« 教科書を作る | トップページ | 奈良県立図書情報館へ行く »

2006-09-22

酔っぱらいがパンダと格闘、噛まれて負傷

パンダに噛まれて治療を受ける酔っぱらいの情けない写真。
http://www.chinanews.com.cn/other/news/2006/09-20/U20P4T8D792827F107DT20060920055858.jpg

まあ、たしかにあのパンダ舍の柵は、そんなに高くなかったと思うのではあるが。
 北京動物園で酔っぱらいがパンダと格闘、噛まれて足に負傷
という大バカなニュース。keenさん経由。
まずは、日本語で。


【中国】泥酔男がパンダと格闘「まさか人間にかみ付くとは」

 北京市西城区にある北京動物園を19日に訪れた男がパンダの檻に入り込み、格闘になった。男とパンダが互いにかみ合うなど激しい格闘だったという。北京晨報などが伝えた。

 パンダの檻に侵入したのは河南省鄲城県出身の35歳の男で、20日午前に北京に到着。食堂でビール4杯を飲んだあと、ふらふらの状態で北京動物園にやってきた。

 パンダの檻の前にきた男は衣服を脱ぎ、高さ2メートルの柵を乗り越えて檻内に侵入した。パンダの「古古」は驚いて目を覚まし、男の右足をかんだ。男も反撃し、「古古」を蹴った上で背中にかみ付いた。

 他の参観客が争いに気づき、飼育員に通報。飼育員は水をかけて「古古」の気を静めた。男は近くの病院に入院したが、パンダは無事だという。中国メディアは「人間対パンダのバトルになった」(19日付の北京晨報)「激しい格闘だった」(21日付のチャイナデイリー)と伝えている。

 男は「突然、パンダを触りたい気持ちになった。まさかパンダが人間にかみ付くとは思いもしなかった」「パンダの皮は非常に厚い」と話している。

 北京動物園の園長は「掲示板に書かれた『危険ですので柵を乗り越えないで下さい』との警告を男が無視した」「『古古』を罰することは考えていない」とコメントしている。(略)(編集担当:菅原大輔)

(サーチナ・中国情報局) - 9月21日18時29分更新

アホすぎ。 パンダって猛獣だからね〜。目を見れば分かるけど、もともとは肉食獣だったのが、環境に合わせて笹を食べるようになったという話を聞いたことがある。

で、上記の写真を掲載している
 北京晨報
の記事。
醉酒游客在北京動物園要与熊猫親熱被咬傷(図) 2006年09月20日 05:58
http://www.chinanews.com.cn/other/news/2006/09-20/792827.shtml
記事を読むと、ホントに
 酔っぱらいが「パンダはかわいい」と思って檻に入り込んで起こした、ただのお馬鹿事件
である。
ん?こっちだと
 張新艶(29)
ってことになってるけど、どっちが正しいのやら。

|

« 教科書を作る | トップページ | 奈良県立図書情報館へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/11994321

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っぱらいがパンダと格闘、噛まれて負傷:

« 教科書を作る | トップページ | 奈良県立図書情報館へ行く »