« 吉林省集安から鴨緑江越しに北朝鮮を望む | トップページ | 中国東北部のホテル »

2006-09-21

沖縄酒菜 琉華@奈良市南方町

Lh

写真は、ナーベラーチャンプルーと中味汁。中味汁の具がとっても多くて驚く。

調査旅行で痛めた関節をいたわるため、というわけでもないのだけれども、急に
 中味汁
が食べたくなって、南方町にある
 沖縄酒菜 琉華
に行ってみた。お店の近所に住んでいるT助手に教えてもらった。
場所は
 元の「無鉄砲」奈良店の並び
にある。要するに牛角の向かいだ。
牛角南肘塚店

行きは奈良交通のバスで行った。南方町停留所の真ん前にお店がある。
 沖縄酒菜 琉華
http://www18.ocn.ne.jp/~ryuuka/index.html
奈良は沖縄料理のお店があまりなく、中味汁の食べられるお店というと更に少ない。
クーブイリチーが食べたかったが、メニューになかったので、もう一品はナーベラー(へちま)のチャンプルーにした。
水代わりに缶オリオンビールを飲みながら待つ。

出てきた量は、写真の通り。
 沖縄の盛り
なので、ちょい多め。中味汁は、よく掃除してある臓物で、まったく臭みがない。ナーベラーチャンプルーに入っていたポークランチョンミート(スパム)は、チューリップのかな?
ランチがあるので、その内、昼にまた寄ってみよう。

帰りは歩いて帰った。福智院の信号で西に入ると、
 春鹿の蔵元 今西清兵衛商店
http://www.harushika.com/
の前だった。七時を過ぎたところだったが、奈良町の殆どの店はとうに閉まっている。そのまま、ぶらぶら奈良町を西に行く。奈良町は内湯がない家が多いので、まだ銭湯が何軒か残っている。
最後は鎮宅霊符神社西の急な坂を下りて、やすらぎの道に出た。
 

|

« 吉林省集安から鴨緑江越しに北朝鮮を望む | トップページ | 中国東北部のホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11988204

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄酒菜 琉華@奈良市南方町:

« 吉林省集安から鴨緑江越しに北朝鮮を望む | トップページ | 中国東北部のホテル »