけど。

|

« 助産師の過誤の責任は産科医の責任? 対立する産科医と助産師の場合 | トップページ | 八世紀の日本人が見た中国典籍はなんだったのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11645538

この記事へのトラックバック一覧です: 京大国文 vs 東大国文@万葉文化館 8/27:

» [ichamon]ヒンジ [はかとも/無縁のほうこう]
閲覧頂いている方々には、古代史やら古代文学*1やらの知人がおられるようなので、ヒンジ役として。 天漢日乗: 京大国文 vs 東大国文@万葉文化館 8/27 天漢日乗: 八世紀の日本人が見た中国典籍はなんだったのか *1:「上代文学」って名乗る人はまだ知人にいないかもf(^^;; ... [続きを読む]

受信: 2006-08-30 16:59

« 助産師の過誤の責任は産科医の責任? 対立する産科医と助産師の場合 | トップページ | 八世紀の日本人が見た中国典籍はなんだったのか »