« 中国の鐵サイト開設 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その25) 本日15:00から衆院厚労委員会で民主党柚木道義議員が「大淀病院産婦死亡事例」関連質問の予定→柚木議員の質問と柳沢厚労相の答弁(速報) »

2006-10-27

「マスコミたらい回し」とは? (その24) 誤報を垂れ流すマスコミへ対抗「スポンサー製薬企業製品の不買運動」続報

2006-10-26
「マスコミたらい回し」とは?(その21) 無責任な発言を繰り返すマスコミと、マスコミの論調にのっかった「医師」に対する抵抗 ある病院が「不買運動」を実行に移す?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/10/21_9c0e.html
の続報。どうやら
 本当の話
だったみたいだ。奈良・大淀病院 警察が捜査へ ★5スレッドより。


723 :484:2006/10/27(金) 07:34:19 ID:yrvWvplB0
>>519
詳細書くと勤務先が特定される恐れがあるので申し訳ないのですが、掻い摘んで触り程度だけで。
この件は表向きは公表していませんね。
上からの”対象の製薬は控えるように〜”とは使用するなという意味。さらには今まで来てた特定MRの姿が見えなくり、事情で入れなくなったと連絡あり。
そういうわけで今まで処方されてた薬が変わったとかで”効能は同じで安い薬にしました”と説明されて該当製薬から別に変わっていたらおそらくそういう事情です。

表だっては抗議しないで、該当するマスコミの糧道をばっさりと断つやり方ですね。製薬会社の広告出稿量はかなり多いから、今後、こうした
 病院一丸となっての、事実誤認で医師を叩くマスコミに広告を出す製薬会社の製品不買運動
は、マスコミ各社の営業にじわじわと影響を与えるでしょう。もちろん
 毒薬は遅く効くのが最適
というわけで、手法としては劇薬ではあるが、すぐにはそのことがマスコミにはわからないから、効き目もすごい。気がついたら、広告出稿されなくなった、という形で、スポンサーが手を引くわけね。
製薬会社はそれぞれ得意分野があるから、一概には言えないけど、今回のように
 病院全部がその会社の薬を扱わない
ってことになると、かなり痛いはずだ。

これから年末に向かうので
 院内で処方の見直しをした結果、貴社の製品を以下の治療薬からはずすことにしました
と、出入りの製薬会社のMRに通告する病院が増えるかも。理由を問われれば
 新年から薬価と薬効の見直しということになったので
と答えるだけだろうな。

|

« 中国の鐵サイト開設 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その25) 本日15:00から衆院厚労委員会で民主党柚木道義議員が「大淀病院産婦死亡事例」関連質問の予定→柚木議員の質問と柳沢厚労相の答弁(速報) »

コメント

そういう自浄作用がはたらくことは悪いことじゃない。

メディアが世の中を動かしているのではないのです。

投稿: スポンタ | 2006-10-27 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/12446778

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスコミたらい回し」とは? (その24) 誤報を垂れ流すマスコミへ対抗「スポンサー製薬企業製品の不買運動」続報:

« 中国の鐵サイト開設 | トップページ | 「マスコミたらい回し」とは? (その25) 本日15:00から衆院厚労委員会で民主党柚木道義議員が「大淀病院産婦死亡事例」関連質問の予定→柚木議員の質問と柳沢厚労相の答弁(速報) »