« 木耳の作り方 | トップページ | mixiの不具合@コミュニティ参加者の反映 »

2006-09-27

地表採取の「目」

海外調査では、発掘は許可されてないほうが圧倒的に多いが
 地表採取
については、文句を言われたりはしない。要するに
 地面に落ちてる物の向きを変える
ということで、実際に持って帰ったりはしない。大体、地面に落ちてる遺物といえば
 瓦・磚といった建築部材や陶磁器の欠片
である。

日本の現場だと
 できるだけ発掘して遺物を取り上げて、整理する
のだが、中国だと
 瓦は完形じゃなければほったらかし
である。北魏洛陽城の調査に行ったときは、現地の研究員のヒトに
 ああ? 磚とか瓦の欠片なら、拾って構いませんよ
と言われたので、少し拾って帰ってきた。現在は畑になっている地面の上に、ちょっと目をこらせば、磚やら瓦やらが大量に落ちている。ただし、持って帰るにしても、重いのが欠点である。

こういう時に
 目の利くヒト
というのは必ずいる。中央アジアの調査では
 菅谷文則先生
がぬきんでていた。遺跡近くの土の上に転がっていた
 絵付けされた陶磁器の破片
をめざとく見つけて
 ペンダントになりますよ、娘さんにどうぞ
と、相馬先生にあげていた。

今回の調査では、それほど大した物は地面に転がってなかったのだが、
 瓦各種と磚
は大量にあった。中でも目敏かったのがT助手で、
 あ、(軒)丸瓦!
 これ、軒平瓦やん、こんなんちょっと欠けただけのを捨ててくんか?もったいない
と、次々と草むらや地面から、落ちている瓦や磚を拾い集めてくれた。さすがに三年間現場で鍛えただけのことはある。集めた瓦や磚は、写真を撮って、現物はその場に置いてきた。
 

|

« 木耳の作り方 | トップページ | mixiの不具合@コミュニティ参加者の反映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12060352

この記事へのトラックバック一覧です: 地表採取の「目」:

« 木耳の作り方 | トップページ | mixiの不具合@コミュニティ参加者の反映 »