« 「マスコミたらい回し」とは (その14) 今回の大淀病院の事例でどうすべきだったのか 産科救急担当医の見解(続き) 一方で毎日新聞奈良支局長は「大スクープ」に大喜び | トップページ | 秋の花粉症シーズン »

2006-10-23

「マスコミたらい回し」とは? (その15) 大淀病院の処置は正しかった 難しい処置は2次・3次救急で行うのが筋

相変わらず、テレビや新聞では
 大淀病院でCTさえ撮っていれば
という間違った方向の話が主流のようだが、何度も言うけど
 CTでは出血部位の確認が出来るだけで、「治療できない」
のだ。てか、一度でもCTなりMRIなり受けたことがあれば分かる話じゃない?

掲示板では、
 大淀病院の処置が正しかったのか
というのを、医師達が検証している。
奈良・大淀病院 警察が捜査へ ★4スレッドより。


944 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 02:47:28 ID:SngPbnFC0
白い巨塔

大淀は産科も有り脳外科もあるんだから、とりあえず帝王切開してCTを撮れば
よかった
のに・・・
妊娠中毒症と言う事もわかっており、設備も備わっているのになぜ?
脳内出血が原因で大淀では対処できないのなら他へ以来。
それだったらきっと医大が受け入れたと思うが。

947 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 03:03:49 ID:QJE1ngOh0
>>944
だから、医大に送る予定が断られたのが今回の発端でしょ。
まさか脳出血が分かれば、救急が取ってくれたとでも? 救急で妊婦か注ぎ込まれて
実際に対応するのは、最初に「余力なし」で搬入断った産婦人科の医師たちだよ?

とりあえず書き込む前に記事をきちんと読むことをきぼん。

957 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 07:16:23 ID:SngPbnFC0
>>947
あの状態なら、まず大淀で帝王切開すべきだって言ってるの。
それからCTを撮る。


958 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 08:08:45 ID:BsZNnJZgO
>>957
常勤の麻酔医やら設備が整ってないのに
どうやって手術すんだよ

この場合はきっとNICUも必要だろうが
この病院にはない
んだろ?
それ分かっててそうやって言ってるのか?

959 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 08:16:04 ID:O8rs1X700
>>957
現場の医者ならほぼ100%そこで帝切しないでCTもとらないで高次へ搬送すると
思うがね。患者さんの救命のためにbetterな選択として搬送が1st choiceです。


大淀病院は、
 麻酔医は常駐してない
のだ。つまり、今回の事例は深夜の出来事であり、当然、麻酔の先生は病院内にはいない。
おさらいしておくと、
 麻酔医がいなければ、帝王切開も少なくとも脳外科手術は出来ない(追記 17:35 physicianさんのコメントにより、訂正します)
のだ。
だから
 母子の安否に関わる危険性があるので、なにも余計なことはせず、より高度な医療を受けられる別な搬送先を速やかに探して、搬送する
のが、
 大淀病院が出来た、最大にして唯一の仕事
なのだ。

962 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 08:31:01 ID:s7Zv4cwz0
>>959
1st choiceに異論のある医者はいないでしょう。
関係者の対応に落ち度があると責められる医療関係者も少ないと思います。

では2nd choiceは?3rd choiceは?
選択肢の再検討は何時間後になさいます?

ご参考までご教授お願いします。

969 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 10:06:22 ID:ke9dRNQn0
>>962
正常分娩ならともかく
設備もないところで帝王切開して何かあったらまずいんでないの?
現にそれで逮捕された産科医の先生もいるわけですし・・
四の五の言わずに搬送しかないんでない?('A`)ノシ

974 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 10:53:19 ID:qsbpM74t0
>>969
なら「搬送以外の選択肢はなかった」でいいのでは?
1stとかあると他に何を考えたのかなぁ〜と普通は思う。

975 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 11:00:28 ID:O8rs1X700
>>962
この症例の場合予測される危険に対して搬送が1st choiceでしょう。
現に比較的早い段階で主治医はその判断をしています。そこからの
医療的にこうすべきだろうと思われる行動としては、
1.患者の状態の安定をはかること
2.高次施設にすみやかに連絡をつけること
の2点
です。これを同時に行うことが原則ですが、実際にそうされてます
1についていえば、
急変すれば即安定状態への復帰を目標とした救急治療が現場で行われるべきで、
送られた先で行われるべき(と判断された)治療をそこで前倒しで行うべきではないと思われます。
この症例では妊婦さんの バイタルの安定と胎児のモニタリング上の安定を第一義的に図るべきで、
この段階ではまだ先述の1st choiceの内容の範囲内でしょう。
2nd choiceを選択すべき事態ではないと思います。
2nd choiceは、その場での緊急帝切でしょうが、
それはご存知のように野戦病院的環境(そこしか医療機関がない、補充も施設も人員も不足)が客観的事実である限りにおいて選択されるべきでしょう。

CTをとるべきだったか否かについては、どちらでも間違いではないと思います。
判断ミスがあったかなかったかについては、結果に対してその判断ミスがどの程度の
影響をおよぼしたか、別の判断をしていれば結果が違っていたことが医学的に
明らかである場合のみ問題になると思います。
いずれにしてもまったく刑事事件ではありえませんし、最後の点で判断ミスとされても
民事責任は主治医個人がとるべきものではありません

このようにCTに論点を持ってくるとこの事件のCTは割り箸事件のCTと同義の事件になりますね。

978 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 11:08:40 ID:RO321CaD0
普通に搬送がさっさと受け入れられていたら特別問題になった症例とも思えんのだが

俺だって患者動かすリスク追ってまで搬送前にボロいCTで汚い画像撮ろうとは思わん
まさか搬送先捜すのに何時間もかかると予想して動く医者なんていないしな

982 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 11:15:38 ID:4kYHUb4c0
脳外科が標榜されていても
脳外緊急手術に対して24時間スタンバイ状態な民間病院は少ない

麻酔は自分達でやるとしても、脳外科医2名・オペナース2名がICHにおける開頭血腫除去術の最低開催人員
脳外用マイクロもここの病院には恐らく無いだろうね

986 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 11:47:55 ID:vDNrCMqM0
>>982
>麻酔は自分達でやるとしても

却下、片岡くんが許しません

989 :卵の名無しさん :2006/10/23(月) 11:56:04 ID:63hBrB1P0
>>975
ご丁寧なご解説ありがとうございます。
実際問題、2nd、3rdはどこで野戦病院並の判断をするかの問題です。
母子ともに救命するには1stしかなかった・・・で説明は十分でしょう。
私なら時間とともに1stは諦め、CTを撮ったと思います。
最善の結果を目指した関係者に敬意を表します。

髄液鼻漏チェックレベルの話からCTまで飛んだ割り箸事件と
今回の事件が同列に報道されるのだとしたら問題ですね。


報道関係者の
 勉強不足
によって
 奈良県の産科が壊滅状態に追い込まれる
とすれば、
 全国ワースト2の出生率の奈良県で、これから子供を産もうとしている女性達
は、一体、どこに
 マスコミの無責任な報道によって、安全なお産が確保できなくなった被害を訴える
ことができるのか? 

|

« 「マスコミたらい回し」とは (その14) 今回の大淀病院の事例でどうすべきだったのか 産科救急担当医の見解(続き) 一方で毎日新聞奈良支局長は「大スクープ」に大喜び | トップページ | 秋の花粉症シーズン »

コメント

>麻酔医がいなければ、帝王切開も脳外科手術も出来ない

というのは正確ではありません。
一般的に帝王切開は麻酔科いなくても可能は可能。
ただ、今回のような帝王切開+αの時は不可能。

脳外科は麻酔科いないと普通はしません(局麻でできるような例外は除く)。
そんなチャレンジャーな脳外科がいるとしても寡聞にして知りません。

投稿: physician | 2006-10-23 17:17

physicianさん、コメントおよび訂正ありがとうございます。
自分の経験では、腰椎麻酔を麻酔医の先生に打っていただいたので、上記のように書きましたが、麻酔医がいなくても帝王切開だけならできる、ということなのですね。

投稿: iori3 | 2006-10-23 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12389880

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは? (その15) 大淀病院の処置は正しかった 難しい処置は2次・3次救急で行うのが筋:

« 「マスコミたらい回し」とは (その14) 今回の大淀病院の事例でどうすべきだったのか 産科救急担当医の見解(続き) 一方で毎日新聞奈良支局長は「大スクープ」に大喜び | トップページ | 秋の花粉症シーズン »